お江戸の色女

この曲の表示回数 15,666
歌手:

長山洋子


作詞:

仁井谷俊也


作曲:

影山時則


花のお江戸の 日本橋(にほんばし)
産湯(うぶゆ)つかった 絹の肌
粋(いき)な小紋(こもん)で 流し目送りゃ
下町すずめが 噂する
気障(きざ)な誘惑(せりふ)は まっぴらだけど
惚れりゃ一途の 深なさけ
鬢(びん)のほつれた うなじのあたり
年増盛りの 色気が匂う

月は十六夜(いざよい) 大川に
遠く聞こえる 三味の音
忍ぶ恋路の 八丁堀(はっちょうぼり)と
ふたりで猪牙舟(ちょきぶね) 柳橋
野暮(やぼ)な男衆の やさしさよりも
惚れたあんたに 妬かれたい
酒にほんのり 目許(めもと)を染めて
仇(あだ)な仕草(しぐさ)が 男をそそる

筑波山にも 朝陽が当たりゃ
そっと解(ほど)いた 腕まくら
浮気封じに あんたの胸に
紅(べに)で名を描(か)く 大江戸そだち
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:お江戸の色女 歌手:長山洋子

長山洋子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-21
商品番号:VICL-60148
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP