娘の金屏風

この曲の表示回数 6,609
歌手:

金田たつえ


作詞:

荒川利夫


作曲:

殿島周二


女手ひとつで 育てた娘
花と咲きます 金屏風
よかった よかった この日のために
嵐の苦労を耐えてきた
一緒に生きてく その人と
おしどり暦を歩いてよ
嬉し涙が 目をふさぐ

肩から重荷が消えてくような
なぜか淋しい 胸もある
惚れあう 惚れあう姿をいつも
並べて仲よく して欲しい
花嫁衣裳に 飾られた
娘の笑顔の幸せよ
春がきました 私にも

涙が後から後から湧いて
過ぎる時間が夢のよう
誰にも 誰にも 自慢の娘
相手に渡して これでいい
その手を離さず どこまでも
おしどり暦を歩いてよ
それが願いの 親ごころ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:娘の金屏風 歌手:金田たつえ

金田たつえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-02-21
商品番号:COCA-13165
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP