湾岸列車

この曲の表示回数 5,384
歌手:

氷川きよし


作詞:

菅麻貴子


作曲:

杜奏太朗


岬廻れば 君住む町か
入江づたいを 汽車は行く
啼け 啼け 汽笛 夜空を駆けて
ひとり来たんだ 逢いたくなって
霧が流れる 北の町

君の名前を デッキで呼べば
泣いているよな 窓の月
飛べ 飛べ カモメ 翼を広げ
俺に勇気が あの時あれば
君を奪った はずなのに

胸の鼓動に 車輪の音に
遠い想い出 駆け巡る
呼べ 呼べ 汽笛 帰らぬ日々を
夜明け間近の 改札ぬけりゃ
噂とぎれて 潮風(かぜ)ばかり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:湾岸列車 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-19
商品番号:COCP-38894
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP