宵待しぐれ

この曲の表示回数 18,962
歌手:

川中美幸


作詞:

もず唱平


作曲:

聖川湧


何ひとつ
欲しくはないと 云いながら
背中にそっと 指で書く
ほの字の次の字 しの字といの字
道頓堀の 恋灯り
降って濡らせよ 宵待しぐれ

幸せに
してやれないと 弱音吐く
あなたを撲(ぶ)った 細い腕
しっかり掴んで 離しちゃ駄目よ
新地の雨の 深情け
涙さそうな 宵待しぐれ

誰ひとり
一緒になれと いわぬのに
それでもついて 行くという
男の意地さえ 通ればいいの
願掛け詣る 法善寺
褒めておやりよ 宵待しぐれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:宵待しぐれ 歌手:川中美幸

川中美幸の新着情報

  • 海峡雪しぐれ / ♪外は吹雪か窓打つ音がわたしの
  • 雨の止まり木 / ♪人の心の裏側をなぜに映さぬ
  • 無縁坂 / ♪母がまだ若い頃僕の手をひいて
  • 秋桜 / ♪淡紅の秋桜が秋の日の
  • 吾亦紅 / ♪マッチを擦ればおろしが吹いて

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/12/16
商品番号:TECE-48620
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP