女はおんな…

この曲の表示回数 9,594
歌手:

水元亜紀


作詞:

土田有紀


作曲:

徳久広司


夏の日中を 焦がれ啼く
蝉も抜け殻 残すのに
私に何が 残るでしょうか
夜毎あなたの より道は
長すぎた 春のせい…
生きる別れる どちらもつらい…

二度も三度も 傷ついて
自分ばかりを 責めていた
待ちますあなた 戻って欲しい
あなただけしか 愛せない
冷たさに 尚もえる…
過ぎてしまえば いい事ばかり…

そうよ男は 鳥になる
飛んで疲れて ねむるまで
優しい嘘に つかまりながら
夢で抱かれて すがりつく
負けたのね 惚れたのね…
惚れてしまえば 女はおんな…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女はおんな… 歌手:水元亜紀

水元亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/13
商品番号:TKCA-90367
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP