試聴する

あの夏の蝉しぐれ

この曲の表示回数 2,435
歌手:

長山洋子


作詞:

友利歩未


作曲:

桧原さとし


戦争は終わったけれど
町に灯りは 灯ったけれど
この世に僕は もういない
記憶の中に 生きるだけ
ただいまと 声に出しても
誰も僕には 気づきはしない
風を 風をみつめて 母だけが
おかえりなさいと つぶやいた

大切な着物を売って
わずかばかりの お米に変えて
戦地に向かう この僕に
おむすびこさえ 持たす母
親よりも 先に死ぬなと
腕をつかんで 何度も言った
動き 動き始めた 汽車を追い
手をふる母が 滲んでく

あれから何年 たっただろう
昭和平成 時代は過ぎて
母さんあなたも もういない
あの夏の あの夏の…蝉しぐれ

少年の心の声を
聴いて私は わが子を想う
平和を守り 生きて行く
子供が笑う あしたへと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あの夏の蝉しぐれ 歌手:長山洋子

長山洋子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-26
商品番号:VICL-37483
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP