泣きむし東京

この曲の表示回数 6,618
歌手:

森進一


作詞:

売野雅勇


作曲:

森進一


泣きむし東京 棄てられた夜に
口をついて出た 讃美歌が
男星(おとこぼし)が悪いんだって
罪な男に 惚れるんだって
泣いて泣いて芝浦純情が命とり

泣きむし東京 雨の降るタワー
あれは涙の 樹でしょうか
騙されても綺麗な気持
知っているから 憎めないから
泣いて泣いて飯倉 涙雨 虹の雨

泣きむし東京 夜のフェリーが
窓を横切る 部屋でした
忘れようとすればするほど
いい男だと 懲りずに思う
泣いて泣いて天王洲(てんのうず) 純情が命とり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:泣きむし東京 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-28
商品番号:VICL-40137
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP