悲しみの器

この曲の表示回数 8,037
歌手:

森進一


作詞:

谷村新司


作曲:

谷村新司


あふれるほどの 悲しみだから
こぼしてしまえたら いいのに
ひびわれすぎた ガラスの心
受け止めきれなくて 叫んでる

こんなに遠く離れているなんて
こんなに強く愛していたなんて
儚ない夢よ 儚ない夢よ
僕を抱きしめて
はじめて泣いた はじめて泣いた
僕は夢の中で……

心はいつも 嘘をつかない
言葉は悲しいほど 愛を語れない

こわれた心 ひろい集めて
両手であたためて くれたら
やさしい雨の降る あの丘に
静かに眠らせて くれないか

こんなに遠く離れているなんて
こんなに強く愛していたなんて
儚ない夢よ 儚ない夢よ
僕を抱きしめて
はじめて泣いた はじめて泣いた
僕は夢の中で……

はじめて泣いた はじめて泣いた
僕は夢の中で……
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悲しみの器 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-22
商品番号:VICL-61691
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP