冬桜

この曲の表示回数 10,624
歌手:

森進一


作詞:

たかたかし


作曲:

三木たかし


咲いて淋しい 一輪ざしを
おまえのようだと 肩を抱く
むすべない恋なら 生きる甲斐もない
いっそあなた あなたに散りましょう
どうせこの世は 短かいゆめ芝居

もえて悔いない 一夜(ひとよ)の夢を
かんでも噛んでも 漏れる息
運命(さだめ)ゆえきれない 恋の糸ならば
いっそ死んで 死んでどこまでも
堕ちてゆきたい あなたと身をからめ

こすに越せない 浮世の川を
流れてゆくしか ないのです
恋ゆえにせつない ゆれる命火よ
もっとつよく つよく抱きしめて
ふたり春には 咲けない冬桜
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬桜 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-25
商品番号:VICL-63469
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP