試聴する

望郷おんな酒

この曲の表示回数 4,449
歌手:

金田たつえ


作詞:

杉紀彦


作曲:

聖川湧


瞼をとじりゃ 灯りがみえる
心ちぎって 見捨てた故郷
愛に走るも おんなの道と
耳をふさいで 夜汽車にのった
あれは何年前だろう
ああ 今夜もひとり酒

北行く汽車に 乗りさえすれば
直ぐに行けそな 吹雪の故郷
愛も破れた 暮らしも荒れた
買った切符は その場で捨てた
母に手紙も書けないで
ああ 涙のおんな酒

片意地はって 死なずに生きる
消えぬ訛りが 哀しい故郷
誰も私を 覚えちゃいまい
いつかいい人 みつけて帰る
それは何年先だろう
ああ 望郷おんな酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:望郷おんな酒 歌手:金田たつえ

金田たつえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-01-21
商品番号:COCA-16974
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP