冬・七夕

この曲の表示回数 10,888
歌手:

西方裕之


作詞:

木下龍太郎


作曲:

聖川湧


貴方(あなた)を迎える 蛇の目の傘を
雪が白地に 染め変える
一年は 長過ぎますわ
一人待つ身の 女には……
冬・七夕と 名を付けた
年に一度の しのび逢い

女の口から お酒をねだる
早く酔いたい 置炬燵(おきごたつ)
この指を 憶えています
憎い恋しい 指だから……
乱され燃えた あの夜が
肌を通して 蘇(よみがえ)る

一日 日付(ひづけ)が 変わっただけで
駅へ貴方(あなた)を また送る
わがままを 言っては駄目(だめ)ね
夢があるだけ まだいいの……
冬・七夕の 恋ならば
次の逢瀬も 雪見月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬・七夕 歌手:西方裕之

西方裕之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-09
商品番号:KICX-3732
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP