月の港

この曲の表示回数 5,170
歌手:

五島つばき


作詞:

山田孝雄


作曲:

聖川湧


夜の港は 波音ばかり
さざ波船べりたたく音
船はやさしくよりそって
子守唄聞くように 揺れてます
月あかりの恋 追いかけてゆけば
乱れる黒髪 嫌いになるでしょう
ンンン…
だから私は 椿の花でいい

赤い目をした 私がいます
夕陽のせいだと嘘をつく
あの日あなたは旅の人
逢いたくて背伸びする 波兎
月あかりの影 見えますか都会(まち)で
ゆきずりだったら 忘れてしまうけど
ンンン…
そっと漕ぎ出す 恋舟いずこへと

月あかりの恋 追いかけてゆけば
乱れる黒髪 嫌いになるでしょう
ンンン…
だから私は 椿の花でいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月の港 歌手:五島つばき

五島つばきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-05
商品番号:CRCN-1567
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP