旅のあかり

旅の町あかりには
さみしさが きらめいている
いつか君と 別れた夜の
さよならの 涙さ

ふたりが若すぎたとか 傷つけあったとか
そんなことは今となれば つまらぬ言い訳さ
僕にもっとやさしさが あればよかったのさ

旅の星あかりには
かなしみが きらめいている
いつも僕を 信じてくれた
故郷(ふるさと)の おふくろ

無口に働く父と 逆らうこの僕を
愚痴のひとつこぼさないで 守ってくれた母(ひと)
背中だけをふるわせて いつも泣いていたね

旅の海あかりには
くやしさが きらめいている
夢を追って 倒れていった
なつかしい 友だち

少しは嘘をつくとか 自分をごまかして
生きてゆけばいいのにと 言っても微笑(わら)ってた
友の夢を乗せた船 夜の海を行くよ

僕の夢を乗せた船 夜の海を行くよ