赤い不思議

この曲の表示回数 13,004
歌手:

中森明菜


作詞:

小坂明子


作曲:

小坂明子


扉を 叩く雨音が
いつしか 雪に変わる頃
真っ白に 凍る窓に
あなたの名前 何度
書いては 消したでしょう

あなたの つめたい背中に
不安な 心を重ねて
会えない時間を 悔んでも
狂おしいまま 夜は終わらない

うつろな鼓動が 赤く燃えるまで
Mysteryな嘘 あげるわ
愛して 愛される程に
女は 嘘を覚えるの
いとおしく 髪を撫でて
あなたを 抱き寄せたわ
独りに しないでと

あなたの瞳に映った
真実(ほんと)の 私を見抜いて
少しずつ 色褪せてく人を
見送れるほど 強くはなれない

うつろな鼓動が 赤く燃えるまで
Mysteryな嘘 あげるわ
情熱よりも 赤く染まった
Mysteryな嘘 あげるわ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤い不思議 歌手:中森明菜

中森明菜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/06/21
商品番号:WPCL-10292
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP