試聴する

なごり歌

この曲の表示回数 16,872
歌手:

市川由紀乃


作詞:

吉田旺


作曲:

幸耕平


オンボロロン ぼろぼろの
ギター残して 行ったまま
帰らない あのひとを
涕(な)いてうらんだ 冬いくつ
とつぜんあのひとの曲(うた)が
深夜ラジオのむこうから
ようやく心にけりつけて
嫁いでゆこうと決めた日に
生きていてくれたのね
いいの…いいのそれだけで

あのひとが曲を書き
それを私が唄う夢
若かったあの頃は
夢だけ喰(た)べて生きられた
おまえの曲だよと肩を
抱いて唄ってくれた曲
今夜もラジオのむこうから
想いで濡らして行きすぎる
戻れない戻らない
あれは…青春(はる)のなごり歌

ようやく心にけりつけて
嫁いでゆこうと決めた日に
生きていてくれたのね
いいの…いいのそれだけで

あれは…青春のなごり歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:なごり歌 歌手:市川由紀乃

市川由紀乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/04/08
商品番号:KICM-30970
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP