喜望峰

この曲の表示回数 6,806
歌手:

成世昌平


作詞:

もず唱平


作曲:

聖川湧


出合い頭に赤提灯で
どうせ飲むなら 好(い)い酒飲めと
熱燗を注ぎ分けて 叱った女
お前の優しさ 心に沁みた
真っ暗闇の おとこの喜望峰
灯りが見えた ほのかに見えた

男一匹やもめの部屋に
バラを一輪 黙って活けた
気遣いに我知らず ドキッとしたよ
お前にあの時 真底惚れた
胸突き八丁 おとこの喜望峰
望みが持てた やる気が持てた

春は素足で麦の芽踏んで
秋は祭りで ひと汗掻いて
ふるさとは悠久の 明日を紡ぐ
お前と一緒に 登れりゃいいな
人生懸けた おとこの喜望峰
ここまで来れた どうにか来れた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:喜望峰 歌手:成世昌平

成世昌平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-01-08
商品番号:CRCN-1755
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP