旅のあかり

この曲の表示回数 17,231
歌手:

西郷輝彦


作詞:

喜多條忠


作曲:

都志見隆


旅の町あかりには
さみしさが きらめいている
いつか君と 別れた夜の
さよならの 涙さ

ふたりが若すぎたとか 傷つけあったとか
そんなことは今となれば つまらぬ言い訳さ
僕にもっとやさしさが あればよかったのさ

旅の星あかりには
かなしみが きらめいている
いつも僕を 信じてくれた
故郷(ふるさと)の おふくろ

無口に働く父と 逆らうこの僕を
愚痴のひとつこぼさないで 守ってくれた母(ひと)
背中だけをふるわせて いつも泣いていたね

旅の海あかりには
くやしさが きらめいている
夢を追って 倒れていった
なつかしい 友だち

少しは嘘をつくとか 自分をごまかして
生きてゆけばいいのにと 言っても微笑(わら)ってた
友の夢を乗せた船 夜の海を行くよ

僕の夢を乗せた船 夜の海を行くよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:旅のあかり 歌手:西郷輝彦

西郷輝彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP