女の夜汽車

この曲の表示回数 16,113
歌手:

青木美保


作詞:

横山賢一


作曲:

聖川湧


岬過ぎても 列車のあとを
はぐれ鴎が 追ってくる
あれが別れに あなたなら
途中下車して 抱かれるものを
暮れる浜辺の 波のよに
涙糸ひく 女の夜汽車

母の情を 頼りに帰る
あなた忘れの 旅なのに
車窓を吐息で曇らせて
憎い恋しい 名を書くわたし
ふたり過ごした あの街へ
戻りたくなる 女の夜列車

迷う想いを 掻き消すような
汽笛一泣き 身に沁みる
いまも貴方と一緒なら
胸に漁り火 燃やせるけれど
辛い運命の 面影に
未練せつない 女の夜汽車
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女の夜汽車 歌手:青木美保

青木美保の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-09-03
商品番号:KICX-2511
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP