北のふるさと

この曲の表示回数 8,774
歌手:

森進一


作詞:

いではく


作曲:

遠藤実


桜だよりが北へ向けば
白い大地が静かに動きはじめる
おやじ今頃ストーブの
側で語らず酒酌む日々か
せめて想いを夜汽車にのせたい
あゝ わがふるさとへ

陽ざしまぶしく土も黒く
春が萌え立つやさしさ遠くに見える
友よ元気か嫁さんも
おれもなんとか暮らしているさ
今度行ったらふたりで飲もうか
あゝ わがふるさとで

雪どけ水が川にあふれ
花のつぼみや木の芽が日毎ふくらむ
おやじ口には出さないが
涙にじんだ おふくろ便り
おれの帰りを待ってるらしいと
あゝ わがふるさとよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北のふるさと 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-10-22
商品番号:VICL-41001
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP