ひとりぐらし

この曲の表示回数 6,971
歌手:

森進一


作詞:

阿久悠


作曲:

猪俣公章


頬のほくろに墨を入れ
もっと不幸になれという
そんな女が酔いどれて
歌う酒場の夜ふけ頃
ふたりぐらしは昨日まで
今日からひとり ひとりぐらし

宵の曇りが真夜中は
先も見えない土砂降りで
いっそ朝まで飲みたいと
細いうなじを傾ける
ふたりぐらしは昨日まで
今日からひとり ひとりぐらし

たった一人の弟が
所帯もったという便り
なぜかひんやりする部屋で
雨をみつめて吸う煙草
ふたりぐらしは 昨日まで
今日からひとり ひとりぐらし
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりぐらし 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP