試聴する

一夜かぎり

この曲の表示回数 11,099
歌手:

小林幸子


作詞:

阿久悠


作曲:

鄭豊松


一夜と千夜を くらべてみて
どちらを選ぶと たずねながら
桜の花が 散るのを見つめ
こんどは 蛍のとき
その日が過ぎて 紅葉の季節
やがては 雪の舞い
愛して つづいて 逢っていても
そのとき そのとき 一夜かぎり

すっかり馴染んだ 腕のまくら
いい夢みたいと 願いながら
夜ふけの月が 雲るを眺め
夜風に ためいきつく
もう朝なんだ あと一時間
あなたは 寝息だけ
愛して つづいて 逢っていても
そのとき そのとき 一夜かぎり

思えばはるかな 時の彼方
紡いだ愛さえ かぞえきれず
何度か髪の 形を変えて
だんだん 短くなる
そういうこころ あなたの胸に
少しは 響くでしょう
愛して つづいて 逢っていても
そのとき そのとき 一夜かぎり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一夜かぎり 歌手:小林幸子

小林幸子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-04-25
商品番号:WPC6-8413
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP