青木美保の歌詞一覧リスト  25曲中 1-25曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
25曲中 1-25曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛にさよなら貴方からの手紙 ここで破りたいと 季節はずれの海 ひとり来たけど 聞こえてくるのはあの日の笑う声 夏は過ぎて 秋は染まり雲は流れ 冬空 あんな恋は二度とないと 今になって気づいた 遠いあの夏の愛にさよなら  貴方がくれたのは優しさと哀しさ 思い出はいらない明日をください 誰よりもずっと貴方といたかった 花は散って 鳥ははぐれ風は泣いて 寒空 砂に書いた恋心が 波にのまれ消えてく 遠いあの夏の愛にさよなら  夏は過ぎて 秋は染まり雲は流れ 冬空 あんな恋は二度とないと 今になって気づいた 遠いあの夏の愛にさよなら 愛にさよなら…青木美保ひうら一帆ひうら一帆貴方からの手紙 ここで破りたいと 季節はずれの海 ひとり来たけど 聞こえてくるのはあの日の笑う声 夏は過ぎて 秋は染まり雲は流れ 冬空 あんな恋は二度とないと 今になって気づいた 遠いあの夏の愛にさよなら  貴方がくれたのは優しさと哀しさ 思い出はいらない明日をください 誰よりもずっと貴方といたかった 花は散って 鳥ははぐれ風は泣いて 寒空 砂に書いた恋心が 波にのまれ消えてく 遠いあの夏の愛にさよなら  夏は過ぎて 秋は染まり雲は流れ 冬空 あんな恋は二度とないと 今になって気づいた 遠いあの夏の愛にさよなら 愛にさよなら…
秋燕夏も終わりの こぬか雨 吐息に曇った ガラス窓 軒先(のきさき)飛び交う 秋燕(あきつばめ) 秋燕(あきつばめ) もう旅立ちですか… どこかであの人 見かけたら 伝えてください 待ってると  肩に甘えた 幸せの あの日に も一度 帰りたい 思い出せつない 秋燕(あきつばめ) 秋燕(あきつばめ) ねぇ愚かでしょうか… 憎んでみたって なおさらに 優しさばかりが こぼれます  無事でいますか あの人は 音信(たより)を下さい 今すぐに 心をかすめる 秋燕(あきつばめ) 秋燕(あきつばめ) もう旅立ちですか… また来る季節に 戻るなら あの人必ず 連れて来て青木美保麻こよみ岡千秋前田俊明夏も終わりの こぬか雨 吐息に曇った ガラス窓 軒先(のきさき)飛び交う 秋燕(あきつばめ) 秋燕(あきつばめ) もう旅立ちですか… どこかであの人 見かけたら 伝えてください 待ってると  肩に甘えた 幸せの あの日に も一度 帰りたい 思い出せつない 秋燕(あきつばめ) 秋燕(あきつばめ) ねぇ愚かでしょうか… 憎んでみたって なおさらに 優しさばかりが こぼれます  無事でいますか あの人は 音信(たより)を下さい 今すぐに 心をかすめる 秋燕(あきつばめ) 秋燕(あきつばめ) もう旅立ちですか… また来る季節に 戻るなら あの人必ず 連れて来て
あなたの女あなたがいなけりゃ わたしがこまる 私がいたなら あなたがこまる 足手まといの その時は どうぞぶってね 叱っていいの あなたと離れて 暮らせない 私はなりたい あなたの女  私はあなたの 影でもいいの あなたは私の 生きてく支えなの 苦労つきない その日でも お気に召すまま 過ごしていいの 少しの温もり あればいい 私はなりたい あなたの女  悲しい夜に さよならできる 今日からあなたが おそばにいてくれる 見涯てぬ夢を 追ってても 支えてなりたい ついてゆきたい 何にも取り柄は ないけれど 私はなりたい あなたの女 あなたの女青木美保八代亜紀弦哲也竜崎孝路あなたがいなけりゃ わたしがこまる 私がいたなら あなたがこまる 足手まといの その時は どうぞぶってね 叱っていいの あなたと離れて 暮らせない 私はなりたい あなたの女  私はあなたの 影でもいいの あなたは私の 生きてく支えなの 苦労つきない その日でも お気に召すまま 過ごしていいの 少しの温もり あればいい 私はなりたい あなたの女  悲しい夜に さよならできる 今日からあなたが おそばにいてくれる 見涯てぬ夢を 追ってても 支えてなりたい ついてゆきたい 何にも取り柄は ないけれど 私はなりたい あなたの女 あなたの女
命ひとすじつまずき転んだ 昨日もあるわ 転んでみつけた 明日(あす)もある ひとの一生 いい日も来ると そっと教えた めぐり逢い こんな私で いいのでしょうか 命ひとすじ 命ひとすじ あなたと生きる  背中に風吹く 寂(さみ)しい夜も 寄り添う灯(あか)りが ここにある 飲めぬお酒も つき合いたくて 二人づれなら 夢酒場 そっとかさねる 心と心 命ひとすじ 命ひとすじ 尽くしてゆくわ  この世の波にも 流されないで 急がず歩いて 行(ゆ)けるのね ひとのぬくもり あなたの匂い 夢が明日(あした)の 道しるべ 目もとほのぼの 春呼びながら 命ひとすじ 命ひとすじ あなたと生きる青木美保八代亜紀弦哲也前田俊明つまずき転んだ 昨日もあるわ 転んでみつけた 明日(あす)もある ひとの一生 いい日も来ると そっと教えた めぐり逢い こんな私で いいのでしょうか 命ひとすじ 命ひとすじ あなたと生きる  背中に風吹く 寂(さみ)しい夜も 寄り添う灯(あか)りが ここにある 飲めぬお酒も つき合いたくて 二人づれなら 夢酒場 そっとかさねる 心と心 命ひとすじ 命ひとすじ 尽くしてゆくわ  この世の波にも 流されないで 急がず歩いて 行(ゆ)けるのね ひとのぬくもり あなたの匂い 夢が明日(あした)の 道しるべ 目もとほのぼの 春呼びながら 命ひとすじ 命ひとすじ あなたと生きる
海鳥よそんなにわたし 欲張りじゃないわ 平凡でいいから 一つ屋根の下 あなたとおんなじ 夢をみて 暮らしてゆけたら しあわせだったのに 空へ飛び立つ 海鳥よ ふりむかないで わたしの海鳥よ あなたを心から 愛した女がいたことを 忘れないで  わたしのことは 気にせずに行って さよならのくちづけ 涙あふれだす あなたはあなたの ままでいい わたしもわたしで 自由にいたいから 空へ飛び立つ 海鳥よ 翼をひろげ わたしの海鳥よ あなたの行く道を 照らしてあげたい遠くから 見守るのよ  空へ飛び立つ 海鳥よ 元気でいてね わたしの海鳥よ あなたを心から 愛した女がいたことを 忘れないで青木美保たかたかし徳久広司萩田光雄そんなにわたし 欲張りじゃないわ 平凡でいいから 一つ屋根の下 あなたとおんなじ 夢をみて 暮らしてゆけたら しあわせだったのに 空へ飛び立つ 海鳥よ ふりむかないで わたしの海鳥よ あなたを心から 愛した女がいたことを 忘れないで  わたしのことは 気にせずに行って さよならのくちづけ 涙あふれだす あなたはあなたの ままでいい わたしもわたしで 自由にいたいから 空へ飛び立つ 海鳥よ 翼をひろげ わたしの海鳥よ あなたの行く道を 照らしてあげたい遠くから 見守るのよ  空へ飛び立つ 海鳥よ 元気でいてね わたしの海鳥よ あなたを心から 愛した女がいたことを 忘れないで
男と女の港町あんな男と つぶやけば 未練がゆらゆら グラスに揺れる 海鳴り 桟橋 港の酒場 愛して信じて またひとり いつも男は チェッ チェッ チェッ 気まぐれ薄情(うすなさ)け  広い背中の ホクロさえ 私のものだと 思っていたわ 口紅 後れ毛 夜更けのお酒 あの人今頃 どの港 無理に笑って チェッ チェッ チェッ 別れた雨の夜  霧笛ひと声 泣くたびに お酒がせつなく 心に沁みる 面影 波音 港の灯り 恋などしないと 決めたのに いつも女は チェッ チェッ チェッ 馬鹿です惚れたがり青木美保麻こよみ岡千秋伊戸のりおあんな男と つぶやけば 未練がゆらゆら グラスに揺れる 海鳴り 桟橋 港の酒場 愛して信じて またひとり いつも男は チェッ チェッ チェッ 気まぐれ薄情(うすなさ)け  広い背中の ホクロさえ 私のものだと 思っていたわ 口紅 後れ毛 夜更けのお酒 あの人今頃 どの港 無理に笑って チェッ チェッ チェッ 別れた雨の夜  霧笛ひと声 泣くたびに お酒がせつなく 心に沁みる 面影 波音 港の灯り 恋などしないと 決めたのに いつも女は チェッ チェッ チェッ 馬鹿です惚れたがり
音無橋から音無橋に 初雪が 薄く積もって 日が暮れて あなたの差し出す 傘がうれしいの ばかね ばかね わたしって 急に泣くなんて 小さなしあわせ みつけたばかり 夢ならば 夢ならば さめないで  音無橋に 佇めば 路面電車が 坂道を カタコト行きます 飛鳥山あたり 嫌ね 嫌ね わたしって 古い傷がある 過去(むかし)があるから 逢えたんだよと 抱きしめて 抱きしめて 弱虫を  音無橋の たもとには 灯りゆれます ほのぼのと 哀しい荷物は ここで降ろせよと 駄目ね 駄目ね わたしって いつも遠回り この橋ふたりで 渡れば春が 来るのです 来るのです 今度こそ青木美保石原信一弦哲也櫻庭伸幸音無橋に 初雪が 薄く積もって 日が暮れて あなたの差し出す 傘がうれしいの ばかね ばかね わたしって 急に泣くなんて 小さなしあわせ みつけたばかり 夢ならば 夢ならば さめないで  音無橋に 佇めば 路面電車が 坂道を カタコト行きます 飛鳥山あたり 嫌ね 嫌ね わたしって 古い傷がある 過去(むかし)があるから 逢えたんだよと 抱きしめて 抱きしめて 弱虫を  音無橋の たもとには 灯りゆれます ほのぼのと 哀しい荷物は ここで降ろせよと 駄目ね 駄目ね わたしって いつも遠回り この橋ふたりで 渡れば春が 来るのです 来るのです 今度こそ
乙姫川川面に震える 水草(みずくさ)と 同じ姿ね この私 今度こそはと 信じた人を 涙で送った お假屋橋(かりやばし)よ あきらめきれない あなたを今も 乙姫川(おとひめがわ)は ひとり川  あなたを忘れに 来たものを 浮かぶ面影 水の上 熱いあなたの 吐息の波に 溺れたあの日は 還(かえ)らぬ夢か 良い事ばかりの 思い出抱いて 乙姫川(おとひめがわ)は 未練川  心を重ねて 愛しても なぜに幸せ つかめない 恋にやつれた 女の胸に 川風ヒュルヒュル 冷たく沁みる も一度あなたに 逢えるでしょうか 乙姫川(おとひめがわ)は 一途(いちず)川青木美保麻こよみ岡千秋伊戸のりお川面に震える 水草(みずくさ)と 同じ姿ね この私 今度こそはと 信じた人を 涙で送った お假屋橋(かりやばし)よ あきらめきれない あなたを今も 乙姫川(おとひめがわ)は ひとり川  あなたを忘れに 来たものを 浮かぶ面影 水の上 熱いあなたの 吐息の波に 溺れたあの日は 還(かえ)らぬ夢か 良い事ばかりの 思い出抱いて 乙姫川(おとひめがわ)は 未練川  心を重ねて 愛しても なぜに幸せ つかめない 恋にやつれた 女の胸に 川風ヒュルヒュル 冷たく沁みる も一度あなたに 逢えるでしょうか 乙姫川(おとひめがわ)は 一途(いちず)川
おんな一輪演歌節物の数より 笑顔の数で 決まるものです 幸せは うまく行く日も 行かぬ日も いろいろあります 人生は おんな一輪 涙を拭いて 今日も咲きます 演歌節 アアア‥ 演歌節  たとえ本気で 愛してみても 泣いて別れる 恋もある 人の心の すれ違い 十人十色(じゅうにんといろ)の 人生よ おんな一輪 名もない花も 今日も咲きます 演歌節 アアア‥ 演歌節  時の流れの 短さ早さ 風に舞い散る 桜花 悔いを残さず どこまでも 一本道です 人生は おんな一輪 月日を重ね 今日も咲きます 演歌節 アアア‥ 演歌節青木美保麻こよみ岡千秋前田俊明物の数より 笑顔の数で 決まるものです 幸せは うまく行く日も 行かぬ日も いろいろあります 人生は おんな一輪 涙を拭いて 今日も咲きます 演歌節 アアア‥ 演歌節  たとえ本気で 愛してみても 泣いて別れる 恋もある 人の心の すれ違い 十人十色(じゅうにんといろ)の 人生よ おんな一輪 名もない花も 今日も咲きます 演歌節 アアア‥ 演歌節  時の流れの 短さ早さ 風に舞い散る 桜花 悔いを残さず どこまでも 一本道です 人生は おんな一輪 月日を重ね 今日も咲きます 演歌節 アアア‥ 演歌節
おんなの冬景色夜汽車を降りたら 凍てつく風雪が 昔はそれから 連絡船に 凍る吐息の 白さより 重い心が 寒いから  都会暮らしにゃョー アーア 冷めたかろう 愛のぬくもりョー アーア 恋しかろう あなた何処まで 女の冬路は いつ終る アーア  寂しい港にゃ 海鳥だけが どこかが似ている 故郷みたい 海のむこうの あの岬 胸の痛みの 捨て場所か  涙連れならョー アーア 悲しかろう 波に身を投げョー アーア 死にたかろう あなた教えて 女の冬路は いつ終る アーア  都会暮らしにゃョー アーア 冷めたかろう 愛のぬくもりョー アーア 恋しかろう あなた何処まで 女の冬路は いつ終る アー青木美保荒木とよひさ幸耕平夜汽車を降りたら 凍てつく風雪が 昔はそれから 連絡船に 凍る吐息の 白さより 重い心が 寒いから  都会暮らしにゃョー アーア 冷めたかろう 愛のぬくもりョー アーア 恋しかろう あなた何処まで 女の冬路は いつ終る アーア  寂しい港にゃ 海鳥だけが どこかが似ている 故郷みたい 海のむこうの あの岬 胸の痛みの 捨て場所か  涙連れならョー アーア 悲しかろう 波に身を投げョー アーア 死にたかろう あなた教えて 女の冬路は いつ終る アーア  都会暮らしにゃョー アーア 冷めたかろう 愛のぬくもりョー アーア 恋しかろう あなた何処まで 女の冬路は いつ終る アー
女の夜汽車岬過ぎても 列車のあとを はぐれ鴎が 追ってくる あれが別れに あなたなら 途中下車して 抱かれるものを 暮れる浜辺の 波のよに 涙糸ひく 女の夜汽車  母の情を 頼りに帰る あなた忘れの 旅なのに 車窓を吐息で曇らせて 憎い恋しい 名を書くわたし ふたり過ごした あの街へ 戻りたくなる 女の夜列車  迷う想いを 掻き消すような 汽笛一泣き 身に沁みる いまも貴方と一緒なら 胸に漁り火 燃やせるけれど 辛い運命の 面影に 未練せつない 女の夜汽車青木美保横山賢一聖川湧岬過ぎても 列車のあとを はぐれ鴎が 追ってくる あれが別れに あなたなら 途中下車して 抱かれるものを 暮れる浜辺の 波のよに 涙糸ひく 女の夜汽車  母の情を 頼りに帰る あなた忘れの 旅なのに 車窓を吐息で曇らせて 憎い恋しい 名を書くわたし ふたり過ごした あの街へ 戻りたくなる 女の夜列車  迷う想いを 掻き消すような 汽笛一泣き 身に沁みる いまも貴方と一緒なら 胸に漁り火 燃やせるけれど 辛い運命の 面影に 未練せつない 女の夜汽車
風花しぐれあなた偲んで 泣くことさえも 許さないのか この恋は すがりつきたい 未練の雨が 白く凍えて 雪になる 風に舞い散る 二人のさだめ ひらりはらはら ひらりはらはら 儚すぎます ああ風花 風花しぐれ  冬の暦を お酒で温め 胸がなおさら 淋しがる まぶた閉じれば あなたが側に 今もいるのに 愛せない 罪な出逢いが 咲かせた花は ひらりはらはら ひらりはらはら 行方悲しい ああ風花 風花しぐれ  指にひとひら 止まった雪が 涙まじりに 溶けて行く 心ひとすじ 燃やして消える あなたわかって くれますか せめて溶けない 想い出抱いて ひらりはらはら ひらりはらはら どこへちぎれる ああ風花 風花しぐれ青木美保石原信一弦哲也櫻庭伸幸あなた偲んで 泣くことさえも 許さないのか この恋は すがりつきたい 未練の雨が 白く凍えて 雪になる 風に舞い散る 二人のさだめ ひらりはらはら ひらりはらはら 儚すぎます ああ風花 風花しぐれ  冬の暦を お酒で温め 胸がなおさら 淋しがる まぶた閉じれば あなたが側に 今もいるのに 愛せない 罪な出逢いが 咲かせた花は ひらりはらはら ひらりはらはら 行方悲しい ああ風花 風花しぐれ  指にひとひら 止まった雪が 涙まじりに 溶けて行く 心ひとすじ 燃やして消える あなたわかって くれますか せめて溶けない 想い出抱いて ひらりはらはら ひらりはらはら どこへちぎれる ああ風花 風花しぐれ
化粧あなたの恋人と 呼ばれても 胸の片隅 いつでも寒い 化粧鏡に ときめくわたしの 心の中まで 映しはしない 愛が 愛が 愛が 淋しい あなたに抱かれていても 愛が 愛が 愛が 淋しい こんなにそばにいても  あなたの横顔に別れが見える 蒼いたばこの煙りのむこう 軽い冗談 無邪気なふりして 可愛い女を演じてしまう 愛が 愛が 愛が 泣いてる あなたに触れてるときも 愛が 愛が 愛が 泣いてる こんなにそばにいても  あなたの恋人と 呼ばれていても 冷めてく心が 分ってしまう 愛が 愛が 愛が 淋しい あなたに抱かれていても 愛が 愛が 愛が 淋しい こんなにそばにいても青木美保荒木とよひさ堀内孝雄あなたの恋人と 呼ばれても 胸の片隅 いつでも寒い 化粧鏡に ときめくわたしの 心の中まで 映しはしない 愛が 愛が 愛が 淋しい あなたに抱かれていても 愛が 愛が 愛が 淋しい こんなにそばにいても  あなたの横顔に別れが見える 蒼いたばこの煙りのむこう 軽い冗談 無邪気なふりして 可愛い女を演じてしまう 愛が 愛が 愛が 泣いてる あなたに触れてるときも 愛が 愛が 愛が 泣いてる こんなにそばにいても  あなたの恋人と 呼ばれていても 冷めてく心が 分ってしまう 愛が 愛が 愛が 淋しい あなたに抱かれていても 愛が 愛が 愛が 淋しい こんなにそばにいても
恋化粧あなたにわかりはしないでしょう 待つだけの女のさびしさは それでもうれしい 抱かれれば 濡れてとけます 恋化粧 好きだといわれた あの日から こころも体もそめられて こらえても こらえても 闇にはじける わたしの女  どれほど愛しく つくしても むくわれぬ愛だとわかってる それでもうれしい あなたから 綺麗といわれる 夜だけは あなたのこころの片隅に 住めたらわたしは いいのです 好きだから 好きだから 抱いてほしいの わたしの女  別れに泣く日がいつかくる わかっているけど今はただ あなただけ あなただけ 夢をみさせて わたしの女青木美保たかたかし幸耕平あなたにわかりはしないでしょう 待つだけの女のさびしさは それでもうれしい 抱かれれば 濡れてとけます 恋化粧 好きだといわれた あの日から こころも体もそめられて こらえても こらえても 闇にはじける わたしの女  どれほど愛しく つくしても むくわれぬ愛だとわかってる それでもうれしい あなたから 綺麗といわれる 夜だけは あなたのこころの片隅に 住めたらわたしは いいのです 好きだから 好きだから 抱いてほしいの わたしの女  別れに泣く日がいつかくる わかっているけど今はただ あなただけ あなただけ 夢をみさせて わたしの女
幸せならばいいじゃない嬉しい涙も 哀しい涙も 明日へ 続く 川になる あせることなど ないじゃない 苦労もよいしょと 買いましょう 幸せならば いいじゃない どうぞ一杯 あなたと乾杯  遠くへ行ったら 港が見えるわ 鴎の ように 遊ぼうよ 空を見上げて 話そうよ 決めたらさっさと 飛んでゆけ 幸せならば いいじゃない 旅は道づれ あなたと乾杯  大きな夢にも 小さな夢にも 風に 揺れて 花が咲く 人に踏まれて 強くなる どっこい頑張れ つくしん坊 幸せならば いいじゃない 愛を信じて あなたと乾杯青木美保山田孝雄聖川湧嬉しい涙も 哀しい涙も 明日へ 続く 川になる あせることなど ないじゃない 苦労もよいしょと 買いましょう 幸せならば いいじゃない どうぞ一杯 あなたと乾杯  遠くへ行ったら 港が見えるわ 鴎の ように 遊ぼうよ 空を見上げて 話そうよ 決めたらさっさと 飛んでゆけ 幸せならば いいじゃない 旅は道づれ あなたと乾杯  大きな夢にも 小さな夢にも 風に 揺れて 花が咲く 人に踏まれて 強くなる どっこい頑張れ つくしん坊 幸せならば いいじゃない 愛を信じて あなたと乾杯
人生三昧泣いて渡るも 笑ってゆくも こころの持ち方 ひとつじゃないか 一生一度の 人生ならば 酒よし 唄よし 涙よし ついておいでよ ついておいでよ この男道  茨の道でも 登ってみれば こころを休める花さえみえる よけて通れぬ 人生ならば 酒よし 唄よし 涙よし ついておいでよ ついておいでよ この男道  波に漂う 小舟のように おまえのすべてを委せておくれ 二人ひとつの人生ならば 酒よし 唄よし 涙よし ついておいでよ ついておいでよ この男道青木美保松本礼児岡千秋泣いて渡るも 笑ってゆくも こころの持ち方 ひとつじゃないか 一生一度の 人生ならば 酒よし 唄よし 涙よし ついておいでよ ついておいでよ この男道  茨の道でも 登ってみれば こころを休める花さえみえる よけて通れぬ 人生ならば 酒よし 唄よし 涙よし ついておいでよ ついておいでよ この男道  波に漂う 小舟のように おまえのすべてを委せておくれ 二人ひとつの人生ならば 酒よし 唄よし 涙よし ついておいでよ ついておいでよ この男道
大輪の花~第二章~名もなき花の 種ひとつ 夢に吹かれて 東京へ ビルの谷間で 空見上げ 今日も唇 噛み締めた じっと我慢は 親ゆずり たとえ嵐に うたれても あふれる想い 胸に秘め いつか大きな いつか大きな花になります  人に踏まれて 倒れても 明日(あす)を信じて 生きてきた 心支えて くれたのは 強く優しい 故郷(ふるさと)よ じっと我慢は 親ゆずり 帰りたいけど 帰らない 涙こぼれて しまうから 夢を咲かせる 夢を咲かせる花になります  じっと我慢は 親ゆずり たとえ嵐に うたれても あふれる想い 胸に秘め いつか大きな いつか大きな花になります いつか咲かせる いつか咲かせる大輪の花青木美保八代亜紀・補作詩:山本茉莉弦哲也斉藤功・前田俊明名もなき花の 種ひとつ 夢に吹かれて 東京へ ビルの谷間で 空見上げ 今日も唇 噛み締めた じっと我慢は 親ゆずり たとえ嵐に うたれても あふれる想い 胸に秘め いつか大きな いつか大きな花になります  人に踏まれて 倒れても 明日(あす)を信じて 生きてきた 心支えて くれたのは 強く優しい 故郷(ふるさと)よ じっと我慢は 親ゆずり 帰りたいけど 帰らない 涙こぼれて しまうから 夢を咲かせる 夢を咲かせる花になります  じっと我慢は 親ゆずり たとえ嵐に うたれても あふれる想い 胸に秘め いつか大きな いつか大きな花になります いつか咲かせる いつか咲かせる大輪の花
遠見の橋からさびしかったら おいで 遠見の橋を わたって 写真立てのあなた あの日のままで 歳をとってゆくのは わたしだけ  さびしかったらおいで いっぱい泣いて いいから おなじ花をながめ きれいだねって 言葉かわしあえたわ あの頃は  逢いたくなったら おいで 悲しくなったら おいで どこへも行かずに ここにいるから どこへも行かずに ここにいるから…  さびしかったら おいで 忘れてなんか いないよ 風吹くとかすかに 青葉がゆれて ホラ、今でもあなたが そこにいる  逢いたくなったら おいで 悲しくなったら おいで どこへも行かずに ここにいるから どこへも行かずに ここにいるから… ララララ ララララ ここにいるから…青木美保たかたかし徳久広司萩田光雄さびしかったら おいで 遠見の橋を わたって 写真立てのあなた あの日のままで 歳をとってゆくのは わたしだけ  さびしかったらおいで いっぱい泣いて いいから おなじ花をながめ きれいだねって 言葉かわしあえたわ あの頃は  逢いたくなったら おいで 悲しくなったら おいで どこへも行かずに ここにいるから どこへも行かずに ここにいるから…  さびしかったら おいで 忘れてなんか いないよ 風吹くとかすかに 青葉がゆれて ホラ、今でもあなたが そこにいる  逢いたくなったら おいで 悲しくなったら おいで どこへも行かずに ここにいるから どこへも行かずに ここにいるから… ララララ ララララ ここにいるから…
なみだの海峡カモメ カモメ…カモメ 何故鳴くの やがて出船 別れに鳴くの サヨナラを 言う前に 今度逢う 約束を あなた…だけを わたし待つわ 好きだと言って  風よ 風よ…風よ 何故泣くの 虎落笛(もがりぶえ)は 寒いと泣くの 三度目の ドラが鳴る 追いかけて 背伸びする きっと…逢える いつか戻る 墨絵の港  汽笛 汽笛…汽笛 何故哭くの 遠い想い 届けて哭くの 渡れない 海峡は 振り向けば 始発駅 船に…ひとり 汽車にひとり 運命が憎い青木美保山田孝雄聖川湧南郷達也カモメ カモメ…カモメ 何故鳴くの やがて出船 別れに鳴くの サヨナラを 言う前に 今度逢う 約束を あなた…だけを わたし待つわ 好きだと言って  風よ 風よ…風よ 何故泣くの 虎落笛(もがりぶえ)は 寒いと泣くの 三度目の ドラが鳴る 追いかけて 背伸びする きっと…逢える いつか戻る 墨絵の港  汽笛 汽笛…汽笛 何故哭くの 遠い想い 届けて哭くの 渡れない 海峡は 振り向けば 始発駅 船に…ひとり 汽車にひとり 運命が憎い
花海棠肩にはらはら 花海棠(はなかいどう)の 未練花びら 舞い落ちる あの女(ひと)泣かせる その前に 別れを決めた 私です いいえ いいえ あなたを 責(せ)めたりしない 涙しずくか 花しぐれ  「逃げて下さい 私を連れて」 二度と言わない 言いません 一緒になれない 恋ですと 知りつつ私 夢を見た そっと そっと 心に 想い出隠す 咲いて儚(はかな)い 花しぐれ  色も薄紅(うすべに) 花海棠(はなかいどう)が 別れ急(せ)かせて こぼれ散る 私を覚えていてほしい あなたの胸に すがりつく いいえ いいえ 泣かない 幸せでした ひとり身を引く 花しぐれ青木美保麻こよみ岡千秋前田俊明肩にはらはら 花海棠(はなかいどう)の 未練花びら 舞い落ちる あの女(ひと)泣かせる その前に 別れを決めた 私です いいえ いいえ あなたを 責(せ)めたりしない 涙しずくか 花しぐれ  「逃げて下さい 私を連れて」 二度と言わない 言いません 一緒になれない 恋ですと 知りつつ私 夢を見た そっと そっと 心に 想い出隠す 咲いて儚(はかな)い 花しぐれ  色も薄紅(うすべに) 花海棠(はなかいどう)が 別れ急(せ)かせて こぼれ散る 私を覚えていてほしい あなたの胸に すがりつく いいえ いいえ 泣かない 幸せでした ひとり身を引く 花しぐれ
舟宿にて…かもめになれたら いいだろな 飛んで行けるわ あの海へ ねずみ色した 晩秋の 旅路の街に 雪が舞う 舟宿のストーブに張りついてのんだ濁り酒 酔う程恋しくて 廻す電話に やさしく絡む 海鳴りが  女の口から 言えないわ 抱いていいわと 言えないわ 恋は傷跡 残しても 涙がそっと 消してゆく 舟宿の番傘をかたむける港船が着く あなたを探したら 雪のすだれに あの日の顔が 見えますか  舟宿に逢いに来るかもめには 後で伝えてね かもめになれなくて 帰りましたと お目目の赤い すずめより青木美保山田孝雄三島大輔かもめになれたら いいだろな 飛んで行けるわ あの海へ ねずみ色した 晩秋の 旅路の街に 雪が舞う 舟宿のストーブに張りついてのんだ濁り酒 酔う程恋しくて 廻す電話に やさしく絡む 海鳴りが  女の口から 言えないわ 抱いていいわと 言えないわ 恋は傷跡 残しても 涙がそっと 消してゆく 舟宿の番傘をかたむける港船が着く あなたを探したら 雪のすだれに あの日の顔が 見えますか  舟宿に逢いに来るかもめには 後で伝えてね かもめになれなくて 帰りましたと お目目の赤い すずめより
紅の花春を知らない 椿の花は 雪の簾(すだれ)に いのちを染める あなたわたしが 見えますか 細い小枝が 折れたなら しあわせが しあわせが 可哀想 咲いて哀しい 紅(べに)の花  夢を見るのよ 椿の花も 雪に抱かれて 叶わぬ夢を あなた心が 冷たくて 頬の涙が 凍ったら しあわせが しあわせが 可哀想 咲いて儚(はかな)い 紅の花  恋につかまり 椿の花は 雪の重さに その身をまかす あなた一途に 生きるけど それが運命(さだめ)と 言うのなら しあわせが しあわせが 可哀想 咲いて身を切る 紅の花青木美保荒木とよひさ五木ひろし竜崎孝路春を知らない 椿の花は 雪の簾(すだれ)に いのちを染める あなたわたしが 見えますか 細い小枝が 折れたなら しあわせが しあわせが 可哀想 咲いて哀しい 紅(べに)の花  夢を見るのよ 椿の花も 雪に抱かれて 叶わぬ夢を あなた心が 冷たくて 頬の涙が 凍ったら しあわせが しあわせが 可哀想 咲いて儚(はかな)い 紅の花  恋につかまり 椿の花は 雪の重さに その身をまかす あなた一途に 生きるけど それが運命(さだめ)と 言うのなら しあわせが しあわせが 可哀想 咲いて身を切る 紅の花
満天の星明日(あした)のことさえ 手探(てさぐ)りで 肩寄せあなたと 生きてきた 涙堪(こら)えて 見上げる夜空 今は我慢の 茨道(いばらみち) 頑張りましょう ねぇ あなた 二人に煌(きらめ)く 満天(まんてん)の星  口数少ない 人だけど それでも心は あたたかい 胸に隠した 口惜しさつらさ 分けて下さい 私にも 頑張りましょう ねぇ あなた 静かに流れる ひとすじの星  つらい日ばかりは 続かない 何度も自分に 言い聞かす 無理はするなと 優しく言われ そっとあなたと つなぐ指 頑張りましょう ねぇ あなた 明日(あした)へ望みの 幾千(いくせん)の星青木美保麻こよみ岡千秋前田俊明明日(あした)のことさえ 手探(てさぐ)りで 肩寄せあなたと 生きてきた 涙堪(こら)えて 見上げる夜空 今は我慢の 茨道(いばらみち) 頑張りましょう ねぇ あなた 二人に煌(きらめ)く 満天(まんてん)の星  口数少ない 人だけど それでも心は あたたかい 胸に隠した 口惜しさつらさ 分けて下さい 私にも 頑張りましょう ねぇ あなた 静かに流れる ひとすじの星  つらい日ばかりは 続かない 何度も自分に 言い聞かす 無理はするなと 優しく言われ そっとあなたと つなぐ指 頑張りましょう ねぇ あなた 明日(あした)へ望みの 幾千(いくせん)の星
夢一輪GOLD LYLICあなたの心の お守りに せめて私が なれるなら 淋しさうずめる それだけの しのび逢いでも いいの どこかでお酒を 飲んでたら そっと私を呼び出して 電話を離さず 夜更けまで いつでも 待っているから 愛してはいけない人だと 分っているけど つのる想いたち切れないの たとえ短い月日でいいのよ そして悲しい終りがきても 夢を一輪咲かせてくれたら  あなたの心の隅っこに せめて私を住まわせて 泣きたいくらいに 好きだから 逢えるだけでもいいの 明日が駄目なら 明後日は きっといい日になりそうと 鏡の私に話しかけ 涙の支えにしてる 愛してはいけない人だと 誰もが言うけど 胸の痛み 分りはしない いつか泣く日が来てもいいのよ そして別れの季節が来ても 春を一輪咲かせてくれたら 夢を一輪咲かせてくれたらGOLD LYLIC青木美保荒木とよひさ五木ひろしあなたの心の お守りに せめて私が なれるなら 淋しさうずめる それだけの しのび逢いでも いいの どこかでお酒を 飲んでたら そっと私を呼び出して 電話を離さず 夜更けまで いつでも 待っているから 愛してはいけない人だと 分っているけど つのる想いたち切れないの たとえ短い月日でいいのよ そして悲しい終りがきても 夢を一輪咲かせてくれたら  あなたの心の隅っこに せめて私を住まわせて 泣きたいくらいに 好きだから 逢えるだけでもいいの 明日が駄目なら 明後日は きっといい日になりそうと 鏡の私に話しかけ 涙の支えにしてる 愛してはいけない人だと 誰もが言うけど 胸の痛み 分りはしない いつか泣く日が来てもいいのよ そして別れの季節が来ても 春を一輪咲かせてくれたら 夢を一輪咲かせてくれたら
流氷挽歌春を呼んでも 流氷だけが 海を埋めて 流れ着く 添うて一年 別れて二年 みれん三年 身が細る 北の港の 淋しさよ あなた恋しい 流氷挽歌  雪にうもれた 波止場の隅にゃ 主を失くした 舟ばかり 凍る心を 抱かれて燃えて 寒さ忘れた 夜もある それが私の 恋でした 夢もしばれる 流氷挽歌  女盛りを 最果てぐらし 愚痴もむなしい 北の町 縋りつきたい 想いを抱いて たとえひと冬 待ったとて 逢えぬ運命が 怨めしい 唄も涙の 流氷挽歌青木美保石本美由起幸耕平春を呼んでも 流氷だけが 海を埋めて 流れ着く 添うて一年 別れて二年 みれん三年 身が細る 北の港の 淋しさよ あなた恋しい 流氷挽歌  雪にうもれた 波止場の隅にゃ 主を失くした 舟ばかり 凍る心を 抱かれて燃えて 寒さ忘れた 夜もある それが私の 恋でした 夢もしばれる 流氷挽歌  女盛りを 最果てぐらし 愚痴もむなしい 北の町 縋りつきたい 想いを抱いて たとえひと冬 待ったとて 逢えぬ運命が 怨めしい 唄も涙の 流氷挽歌
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ファタール
  3. 新しい恋人達に
  4. シカ色デイズ
  5. ルル

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. ネイビーブルー
  4. 絶対アイドル辞めないで
  5. 真夏のじゅもん

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×