試聴する

酒ひとり

この曲の表示回数 65,326
歌手:

五木ひろし


作詞:

土田有紀


作曲:

岡千秋


面影に 飲む酒なのか
未練を捨てる 酒なのか
わざと冷たく 背を向けたのに
男ごころが 咽(むせ)ぶ夜半(よわ)
あゝ 惚れてせつない 他人(ひと)の花

迷い舟 なぜ身をけずる
流れる闇の なさけ川
紅が哀しい おくれ毛泣いて
つれて行ってと すがる女(ひと)
あゝ 苦労させたく ないおんな

淋しかろ さぞ憎かろう
逢いたさつのる 意気地なし
浴びる火の酒 ひとりが寒い
遊びだったら 抱いていた
あゝ 夢がよろける 影法師
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酒ひとり 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/10/21
商品番号:TKCI-71464
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP