試聴する

ふるさと帰行

この曲の表示回数 6,568
歌手:

黒川真一朗


作詞:

関口義明


作曲:

水森英夫


汽笛がひと声 泣きながら
鉄橋わたれば ふるさとの秋
捨てる時より 戻る日が
どんなに辛いか 男には 男には
希みも夢も 誓いも意地も
いつか色褪せて 走る風の中

見送る言葉も 言えなくて
おさげとコスモス ゆれてたあの日
車窓の向こうに 見る山の
ふもとは静かに たそがれて たそがれて
萱ぶき屋根も 田んぼの道も
遠い思い出に つづく風の中

列車が着くたび 席が空き
淋しさなお増す 各駅停車
ゆれて近づく 里の灯に
あふれる涙は なぜだろう なぜだろう
負けたんじゃない あきらめじゃない
都会のやさしさも 連れて風の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふるさと帰行 歌手:黒川真一朗

黒川真一朗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:TKCA-90047
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP