天国のかけら

この曲の表示回数 6,221
歌手:

北原ミレイ


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

加藤登紀子


愛が死んでしまったわ
もう息もしていない
優しすぎたあの日だけを
このベットに残して
窓に夜明け差しこめば
またいつもの暮しね
髪をとかし服を選ぶ
それだけの毎日
ぬけがらの心に もう一度
あなたの青空を
翔びたつ 鳩のように
わたしを 泳がせて
時は何にも知らないで
ただ過ぎてゆくけれど
胸に刺る愛のかけら
消せはしない

愛が死んでしまったわ
もう天国へ行ったの
面影さえ映らないわ
この鏡の中には
少しお酒飲ませてよ
この煙草も吸わせて
いまは叱る人はいない
それだけの真夜中
やせてゆく昨日に もう一度
あなたの ぬくもりを
波打つ 夢の中で
わたしを 眠らせて
人は何にも知らないで
ただもらい泣きしても
胸に残る愛の傷み
わからないわ

愛が死んでしまったわ
もう息もしていない
優しすぎたあの日だけを
このベットに残して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天国のかけら 歌手:北原ミレイ

北原ミレイの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-09-25
商品番号:12KCD-145
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP