感傷紀行

この曲の表示回数 15,514
歌手:

中森明菜


作詞:

谷村新司


作曲:

谷村新司


名も知らぬ駅の 改札を抜ければ
胸は震える 心細さゆえ
雲は流れゆく 風に身をまかせて
人は旅に出る 何かを忘れる為

すれ違う子供達や “道”教える人の笑顔
閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日
人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない

愛は唯ひとつ 夢も唯ひとつ
信じ込んでた 昨日までの私
人は何故に泣く 明日さえあるのに
戻れぬ時への つぐないの涙か

すれ違う子供達や 陽溜りに憩う老人
閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日
人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない

すれ違う子供達や 遠くで聞こえた汽笛
閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日
人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:感傷紀行 歌手:中森明菜

中森明菜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-04-25
商品番号:WPC6-8185
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP