薄雪草

この曲の表示回数 12,531
歌手:

森進一


作詞:

吉岡治


作曲:

森進一


鏡のなかで 何年ぶりに
忘れたわたしの 笑顔に逢えた
何故かいつでも しあわせ遠い
こんな…こんな女でよかったら
あなたのそばで そっと咲きたい
北の花です 薄雪草(うすゆきそう)

涙を咬んだ 女の意地は
素直になれずに 心も荒れた
そんな飲み方 やめろと言って
つよく…つよく叱った優しい手
あなたと二人 生きてゆきたい
北の花です 薄雪草

薄めの紅を 小指で描いて
あなたに着物を 褒められたくて
遅い春でも 短いなりに
咲いて…咲いて乱れて夢うつつ
あなたの愛に 散って嬉しい
北の花です 薄雪草
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:薄雪草 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-10-22
商品番号:VICL-41001
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP