石狩挽歌

北原ミレイ

石狩挽歌

作詞:なかにし礼
作曲:浜圭介
発売日:2001/06/27
この曲の表示回数:156,261回

歴代! 歴代!
石狩挽歌
海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると
赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ
雪に埋もれた 番屋の隅で
わたしゃ夜通し 飯を炊く
あれからニシンは
どこへ行ったやら
破れた網は 問い刺し網か
今じゃ浜辺で オンボロロ
オンボロボ−ロロ−
沖を通るは 笠戸丸
わたしゃ涙で
ニシン曇りの 空を見る

燃えろ篝火 朝里の浜に
海は銀色 ニシンの色よ
ソ−ラン節に 頬そめながら
わたしゃ大漁の 網を曳く
あれからニシンは
どこへ行ったやら
オタモイ岬の ニシン御殿も
今じゃさびれて オンボロロ
オンボロボ−ロロ−
かわらぬものは 古代文字
わたしゃ涙で
娘ざかりの 夢を見る

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません