歌詞を

ヘルプ

土田有紀作詞の歌詞一覧リスト

34 曲中 1-34 曲を表示
2020年11月25日(水)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
アカシアの涙吉村明紘土田有紀徳久広司さがせば他にいくつかあった
門前仲町ブルース吉村明紘土田有紀徳久広司夜の門仲なみだ雨弱い女の
帰るのね北見恭子&岡千秋土田有紀岡千秋帰るのね帰したくない
恋酒~加賀の夜西尾夕紀土田有紀弦哲也あなた待つ夜は三十路が
辰巳の左褄西尾夕紀土田有紀弦哲也粋なほろ酔いお座敷がえり
日向の恋唄大石まどか土田有紀弦哲也祭りのあとの淋しさは秋風
夜の舟大石まどか土田有紀弦哲也みぞれが頬うつ衿を刺す
女はおんな…水元亜紀土田有紀徳久広司夏の日中を焦がれ啼く
女の愛森進一土田有紀弦哲也男は夢を追う
露地しぐれ大石まどか土田有紀弦哲也忘れなくてはいけない人を
ふたりづれ秋岡秀治土田有紀水森英夫山の沢水木の葉をくぐり
おんな火秋岡秀治土田有紀水森英夫行かないで行かないで私を捨てゝ
たずねて小樽森進一土田有紀大谷明裕泣くなと言えば尚更泣いて
朝霧情話大石まどか土田有紀弦哲也朝霧はこらえ切れない女の吐息
門仲・ブルース吉村明紘土田有紀徳久広司夜の門仲酒の海弱い女の
だからさよなら言わないで市川たかし土田有紀伊藤雪彦涙ふきなよ君ならば
春待ち花大石まどか土田有紀弦哲也冬が過ぎれば春は来る早く来い
熱き血汐~与謝野晶子「みだれ髪」他詩集より~大石まどか土田有紀弦哲也雪より白いやわ肌のけもののような
おんなの挽歌森進一土田有紀大谷明裕枯野にほほ笑む月見草
泣けてきちゃった立樹みか土田有紀花笠薫帰り支度の横顔が
やっぱり女です…吉村明紘土田有紀徳久広司耐える忍ぶは古いのね
北のたずねびと吉村明紘土田有紀徳久広司今でもひとりで暮らしていると
浮世の花大石まどか土田有紀弦哲也灯りともればはなやぐ路地の
情なし海峡大石まどか土田有紀弦哲也雨の桟ばし消えゆく背中
想い出グラス大石まどか土田有紀弦哲也コートの衿に涙かくして
忍び里大石まどか土田有紀弦哲也奪って下さい好きならば
紅いろ椿大石まどか土田有紀弦哲也蝶の亡きがら憂しく包み
深い川大石まどか土田有紀弦哲也ひとりではひとりでは
粋な酒細川たかし土田有紀弦哲也酒が面影 ながすなら
そばがいい長保有紀土田有紀水森英夫あなたといつも暮せるならば
雪ほたる多岐川舞子土田有紀岡千秋肩で息して とび乗る夜汽車
夢ひとつ長保有紀土田有紀水森英夫あなた待つ夜は
あんたの海峡多岐川舞子土田有紀岡千秋男の愛がさめるから
酒ひとり五木ひろし土田有紀岡千秋面影に飲む酒なのか