六条御息所の恋

八代亜紀

六条御息所の恋

作詞:相田毅・啖呵:玉川奈々福
作曲:相田毅・周防泰臣
編曲:周防泰臣
発売日:2023/03/15
この曲の表示回数:7,174回

六条御息所の恋
あの世が この世に あったらいいのに
殺めて 抱かれて 一緒になれた

愛は いつも遠い花
まるで 彼岸の弔い花よ

慈しんで 狂おしくて
捨てられても 忘れられず
戯言でも 泡沫でも
私だけが 戻る場所なのと
そっと信じた けれど信じた

遠い御世に、
六条御息所という高貴なお方がおられました。
光源氏の君が思いを寄せ、通われるようになりました
年下の、稀代の貴公子……戯れのつもりが、いつしか深くとらわれた
なのに君は、離れていった
愛した人にうとまれる
葵祭で君のお姿、ひと目見ようと出かけたが
鉢あわせたのはその人の妻、葵上
牛車の場所取り小競り合い
そこをどかぬか、どけ、どかぬ
そのとき従者が言った一言。この、愛人風情が!
御息所のお心は、壊れて崩れてゆきました

運命(さだめ)が 剥がれて 消えたらいいのに
あなたも あたしも 無垢になれた

愛の 詩は哀しみを
隠す 単衣にもなれない

愛は死んで 人は生きる
その狭間に 時は流れ
報われない 情念(おもい)だけが
今も街に 木霊してるよう
今日も誰かの 恋に憑こうと

葵上が懐妊と風のたよりに聞きました
愛はもはや戻らない 受けた恥辱はそそげない
心をゆるしたばっかりに、
御息所は引き裂かれ、病に伏せる身となった
身は臥せりつつ魂は、その体を抜け出でて
葵上の伏す床へ、
ああ憎い恨めしい
寄り添う君に病床の、妻はなにやら語りだす
しかし声は妻にあらず 様子はまさしく御息所
妻にとりつく物の怪は、あああなたであったのか
恋は消え果てあとかたもなく
残るは嘆きのため息ばかり

慈しんで 狂おしくて
捨てられても 忘れられず
戯言でも 泡沫でも
私だけが 戻る場所なのと
そっと信じた けれど信じた

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:08:15

  1. さよーならまたいつか!
  2. Masterplan
  3. Bling-Bang-Bang-Born
  4. ライラック
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Click
  4. I wonder
  5. ディスコ・クレオパトラ feat. 稲葉貴子・小湊美和・信田美帆 a.k.a. CISCO3

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×