終わりのない夏

この曲の表示回数 11,776
歌手:

JAYWALK


作詞:

増田俊郎


作曲:

増田俊郎


澄んだ青空と 砕ける波の音が
いつも 身体から 離れない
雨の降る夜も 冷たい風の吹く朝も
心の中には 夏があった

コンクリートとアスファルトの街には
湿った季節しか来ないけれど
人混みの波に じっと耳を澄ませば
遠くで 海鳴りも聞こえる

終わりのない夏が 欲しいだけさ
他には何も いらない
湧き上がる 白い雲と 青い空が
俺の すべてだから

ひとつまたひとつ 夢を捨てて生きてゆく
誰でもおとなに なるために
だけど胸のなかで 夏の日に手を振る俺は
いつまでも 小さな子供のままさ

終わりのない夏が 欲しいだけさ
他には何も いらない
子供の頃に描いた 真夏の風景画
ずっと忘れたくないだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:終わりのない夏 歌手:JAYWALK

JAYWALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-20
商品番号:TKCA-71743
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP