夜行列車

この曲の表示回数 14,467
歌手:

森進一


作詞:

喜多條忠


作曲:

吉田拓郎


ほんとにひと駅だけだぜ
夜行列車に君を乗せたよ
手のひらの冷たさは
君の生きてた街の冷たさ
そんなそんな淋しげな 瞳(め)をするな
わかったよ 兄貴づらなんか
似合わないっていうんだろ

ほんとは今でも分らない
ここにいるのが自分なんだろかも
夏みかんむく指に
涙ひとつぶ落ちて光った
いつかいつかくやんでも しらないぜ
わかったよ もう泣くんじゃない
みんなこっちを見ているよ

まだまだ遅くはないんだぜ
次の駅でもきっと帰れるさ
何もかも振り捨てた
君はとっても綺麗だけどさ
そんなそんないじわるじゃ ないんだよ
わかったよ 僕のひざ枕
朝まで眠っていいんだから
朝まで眠っていいんだから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜行列車 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/02/22
商品番号:VIZL-162
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP