漁火の宿

この曲の表示回数 24,798
歌手:

鏡五郎


作詞:

木下龍太郎


作曲:

影山時則


わかれ盃 なみだで干して
返すお前の 移り紅
海に揺れてる 灯火(あかり)のように
燃えて死ねたら いいと言う
窓にちらちら 漁火の宿

肌を初めて 交わした夜も
同じ今夜の 宿枕
髪の乱れを 恥らいながら
梳(と)かすお前の 肩越しに
燃えてあかあか 漁火の宿

貸した手枕 お前は外し
ひとり夜明けに 旅支度
わかれ化粧の 鏡の中に
映る灯火(あかり)は 残り火か
沖にゆらゆら 漁火の宿
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:漁火の宿 歌手:鏡五郎

鏡五郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-06-04
商品番号:KICM-8014
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP