玄海月夜

この曲の表示回数 10,349
歌手:

氷川きよし


作詞:

菅麻貴子


作曲:

宮下健治


胸に大きな 希望(のぞみ)を抱いて
人は一度は 故郷(ふるさと)捨てる
空を見上げりゃ まん丸月だ
男ごころの 真ん中あたり
のぞいているよな 玄海月夜

渡り鳥さえ 番(つが)いで鳴いて
翼広げて 旅立つものを
上りホームで 別れたあの娘(こ)
待っていてくれ 迎えに行くよ
島影はるかな 玄海月夜

ビルをまたいで 流れる星に
祈る願いは 両手にいくつ
夢で帰ろか 今夜はひとり
いつか必ず 男になると
誓ったあの日の 玄海月夜
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:玄海月夜 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-06-28
商品番号:COCP-33858
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP