挽歌の街から

この曲の表示回数 7,530
歌手:

森進一


作詞:

売野雅勇


作曲:

浜圭介


返せない指輪を そっと抱き
あなたの知らない人と 旅に出ました
絵葉書にやっと 一行だけ
淋しい季節ですね…と 綴って泣いた
恨んで下さい 憎んで下さい
あきらめさせてください
さよなら…あゝさよなら
裏切るしか さよならが言えません

これきりと 逢うたびこれきりと
思って一年が過ぎ そして一年…
抱きしめて一緒に行こうねと
約束した北の街 憶えてますか
叱って下さい 笑って下さい
哀しい女だと 私を
さよなら…あゝさよなら
裏切るしか さよならが言えません

恨んで下さい 憎んで下さい
あきらめさせてください
さよなら…あゝさよなら
裏切るしか さよならが言えません
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:挽歌の街から 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-18
商品番号:VICL-60807
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP