日向の恋唄

この曲の表示回数 8,276
歌手:

大石まどか


作詞:

土田有紀


作曲:

弦哲也


祭りのあとの 淋しさは
秋風しみる 虫の声
昨夜(ゆうべ)あんなに 燃えさせて
みやこへ行くと 消えた男(ひと)

誰かをつれて 帰ったら
三田井の岩で 取りおさえ
天の岩戸の おん前で
朝陽(あさひ)さすとも 離しゃせぬ

いつまで待てば いゝんやら
あんひと遠く 届かない
嫁に行くなと 言うんなら
死ぬまで鎌を 抱いて待つ

あんたのことが てげ好きやじ
あんたのことが てげ好かん
あんたのことが てげ好きやじ
あんたのことが てげ好かん…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:日向の恋唄 歌手:大石まどか

大石まどかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/02/24
商品番号:COCA-16347
コロムビアミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP