ピンクのラジオ '95

この曲の表示回数 2,678
歌手:

JAYWALK


作詞:

知久光康


作曲:

杉田裕


壊れたラジオ直しに
出たくもない街に出た
ピックアップに“ガリレオ”乗せて

汚れた靴と野良犬
歩くだけで罪になる
そんな街でも ちょっと懐かしい

'91 恋して'94 逃げた俺
あの角まで追ってきた 裸足のあいつ

直してくれよ ピンクのラジオを
落書きじゃない あいつのサインさ
美人じゃないけど“シンガー”最後のプレゼント

掌のひら見せ 肩すくめ
「直せない」と言うおやじ
ビックアップのガリレオが吠える

店の壁にはTVブロック
どうやらあれはヒットパレード
思い出すよ 俺遠の夢だった

4PM その時 TVブロック 一面に
妙にきれいになっちまった
あいつが唄ってる

“LOCAL STAT10N ときどき唄うの”
せめて聴いてと ピンクのラジオを
俺に押しつけて 歌が好きだと
泣いた お前が唄ってる

'91 恋して'94 逃げた俺
唄えよ あの頃作った歌

直してくれよ ピンクのラジオを
落書きじゃない あいつのサインさ
夢を叶える魔法を 見せてくれた奴
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ピンクのラジオ '95 歌手:JAYWALK

JAYWALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995/12/04
商品番号:MECR-30080
トライエム

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP