燠火

この曲の表示回数 13,576

細い肩 真白く華奢な手首
緩く巻く銀の腕環
脱すほど あなたの吐息
まるで夜明けの煙霧
束の間の物語りにしては
揺れている心に怯え
傷ついて羽根を休める
私 冬の白鳥

「愛している」だけは言わないで
もうこれ以上…
愛 腕に崩れても
もう呟いているから
さよなら さよなら

天窓のある月夜の部屋で
絡み合う愛の幻影
解き明かす時間の流れに
まるで堕落
白日の下に曝し出され
夢などと言えるはずもない
繰り返し寄せる思いに
私 夏の砂

「愛している」だけは言わないで
もうこれ以上…
愛 腕に崩れても…
「愛している」だけは言わないで
もうこれ以上…
愛 腕に崩れても
もう呟いているから
さよなら さよなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:燠火 歌手:中森明菜

中森明菜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/06/21
商品番号:WPCL-10286
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP