夜霧の中で

この曲の表示回数 10,411
歌手:

横浜一郎


作詞:

荒川利夫


作曲:

岩上峰山


おまえの涙がすがるから
明日の別れの この手を振れぬ
夜霧が流れて 霧笛が泣いて
港に一つの 恋が散る
俺を 俺を 淋しくさせる奴…。

男と女の このままで
離れてゆけない 想い出抱いた
夜霧が流れて 霧笛が泣いて
涙に詫びたい 旅がくる
好きな 好きな 心を隠せない…。

かもめが群れ飛ぶ 朝がくる
それまで一緒に いようじゃないか
夜霧が流れて 霧笛が泣いて
あばよを云えない 云わせない
俺を 俺を 淋しくさせる奴…。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜霧の中で 歌手:横浜一郎

横浜一郎の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-02-02
商品番号:PODE-1049
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP