女房どの−男の感謝状−

この曲の表示回数 13,508
歌手:

池田一男


作詞:

たかたかし


作曲:

聖川湧


めでためでたの 酒杯(さかずき)で
祝う笑顔に 鶴が舞う
おなじ夢 わけあって
ケンカもしながら 女房どの
惚れて連れ添う 二十と五年
苦労かけたな 男の感謝状

昔小町も 色あせりゃ
ただの梅干し 歯にしみる
あんなこと こんなこと
いろいろあったね 女房どの
辛抱がまんの でこぼこ道を
耐えた涙に 男の感謝状

惚れたはれたは もう時効
あきた顔でも 宝物
いつまでも いつまでも
元気でいてくれ 女房どの
赤い夕陽に 寄り添う影が
二つ重なる 男の感謝状
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女房どの−男の感謝状− 歌手:池田一男

池田一男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/03/02
商品番号:TKCA-90426
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP