愛のひと

この曲の表示回数 12,259
歌手:

新妻聖子


作詞:

売野雅勇


作曲:

望月衛介


予報通り降り出した雨に
家路急ぐ傘の群れもかすみ
どんな背中もあなたに見える
不意に降りた 私鉄駅

幼過ぎたのと言い訳をして
世間知らずのせいにしたら
あきらめきれると思ってた
あなたのことをワルモノにして

いたずらに若さが あの頃
過ぎ去ってゆくのが怖がった

初めてで最後の 真実(ほんと)の
愛と知っていたら別の
答え出せたのかな

ショーウィンドの純白のドレス(に)
自分の影 無意識に重ねる
自然な癖がいまでも消えない
悲しすぎて笑うだけ

めぐり逢うはずじゃなかったふたり
まだ運命に借りがあるの?
涙や痛みでつぐなうのは
愛の人になる試練なの?

あなたを愛せたら それでいい
愛されることさえ求めない

もしやり直せたら 約束も
冠もいらない 裸の愛でいい

いたずらに若さが あの頃
過ぎ去ってゆくのが怖かった

初めてで最後の 真実(ほんと)の
愛と知っていたら別の
答え出せたのかな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛のひと 歌手:新妻聖子

新妻聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/01/16
商品番号:PCCA-70209
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP