忠治流れ旅

この曲の表示回数 12,112
歌手:

北島三郎


作詞:

久仁京介


作曲:

原譲二


赤城の山に 別離(わかれ)のなみだ
かわい子分と かわす酒
逃れ身となる この俺の
どこにねぐらが あるはずもない
なごり惜しむか 秋の月

情けも義理も 承知の上で
履いた草鞋(わらじ)に 草の露
そんな男の 生き様を
知っているのか 知るはずもない
破れ合羽に からっ風

追われて追われ 落葉の峠
意地もよろける 向かい風
抱いた長刀差(ながどす) 抱き枕
笑うあしたが あるはずもない
男忠治の 流れ旅
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:忠治流れ旅 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-02-27
商品番号:CRCN-1340
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP