風と太陽

この曲の表示回数 11,648
歌手:

中森明菜


作詞:

Seriko Natsuno


作曲:

URU


涙がこぼれて 傷ついていたんだとはじめて思えた
足元の大地に花が咲いてた
千切れそうな花に私の涙は役立つのかしら
ここから歩き出そう すべて忘れて

地球にてのひらをあてた
宇宙(そら)はいまも膨張(ひろ)がる

いのちある限り こころある限り
身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない
時は止まらない

誰かの心に触れるとわかるの
太陽を映した水平線をみんな 抱えていると
憧れは遠く 胸は痛むのに めざしてしまうね
やめられもしないし わけもわからず

海を少し飲んでみたよ
宇宙を感じたかった

いのちある限り 勇気は枯れない
自分はいるのに自分を捜し続け迷ってしまう
いのちある限り こころある限り
身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない
リズムはやまない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風と太陽 歌手:中森明菜

中森明菜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/05/22
商品番号:UMCK-1111
ユニバーサルJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP