人を恋うる唄

森進一

人を恋うる唄

作詞:たかたかし
作曲:岡千秋
発売日:1995/06/28
この曲の表示回数:31,298回

人を恋うる唄
露地にこぼれた 酒場の灯り
しみてせつない 放浪れ唄
おまえがそこにいるならば
リラの花咲く町もいい
汽笛きこえる 港もいい

夜にはぐれて ふりむきゃ俺も
酒のにがさが わかる歳
おまえがそこにいるならば
肌をあたため眠ろうか
明日の夢でも 語ろうか

北へ行こうか それとも西へ
風が背中を 吹きぬける
おまえがそこにいるならば
二度とこの愛 はなさない
俺の旅路に 目もさそう

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません