試聴する

百日紅

この曲の表示回数 6,122
歌手:

成世昌平


作詞:

もず唱平


作曲:

聖川湧


遠い遠い遠い日を
想いおこし泣いてる
好きだよと云えないで背を向けていたよ
「終りにしましょ
始まるものが何もないから」
そんな筈はないけれど
罪の重さ 深さに
頭(こうべ)垂れ 咲いていた百日紅
目に浮かぶ

今も今も今だって
忘れられず夢みる
ふるさとの駅頭でサヨナラを云った
「元気でいてね
たまには便り書いて下さい」
きっと出せと云いたげに
風に我が身揺らして
訴える八月の百日紅
目に浮かぶ

風に風に風に聴く
想い人の身の上
年嵩(かさ)を気にやんだあの人の噂
「ひとりで行って
私は嫁ぐ先があるから」
言葉信じ背を向けた
科(とが)のシッペ返しか
泣いている追憶の百日紅
目に浮かぶ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:百日紅 歌手:成世昌平

成世昌平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/06/03
商品番号:CRCN-8338
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP