八代亜紀の歌詞一覧リスト  248曲中 1-200曲を表示

並び順: []
全2ページ中 1ページを表示
248曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
舟唄PLATINA LYLICお酒はぬるめの 燗(かん)がいい 肴(さかな)はあぶった イカでいい 女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり 灯(とも)りゃいい しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる 涙がポロリと こぼれたら 歌いだすのさ 舟唄を  沖の鴎に深酒させてヨ いとしのあの娘(こ)とヨ 朝寝する ダンチョネ  店には飾りがないがいい 窓から港が 見えりゃいい はやりの歌など なくていい 時々霧笛(むてき)が 鳴ればいい ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている あの頃あの娘を 思ったら 歌いだすのさ 舟唄を  ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと 未練が胸に 舞い戻る 夜ふけてさびしくなったなら 歌いだすのさ 舟唄を ルルル‥‥PLATINA LYLIC八代亜紀阿久悠浜圭介お酒はぬるめの 燗(かん)がいい 肴(さかな)はあぶった イカでいい 女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり 灯(とも)りゃいい しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる 涙がポロリと こぼれたら 歌いだすのさ 舟唄を  沖の鴎に深酒させてヨ いとしのあの娘(こ)とヨ 朝寝する ダンチョネ  店には飾りがないがいい 窓から港が 見えりゃいい はやりの歌など なくていい 時々霧笛(むてき)が 鳴ればいい ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている あの頃あの娘を 思ったら 歌いだすのさ 舟唄を  ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと 未練が胸に 舞い戻る 夜ふけてさびしくなったなら 歌いだすのさ 舟唄を ルルル‥‥
雨の慕情GOLD LYLIC心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えてる 長い月日の膝まくら 煙草プカリとふかしてた 憎い 恋しい 憎い 恋しい めぐりめぐって 今は恋しい 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い  一人で覚えた手料理を なぜか味見がさせたくて すきまだらけのテーブルを 皿でうずめている私 きらい 逢いたい きらい 逢いたい くもり空なら いつも逢いたい 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い  雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来いGOLD LYLIC八代亜紀阿久悠浜圭介心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えてる 長い月日の膝まくら 煙草プカリとふかしてた 憎い 恋しい 憎い 恋しい めぐりめぐって 今は恋しい 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い  一人で覚えた手料理を なぜか味見がさせたくて すきまだらけのテーブルを 皿でうずめている私 きらい 逢いたい きらい 逢いたい くもり空なら いつも逢いたい 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い  雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い 雨々ふれふれ もっとふれ 私のいい人つれて来い
愛の終着駅GOLD LYLIC寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあなたの この手紙 文字のみだれは 線路の軋み 愛の迷いじゃ ないですか よめばその先 気になるの  君のしあわせ 考えてみたい あなた何故なの 教えてよ 白い便箋 折り目のなかは 海の匂いが するだけで いまのわたしを 泣かせるの  北の旅路の 淋しさにゆられ 終着駅まで ゆくという あなたお願い 帰って来てよ 窓にわたしの まぼろしが 見えたら辛さを 解ってほしいGOLD LYLIC八代亜紀池田充男野崎真一寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあなたの この手紙 文字のみだれは 線路の軋み 愛の迷いじゃ ないですか よめばその先 気になるの  君のしあわせ 考えてみたい あなた何故なの 教えてよ 白い便箋 折り目のなかは 海の匂いが するだけで いまのわたしを 泣かせるの  北の旅路の 淋しさにゆられ 終着駅まで ゆくという あなたお願い 帰って来てよ 窓にわたしの まぼろしが 見えたら辛さを 解ってほしい
なみだ恋GOLD LYLIC夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命を 占う二人 何故か今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋GOLD LYLIC八代亜紀悠木圭子鈴木淳夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命を 占う二人 何故か今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋
もう一度逢いたいGOLD LYLICあんな男と 言いながら 今日も来ました 港町 波のむこうは また波ばかりの 片想い さようならも 聞こえない 情なしの うつり気の 後影 もう一度 逢いたい  泣けば鴎も まねをして あなた呼んでる 別れ町 うらむことさえ 出来ない女の ほつれ髪 咲いて散る 赤い花 酔いどれて 泣きぬれて 追いかけて もう一度 逢いたい  夢は引き潮 想い出も 潮風(かぜ)と逃げてく 出船町 ブイの宿命(さだめ)か 浮いては沈んで 流されて 縋(すが)りつく 恋ごころ 別れても はなれても 愛してる もう一度 逢いたいGOLD LYLIC八代亜紀山口洋子野崎真一あんな男と 言いながら 今日も来ました 港町 波のむこうは また波ばかりの 片想い さようならも 聞こえない 情なしの うつり気の 後影 もう一度 逢いたい  泣けば鴎も まねをして あなた呼んでる 別れ町 うらむことさえ 出来ない女の ほつれ髪 咲いて散る 赤い花 酔いどれて 泣きぬれて 追いかけて もう一度 逢いたい  夢は引き潮 想い出も 潮風(かぜ)と逃げてく 出船町 ブイの宿命(さだめ)か 浮いては沈んで 流されて 縋(すが)りつく 恋ごころ 別れても はなれても 愛してる もう一度 逢いたい
おんな港町GOLD LYLICおんな港町 どうしてこんなに 夜明けが早いのさ それじゃ さよならと 海猫みたいに 男がつぶやいた 別れことばが あまりにもはかなくて 忘れたいのに 忘れられない せつない恋よ おんな港町 別れの涙は 誰にも わからない  おんな港町 涙をこぼして 錨が上るのさ 泣いちゃいけないと あわてて男が デッキで手をふった その場かぎりの なぐさめとわかっても 忘れたいのに 忘れられない せつない恋よ おんな港町 さみしい笑顔に なげきの 雨がふる  あんな男と 心から憎んでも 忘れたいのに 忘れられない せつない恋よ おんな港町 別れの涙は 誰にも わからないGOLD LYLIC八代亜紀二条冬詩夫伊藤雪彦おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが早いのさ それじゃ さよならと 海猫みたいに 男がつぶやいた 別れことばが あまりにもはかなくて 忘れたいのに 忘れられない せつない恋よ おんな港町 別れの涙は 誰にも わからない  おんな港町 涙をこぼして 錨が上るのさ 泣いちゃいけないと あわてて男が デッキで手をふった その場かぎりの なぐさめとわかっても 忘れたいのに 忘れられない せつない恋よ おんな港町 さみしい笑顔に なげきの 雨がふる  あんな男と 心から憎んでも 忘れたいのに 忘れられない せつない恋よ おんな港町 別れの涙は 誰にも わからない
居酒屋「昭和」ひと筋入った 横丁で 昭和を覗いて みませんか 男の背中にゃ 色気(いろ)があり 女の背中にゃ 艶がある そんな時代が ここにある 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の 出会い酒  お洒落な肴は ないけれど 昭和の味なら 揃います 幸い今夜は 雨模様 飲んで行ってよ もう少し しぶい演歌(うた)など 唄いましょう 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の ほろり酒  令和にはぐれた 路地裏に 昭和の心が 灯ります 涙も嘆きも ため息も 恋の痛手も 捨てに来て 情けみつけに 来ませんか 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の 癒やし酒八代亜紀中山正好・補作詞:八代亜紀八代亜紀・大谷明裕ひと筋入った 横丁で 昭和を覗いて みませんか 男の背中にゃ 色気(いろ)があり 女の背中にゃ 艶がある そんな時代が ここにある 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の 出会い酒  お洒落な肴は ないけれど 昭和の味なら 揃います 幸い今夜は 雨模様 飲んで行ってよ もう少し しぶい演歌(うた)など 唄いましょう 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の ほろり酒  令和にはぐれた 路地裏に 昭和の心が 灯ります 涙も嘆きも ため息も 恋の痛手も 捨てに来て 情けみつけに 来ませんか 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の 癒やし酒
おんなの夢一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を… 夢を… 夢をみたのよ 他人じゃないよと 抱きしめられて 一生一度の 恋に泣く  ひとりでこれから 生きるより 例え日陰の 花でもいいの あゝ涙… 涙… 涙かみしめ 人のそしりも 耐えているけど 女ですもの 泣きたいの  あなたと暮らす しあわせは 私ひとりの 夢でもいいの あゝ女… 女… 女運命を 夜の化粧に 涙をかくし 一生一度の 恋に泣く八代亜紀悠木圭子鈴木淳一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を… 夢を… 夢をみたのよ 他人じゃないよと 抱きしめられて 一生一度の 恋に泣く  ひとりでこれから 生きるより 例え日陰の 花でもいいの あゝ涙… 涙… 涙かみしめ 人のそしりも 耐えているけど 女ですもの 泣きたいの  あなたと暮らす しあわせは 私ひとりの 夢でもいいの あゝ女… 女… 女運命を 夜の化粧に 涙をかくし 一生一度の 恋に泣く
しのび恋逢いに行きたい 逢うのがつらい 誰も許さぬ この恋故に 二度と触れ合う こともない あなたが愛した この指も 雨に震えて 泣いている  人の噂は こわくはないが やつれたあなたの 涙がこわい 逢えば逢うほど 苦しめる 何も言わずに 別れたが 心も命も あなただけ  二度と逢っては いけない人と 思えば尚更 未練がつのる せめてあなたの 窓灯り 一目だけでも 逢いたいと 傘にかくれて しのび泣く八代亜紀悠木圭子鈴木淳逢いに行きたい 逢うのがつらい 誰も許さぬ この恋故に 二度と触れ合う こともない あなたが愛した この指も 雨に震えて 泣いている  人の噂は こわくはないが やつれたあなたの 涙がこわい 逢えば逢うほど 苦しめる 何も言わずに 別れたが 心も命も あなただけ  二度と逢っては いけない人と 思えば尚更 未練がつのる せめてあなたの 窓灯り 一目だけでも 逢いたいと 傘にかくれて しのび泣く
恋歌激しいばかりが 恋じゃない 二人でいたわる 恋もある ねえあなた しっかり抱いててよ 私ひとりが 嵐の中へ 押しながされて しまいそう  裏町通りの ざわめきが 眠れば静かな 午前二時 ねえあなた あの歌聞かせてよ 捨てたふるさと あやめの頃か 今夜はゆめで 帰りたい  浮き草みたいな 暮らしでも 綺麗に生きてる 昨日 今日 ねえあなた しっかり抱いててよ こんなか細い 私だけれど 愛することは 負けないわ八代亜紀池田充男伊藤雪彦激しいばかりが 恋じゃない 二人でいたわる 恋もある ねえあなた しっかり抱いててよ 私ひとりが 嵐の中へ 押しながされて しまいそう  裏町通りの ざわめきが 眠れば静かな 午前二時 ねえあなた あの歌聞かせてよ 捨てたふるさと あやめの頃か 今夜はゆめで 帰りたい  浮き草みたいな 暮らしでも 綺麗に生きてる 昨日 今日 ねえあなた しっかり抱いててよ こんなか細い 私だけれど 愛することは 負けないわ
昭和の歌など聴きながら他人を妬(ねた)まず 羨(うらや)まず 心を豊かに 朗らかに そんな人生 送れよと 父さんあなたは 云っていた 熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終ればまた秋が 今年の彼岸は 帰ります 会いたいね 飲みたいね 昭和の歌など 聴きながら  自分を奢(おご)らず 慎(つつ)ましく 涙は静かに 清らかに そんな女で 暮せよと 酔うたびあなたは 云っていた 秋桜(コスモス)咲く頃 主人(あのひと)また連れて ふたりで彼岸は 帰ります 会いたいね もう一度 昭和の歌など 聴きながら  熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終ればまた秋が 今年の彼岸は 帰ります 会いたいね 飲みたいね 昭和の歌など 聴きながら八代亜紀荒木とよひさ徳久広司他人を妬(ねた)まず 羨(うらや)まず 心を豊かに 朗らかに そんな人生 送れよと 父さんあなたは 云っていた 熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終ればまた秋が 今年の彼岸は 帰ります 会いたいね 飲みたいね 昭和の歌など 聴きながら  自分を奢(おご)らず 慎(つつ)ましく 涙は静かに 清らかに そんな女で 暮せよと 酔うたびあなたは 云っていた 秋桜(コスモス)咲く頃 主人(あのひと)また連れて ふたりで彼岸は 帰ります 会いたいね もう一度 昭和の歌など 聴きながら  熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終ればまた秋が 今年の彼岸は 帰ります 会いたいね 飲みたいね 昭和の歌など 聴きながら
花束(ブーケ)ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず 生きたのに 罪な心が届けられ わたし 女を 思い出す  こんなキザなことは あなたに違いない 郵便受けにブーケを さして 帰るなんて 何を話すつもり あなたがわからない 死んでも いいと泣くほど つらくさせておいて  ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず 生きたのに 罪な心が届けられ わたし 女を 思い出す  時の流れだけが あなたを遠ざける 逢えない日々の長さに じっと 耐えて来たわ 胸に飾ることは あなたを許すこと 花束一つだけでは 終わることじゃないわ  やっと忘れた頃なのに 夢の中から消えたのに 罪な心が 届けられ わたし 女を思い出す  ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず 生きたのに 罪な心が届けられ わたし 女を 思い出す  わたし 女を 思い出す八代亜紀阿久悠服部克久ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず 生きたのに 罪な心が届けられ わたし 女を 思い出す  こんなキザなことは あなたに違いない 郵便受けにブーケを さして 帰るなんて 何を話すつもり あなたがわからない 死んでも いいと泣くほど つらくさせておいて  ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず 生きたのに 罪な心が届けられ わたし 女を 思い出す  時の流れだけが あなたを遠ざける 逢えない日々の長さに じっと 耐えて来たわ 胸に飾ることは あなたを許すこと 花束一つだけでは 終わることじゃないわ  やっと忘れた頃なのに 夢の中から消えたのに 罪な心が 届けられ わたし 女を思い出す  ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず 生きたのに 罪な心が届けられ わたし 女を 思い出す  わたし 女を 思い出す
愛ひとすじ恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました 雪も見ました こころの地獄を さまよいながら ほのかに燃やす 真実の 灯り一つに すがってる 愛することしか できないわ できないわたし  あんな男に望みをかけて どこがいいかと そしられようと 口じゃ云えない 愛だから 命のかぎり どこまでも なんの取得も ないけれど 愛することしか できないわ できないわたし  恋のめくらと 嗤われようと わたしにゃ見える あゝあの人の どろんこだらけの 人生に きらりと光る 真実が 誰にも見えない わたしだけ 愛することしか できないわ できないわたし八代亜紀川内康範北原じゅん恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました 雪も見ました こころの地獄を さまよいながら ほのかに燃やす 真実の 灯り一つに すがってる 愛することしか できないわ できないわたし  あんな男に望みをかけて どこがいいかと そしられようと 口じゃ云えない 愛だから 命のかぎり どこまでも なんの取得も ないけれど 愛することしか できないわ できないわたし  恋のめくらと 嗤われようと わたしにゃ見える あゝあの人の どろんこだらけの 人生に きらりと光る 真実が 誰にも見えない わたしだけ 愛することしか できないわ できないわたし
ともしびあなたの命の ともしびが もうすぐ消えると 聞かされた ああ編みかけの カーディガン それが出来たら 夜明けの釣も もう寒くはないねと 細くなった手で 私の手を握る あなた…… 明るく笑って あなたをだまし ただ祈るだけの 私でした  なんにも知らずに この春の 桜の花びら 散る頃は ああ教会で 鐘が鳴る 白いドレスの 花嫁衣装 早く見たいと はしゃいで 細くなった手で 私の手を握る あなた…… どうすればいいの 何が出来るの ただ祈るだけの 私でした  あれから二度目の 春が来たけど 私の中に生きてる あなた……八代亜紀悠木圭子鈴木淳あなたの命の ともしびが もうすぐ消えると 聞かされた ああ編みかけの カーディガン それが出来たら 夜明けの釣も もう寒くはないねと 細くなった手で 私の手を握る あなた…… 明るく笑って あなたをだまし ただ祈るだけの 私でした  なんにも知らずに この春の 桜の花びら 散る頃は ああ教会で 鐘が鳴る 白いドレスの 花嫁衣装 早く見たいと はしゃいで 細くなった手で 私の手を握る あなた…… どうすればいいの 何が出来るの ただ祈るだけの 私でした  あれから二度目の 春が来たけど 私の中に生きてる あなた……
ラッキーマンの歌沖の鴎に ふかしイモ取られて ツイテネェ~ 見上げてごらん 夜空の星を 君にも見えるさ 幸運の星が (ユー ラッキーマン) ラッキー クッキー 八代亜紀 ラッキー クッキー もんじゃやき あなたは今 (あなたは今) 幸せですか 私 いつも 幸せです ついて ついて つきまくる それが私だ ラッキーマン  見つめてごらん 自分の胸を 君にもみえるさ 大吉マークが (ユー ラッキーマン) ラッキー クッキー ウィスキー ラッキー クッキー 耕運機 お金ひろった (お金ひろった) ことありますか 私 いつも ひろってます ひろって ひろって ひろいまくる それが私だ ラッキーマン  のぞいてごらん 湯のみの中を きっと立ってるさ 茶柱が (ユー ラッキーマン) ラッキー クッキー 新学期 ラッキー クッキー 能天気 あなたは勝負に (あなたは勝負に) 勝っていますか 私 いつも 負け知らず 勝って 勝って 勝ちまくる それが私だ ラッキーマン  ついて ついて つきまくる それが私だ ラッキーマン八代亜紀ガモウひろし佐瀬寿一沖の鴎に ふかしイモ取られて ツイテネェ~ 見上げてごらん 夜空の星を 君にも見えるさ 幸運の星が (ユー ラッキーマン) ラッキー クッキー 八代亜紀 ラッキー クッキー もんじゃやき あなたは今 (あなたは今) 幸せですか 私 いつも 幸せです ついて ついて つきまくる それが私だ ラッキーマン  見つめてごらん 自分の胸を 君にもみえるさ 大吉マークが (ユー ラッキーマン) ラッキー クッキー ウィスキー ラッキー クッキー 耕運機 お金ひろった (お金ひろった) ことありますか 私 いつも ひろってます ひろって ひろって ひろいまくる それが私だ ラッキーマン  のぞいてごらん 湯のみの中を きっと立ってるさ 茶柱が (ユー ラッキーマン) ラッキー クッキー 新学期 ラッキー クッキー 能天気 あなたは勝負に (あなたは勝負に) 勝っていますか 私 いつも 負け知らず 勝って 勝って 勝ちまくる それが私だ ラッキーマン  ついて ついて つきまくる それが私だ ラッキーマン
心をつなぐ10円玉卒業間近の最後の授業で 先生がくれた 10円玉 小さな袋に 入ってた たった一つの 10円玉 「死ぬな 死ぬな 死んじゃいけない 苦しいときには 電話をかけて来い」 先生ありがとう 心にいつも あの日の言葉が ありました 遠い昭和の 遠い昭和の ことだけど 今も私の 宝物  一人一人の 名前を呼びながら 先生がくれた 10円玉 いつでも私を 励ました お守りがわりの 10円玉 「君は 君は独りじゃないよ どんなことでも 電話をかけて来い」 私は忘れない 何十年も あの日の言葉が 寄り添って 生きて来ました 生きて来ました つらくても 今も大事な 恩師です  「明日は 明日は きっと来るから 苦しいときには 電話をかけて来い」 先生ありがとう 心にいつも あの日の言葉が ありました 遠い昭和の 遠い昭和の ことだけど 今も私の 宝物八代亜紀かず翼杉本眞人卒業間近の最後の授業で 先生がくれた 10円玉 小さな袋に 入ってた たった一つの 10円玉 「死ぬな 死ぬな 死んじゃいけない 苦しいときには 電話をかけて来い」 先生ありがとう 心にいつも あの日の言葉が ありました 遠い昭和の 遠い昭和の ことだけど 今も私の 宝物  一人一人の 名前を呼びながら 先生がくれた 10円玉 いつでも私を 励ました お守りがわりの 10円玉 「君は 君は独りじゃないよ どんなことでも 電話をかけて来い」 私は忘れない 何十年も あの日の言葉が 寄り添って 生きて来ました 生きて来ました つらくても 今も大事な 恩師です  「明日は 明日は きっと来るから 苦しいときには 電話をかけて来い」 先生ありがとう 心にいつも あの日の言葉が ありました 遠い昭和の 遠い昭和の ことだけど 今も私の 宝物
故郷へ…流されて 流されて ひとり傷ついて 浮きぐさのように いつか馴染んだ 夜の川 帰りたいけど 帰れない うぶなむかしは 遠すぎる ああ故郷(ふるさと)へ今日も 汽車が出てゆく  恋をして 恋をして そして捨てられて どうにでもなれと 酒におぼれた 夜もある よわい女に なったのか 過去をふりむく この私 ああ故郷は青い 海のある町  淋しくて 淋しくて 細く身も痩せて それなのに今日も うかれ化粧の 紅をひく 他人ばかりの 盛り場で 生きるささえは ただひとつ ああ故郷へ帰る 夢があるから八代亜紀池田充男野崎真一流されて 流されて ひとり傷ついて 浮きぐさのように いつか馴染んだ 夜の川 帰りたいけど 帰れない うぶなむかしは 遠すぎる ああ故郷(ふるさと)へ今日も 汽車が出てゆく  恋をして 恋をして そして捨てられて どうにでもなれと 酒におぼれた 夜もある よわい女に なったのか 過去をふりむく この私 ああ故郷は青い 海のある町  淋しくて 淋しくて 細く身も痩せて それなのに今日も うかれ化粧の 紅をひく 他人ばかりの 盛り場で 生きるささえは ただひとつ ああ故郷へ帰る 夢があるから
あなたの背中にふともの想う 横顔や ズシンと響く 低音や ひとりの酒の 静かさや それらのすべて 好きでした  自分を捨てて 生きつづけ みんなのために 燃えつきる そういう人が 世の中で 寂しく沈む はずがない  あなたは まだまだ 男ざかり 隠れたファンの 恋歌を あなたの背中に送ります  お酒を少し 控え目に 色気もちょっと おさえ目に こころの憂さに 縛られず 昔の笑顔 想い出し  世間の風に 追われても 値打ちが消えた わけじゃない 風邪ひくことの ないように 元気な声で歌ってね  あなたは まだまだ 男ざかり その気にさせたい 応援歌 あなたの背中に送ります  あなたは まだまだ 男ざかり 隠れたファンの 恋歌を あなたの背中に送ります八代亜紀阿久悠杉本眞人ふともの想う 横顔や ズシンと響く 低音や ひとりの酒の 静かさや それらのすべて 好きでした  自分を捨てて 生きつづけ みんなのために 燃えつきる そういう人が 世の中で 寂しく沈む はずがない  あなたは まだまだ 男ざかり 隠れたファンの 恋歌を あなたの背中に送ります  お酒を少し 控え目に 色気もちょっと おさえ目に こころの憂さに 縛られず 昔の笑顔 想い出し  世間の風に 追われても 値打ちが消えた わけじゃない 風邪ひくことの ないように 元気な声で歌ってね  あなたは まだまだ 男ざかり その気にさせたい 応援歌 あなたの背中に送ります  あなたは まだまだ 男ざかり 隠れたファンの 恋歌を あなたの背中に送ります
愛の執念おぼえていてよ ねえあなた わたしがもしも 死んだなら あなたの人生 なくなるわ わたしが愛しているかぎり わたしがおそばにいるかぎり あなたは誰をも愛せない  おぼえていてよ ねえあなた わたしが死んでも 愛だけは あなたの胸で 生きている あなたのいのちが枯れるまで 誰にもあなたを渡さない こころの妻はわたしだけ  おぼえていてよ ねえあなた わたしが死んだら その日から あなたの命に なるでしょう あなたが生きているかぎり わたしはあなたを呼ぶでしょう あの世で一緒になるまでは八代亜紀川内康範北原じゅんおぼえていてよ ねえあなた わたしがもしも 死んだなら あなたの人生 なくなるわ わたしが愛しているかぎり わたしがおそばにいるかぎり あなたは誰をも愛せない  おぼえていてよ ねえあなた わたしが死んでも 愛だけは あなたの胸で 生きている あなたのいのちが枯れるまで 誰にもあなたを渡さない こころの妻はわたしだけ  おぼえていてよ ねえあなた わたしが死んだら その日から あなたの命に なるでしょう あなたが生きているかぎり わたしはあなたを呼ぶでしょう あの世で一緒になるまでは
ほんね遊びという字が服を着て 歩いているよな人だけど おまえがいなけりゃだめなんて ツンとくるよなことも言う 帰ろかな それとも別れてしまおうか お酒のんでも酔えないし 愛想づかしも度重なれば どこかばかばかしくて 涙もでやしない  尻切れとんぼを絵にかいた あんたに泣かされつづけても こどものまんまの無邪気さに ほれて今日までついてきた 帰ろかな あんたが待ってるあの部屋に 外は秋雨しとしとと こんな夜にはひとりがつらい ドジで浮気者でも あんたのそばいい  帰ろかな お店もそろそろ終わりだし 男拾って遊ぶほど そんな勇気もあたしはないし ドジで浮気者でも あんたのそばいい あんたのそばがいい八代亜紀たかたかし杉本真人遊びという字が服を着て 歩いているよな人だけど おまえがいなけりゃだめなんて ツンとくるよなことも言う 帰ろかな それとも別れてしまおうか お酒のんでも酔えないし 愛想づかしも度重なれば どこかばかばかしくて 涙もでやしない  尻切れとんぼを絵にかいた あんたに泣かされつづけても こどものまんまの無邪気さに ほれて今日までついてきた 帰ろかな あんたが待ってるあの部屋に 外は秋雨しとしとと こんな夜にはひとりがつらい ドジで浮気者でも あんたのそばいい  帰ろかな お店もそろそろ終わりだし 男拾って遊ぶほど そんな勇気もあたしはないし ドジで浮気者でも あんたのそばいい あんたのそばがいい
デスティニーラブ ~運命の人~デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ  こんな奇跡(いたずら) 神様かしら 思いがけない 胸のざわめき 花開く予感 恋なら何度もした せつない終わりもみた ひとりが一番だと 心に決めてたのに いじわる あなた デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ  古い酒場が 似合うわふたり どこか不器用 照れた横顔 魅せられてしまう 遅れてきた愛なら 急がないで行きましょう 強がりみせてるけど ほんとは怖がりなの ときめく あなた  涙はうれしくても 溢れるのねこんなに あきらめずにいたから 未来がはじまるのね これから あなた デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ八代亜紀石原信一徳久広司デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ  こんな奇跡(いたずら) 神様かしら 思いがけない 胸のざわめき 花開く予感 恋なら何度もした せつない終わりもみた ひとりが一番だと 心に決めてたのに いじわる あなた デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ  古い酒場が 似合うわふたり どこか不器用 照れた横顔 魅せられてしまう 遅れてきた愛なら 急がないで行きましょう 強がりみせてるけど ほんとは怖がりなの ときめく あなた  涙はうれしくても 溢れるのねこんなに あきらめずにいたから 未来がはじまるのね これから あなた デスティニーラブ デスティニーラブ いまこの瞬間(とき)に めぐり逢う 運命の人よ
花水仙鉢植えの水仙を 買ったのは お風呂がえりの ゆうぐれ時です このゆかしさが おまえに似てると あなたに言われて 嬉しかった 新妻みたいに エプロンかけて あなたを世話した 愛の明け暮れ 一年のみじかいくらしを 懐しみ 水をあげてる 私です  花売りのリヤカーが 露地うらに 春を今年も はこんで来ました このアパートを 出る気はしません あなたが戻って くるかも知れない お揃いで買った コーヒーカップ 戸棚にひとつ ふせてあります 思い出が淋しい気持に変るとき なみだこぼれる 私です  一年のみじかいくらしを 懐しみ なみだこぼれる 私です八代亜紀池田充男浜圭介鉢植えの水仙を 買ったのは お風呂がえりの ゆうぐれ時です このゆかしさが おまえに似てると あなたに言われて 嬉しかった 新妻みたいに エプロンかけて あなたを世話した 愛の明け暮れ 一年のみじかいくらしを 懐しみ 水をあげてる 私です  花売りのリヤカーが 露地うらに 春を今年も はこんで来ました このアパートを 出る気はしません あなたが戻って くるかも知れない お揃いで買った コーヒーカップ 戸棚にひとつ ふせてあります 思い出が淋しい気持に変るとき なみだこぼれる 私です  一年のみじかいくらしを 懐しみ なみだこぼれる 私です
愛を信じたいきっとあなたと いつの日か めぐり逢う気がしてた 振り向いてしまうほど 近い足音  そんな奇跡を 待ちながら 歩いては来たけれど 悲しみにくれるたび 空を見上げていた  人生は捨てたものじゃない 今さら 教えられた 陽(ひ)は沈んでも 陽(ひ)はまた昇る 愛を信じたい  ずっと二人で どこまでも あてもなく 旅したら お互いのぬくもりが いつも やすらぎ  生きてゆくのは 難しい 過ちもあるけれど 無器用な私にも 時はやさしかった  遠まわりも 悪いものじゃない 誰かに 教えましょう 雨の日もある 晴れの日もある 愛があればいい  人生は捨てたものじゃない 今さら 教えられた 陽(ひ)は沈んでも 陽(ひ)はまた昇る 愛を信じたい八代亜紀秋元康中崎英也きっとあなたと いつの日か めぐり逢う気がしてた 振り向いてしまうほど 近い足音  そんな奇跡を 待ちながら 歩いては来たけれど 悲しみにくれるたび 空を見上げていた  人生は捨てたものじゃない 今さら 教えられた 陽(ひ)は沈んでも 陽(ひ)はまた昇る 愛を信じたい  ずっと二人で どこまでも あてもなく 旅したら お互いのぬくもりが いつも やすらぎ  生きてゆくのは 難しい 過ちもあるけれど 無器用な私にも 時はやさしかった  遠まわりも 悪いものじゃない 誰かに 教えましょう 雨の日もある 晴れの日もある 愛があればいい  人生は捨てたものじゃない 今さら 教えられた 陽(ひ)は沈んでも 陽(ひ)はまた昇る 愛を信じたい
海猫あんたによく似た 広い背中の 男があたいの 影をまたいでさ 潮の香りを プンとのこして 黙って 通りすぎたよ 日暮れの港は 女がひとり 淋しすぎるよね  振りむいてくれたって いいのにさ 声かけてくれたって いいのにさ つれないね うしろ姿に あんたの面影うかべる あたいは 海猫さ  あんたと暮らした 愛の古巣で 海猫みたいに 沖をながめてさ 船が着くたび あんたを探しに 今日も 飛んで来るのさ 日暮れの港は 女がひとり 可哀そうだよね  逢いに来てくれたっていいのにさ 抱きしめてくれたっていいのにさ せつないね 無情の風に 吹かれてぬくもり抱いてる あたいは 海猫さ  振りむいてくれたって いいのにさ 声かけてくれたって いいのにさ つれないね うしろ姿に あんたの面影うかべる あたいは 海猫さ八代亜紀高橋直人小林学あんたによく似た 広い背中の 男があたいの 影をまたいでさ 潮の香りを プンとのこして 黙って 通りすぎたよ 日暮れの港は 女がひとり 淋しすぎるよね  振りむいてくれたって いいのにさ 声かけてくれたって いいのにさ つれないね うしろ姿に あんたの面影うかべる あたいは 海猫さ  あんたと暮らした 愛の古巣で 海猫みたいに 沖をながめてさ 船が着くたび あんたを探しに 今日も 飛んで来るのさ 日暮れの港は 女がひとり 可哀そうだよね  逢いに来てくれたっていいのにさ 抱きしめてくれたっていいのにさ せつないね 無情の風に 吹かれてぬくもり抱いてる あたいは 海猫さ  振りむいてくれたって いいのにさ 声かけてくれたって いいのにさ つれないね うしろ姿に あんたの面影うかべる あたいは 海猫さ
石狩挽歌海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ 雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ夜通し 飯(めし)を炊く あれからニシンは どこへ行ったやら 破れた網は 問い刺し網か 今じゃ浜辺で オンボロロ オンボロボロロー 沖を通るは 笠戸丸(かさとまる) わたしゃ涙で ニシン曇りの 空を見る  燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に 海は銀色 ニシンの色よ ソーラン節に 頬そめながら わたしゃ大漁の 網を曳く あれからニシンは どこへ行ったやら オタモイ岬の ニシン御殿も 今じゃさびれて オンボロロ オンボロボロロー かわらぬものは 古代文字 わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る八代亜紀なかにし礼浜圭介海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ 雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ夜通し 飯(めし)を炊く あれからニシンは どこへ行ったやら 破れた網は 問い刺し網か 今じゃ浜辺で オンボロロ オンボロボロロー 沖を通るは 笠戸丸(かさとまる) わたしゃ涙で ニシン曇りの 空を見る  燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に 海は銀色 ニシンの色よ ソーラン節に 頬そめながら わたしゃ大漁の 網を曳く あれからニシンは どこへ行ったやら オタモイ岬の ニシン御殿も 今じゃさびれて オンボロロ オンボロボロロー かわらぬものは 古代文字 わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る
貴方につくします雨に打たれて 消えるなら 過去(むかし)の私を 流したい あげるものなど 何も無いけれど こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します  夜の化粧は していても 心は誰より 綺麗だと 泣けてくるよな やさしい言葉 こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します  熱い涙を かみしめて あなたの言葉を 待っています 何のとりえも 無いけれど こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します八代亜紀悠木圭子鈴木淳雨に打たれて 消えるなら 過去(むかし)の私を 流したい あげるものなど 何も無いけれど こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します  夜の化粧は していても 心は誰より 綺麗だと 泣けてくるよな やさしい言葉 こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します  熱い涙を かみしめて あなたの言葉を 待っています 何のとりえも 無いけれど こんな私で よかったら ああ あなた あなたひとすじ 尽します
風のブルース風が吹きぬける ピアスの傷穴(きずあな)を あなたは霧笛坂(むてきざか) シュルヒュル遠ざかる すきよすきよすきよ すきよあなた あゝもどってきてよ だめよだめよだめよ あなたなしじゃ ……生きてゆけないわ あなたに咲くため うまれたあたしを あゝゝ… 忘れて行かないで  夢が散りいそぐ やつれた指先に あなたは後も見ず シュルヒュル風になる すきよすきよすきよ すきよあなた あゝそれでもすきよ せめてせめてせめて 涙みせて ……抱いてほしかった あなたにすべてを ゆだねたあたしを あゝゝ… しないで置き去りに  すきよすきよすきよ すきよあなた あゝもどってきてよ だめよだめよだめよ あなたなしじゃ ……生きてゆけないわ あなたに咲くため うまれたあたしを あゝゝ… 忘れて行かないで八代亜紀吉田旺杉本眞人風が吹きぬける ピアスの傷穴(きずあな)を あなたは霧笛坂(むてきざか) シュルヒュル遠ざかる すきよすきよすきよ すきよあなた あゝもどってきてよ だめよだめよだめよ あなたなしじゃ ……生きてゆけないわ あなたに咲くため うまれたあたしを あゝゝ… 忘れて行かないで  夢が散りいそぐ やつれた指先に あなたは後も見ず シュルヒュル風になる すきよすきよすきよ すきよあなた あゝそれでもすきよ せめてせめてせめて 涙みせて ……抱いてほしかった あなたにすべてを ゆだねたあたしを あゝゝ… しないで置き去りに  すきよすきよすきよ すきよあなた あゝもどってきてよ だめよだめよだめよ あなたなしじゃ ……生きてゆけないわ あなたに咲くため うまれたあたしを あゝゝ… 忘れて行かないで
哀歌(エレジー)体に残る 傷でさえ 消えないことが あるとゆう まして心の 傷あとを 抱いて生きるも 女ゆえ  あきらめきれぬ 恋ゆえに 口唇かんで 身を焦がす 涙流せば 今日までの がまんがすべて 嘘になる  帰る家さえ ない鳥が 寒さこらえて 空を見る 二度と飛べない 空ならば かくしておくれ 今夜から  死ぬも生きるも 宿命なら 恨む気持ちは ないけれど せめて一夜の 情けでも あれば苦労も 耐えられる  あれば苦労も 耐えられる八代亜紀谷村新司谷村新司体に残る 傷でさえ 消えないことが あるとゆう まして心の 傷あとを 抱いて生きるも 女ゆえ  あきらめきれぬ 恋ゆえに 口唇かんで 身を焦がす 涙流せば 今日までの がまんがすべて 嘘になる  帰る家さえ ない鳥が 寒さこらえて 空を見る 二度と飛べない 空ならば かくしておくれ 今夜から  死ぬも生きるも 宿命なら 恨む気持ちは ないけれど せめて一夜の 情けでも あれば苦労も 耐えられる  あれば苦労も 耐えられる
思案橋ブルース哭いているような 長崎の街 雨に打たれて ながれた ふたつの心は かえらないかえらない 無情の雨よ ああ長崎 思案橋ブルース  呼んでくれるな 俺のなまえを もどりはしないさ 昔の 気ままなこの俺 忘れてよ忘れてよ つれない雨よ ああ長崎 思案橋ブルース  夢は捨てたのさ 今のこの俺 じっと孤独を かみしめた お前を好きだと いってみたいってみた 冷たい雨に ああ長崎 思案橋ブルース八代亜紀川原弘川原弘哭いているような 長崎の街 雨に打たれて ながれた ふたつの心は かえらないかえらない 無情の雨よ ああ長崎 思案橋ブルース  呼んでくれるな 俺のなまえを もどりはしないさ 昔の 気ままなこの俺 忘れてよ忘れてよ つれない雨よ ああ長崎 思案橋ブルース  夢は捨てたのさ 今のこの俺 じっと孤独を かみしめた お前を好きだと いってみたいってみた 冷たい雨に ああ長崎 思案橋ブルース
あなたと生きるこの指をはなしたら はぐれるようで 思わずすがる おんなのよわさ 解ってほしい あなたが生きがいよ しっかり抱きしめて せつないまでの ぬくもりを 大事にわたしは あなたと生きる  恋をしたら傷あとの ひとつやふたつ 男ですもの 誰でもあるわ ゆるせるわたし… あなたが生きがいよ 一人にさせないで 愛しています こころから ちいさな世界をあなたと生きる  幸福になれるなら 泣いてもいいの よろこぶために 涙はあると おしえてくれた… あなたが生きがいよ 灯りを消さないで 嵐のみちは 覚悟です いのちを捧げて あなたと生きる八代亜紀五島新森安俊行この指をはなしたら はぐれるようで 思わずすがる おんなのよわさ 解ってほしい あなたが生きがいよ しっかり抱きしめて せつないまでの ぬくもりを 大事にわたしは あなたと生きる  恋をしたら傷あとの ひとつやふたつ 男ですもの 誰でもあるわ ゆるせるわたし… あなたが生きがいよ 一人にさせないで 愛しています こころから ちいさな世界をあなたと生きる  幸福になれるなら 泣いてもいいの よろこぶために 涙はあると おしえてくれた… あなたが生きがいよ 灯りを消さないで 嵐のみちは 覚悟です いのちを捧げて あなたと生きる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
涙の朝星の数ほど 女はいると 私を捨てた 憎い人 泣いて泣いて 涙も涸れて 眠る私の 夢にまで あゝ あなたあなたが あなたがいるの  二度と逢うまい 逢わずにいたい 苦しいだけの 恋だから 待って待って 涙の中で 朝を迎える 悲しさは あゝ あなたあなたにゃ わかりはしない  遊び疲れて 私の胸が 欲しくなったら 帰ってね 馬鹿な馬鹿な 女でいいの 生きてゆけない 一人では あゝ あなたあなたが あなたが欲しい八代亜紀悠木圭子鈴木淳星の数ほど 女はいると 私を捨てた 憎い人 泣いて泣いて 涙も涸れて 眠る私の 夢にまで あゝ あなたあなたが あなたがいるの  二度と逢うまい 逢わずにいたい 苦しいだけの 恋だから 待って待って 涙の中で 朝を迎える 悲しさは あゝ あなたあなたにゃ わかりはしない  遊び疲れて 私の胸が 欲しくなったら 帰ってね 馬鹿な馬鹿な 女でいいの 生きてゆけない 一人では あゝ あなたあなたが あなたが欲しい
人生の贈りものここに生まれ 時をかさねて めぐり逢って 別れがあった 古い歌を 薄く流して 想い出ひとつ 手のひらで転がした  好きで好きで 抱きしめるほど つらそうな目で私を見てた 奪うことが 愛じゃないこと 時の流れに 教えられたの  生きてみなくてはわからない 流した涙の 冷たい孤独の いま悲しみの意味を知ったとき やっと言えたの ありがとう  夢は夢を裏切らない ずっと自分 信じるかぎり どうかずっと 幸せでいて 遠い涙が 輝きになる  生きてみなくてはわからない 乗り越えられない 痛みはないの つらいときほど微笑んでいたら 長い夜にも夜明けがくる  生きてみなくてはわからない 命のぬくもり 分け合えるように 誰かを愛して ただ愛してたら 泣きたいくらい ありがとう  泣きたいくらい ありがとう八代亜紀吉元由美都志見隆ここに生まれ 時をかさねて めぐり逢って 別れがあった 古い歌を 薄く流して 想い出ひとつ 手のひらで転がした  好きで好きで 抱きしめるほど つらそうな目で私を見てた 奪うことが 愛じゃないこと 時の流れに 教えられたの  生きてみなくてはわからない 流した涙の 冷たい孤独の いま悲しみの意味を知ったとき やっと言えたの ありがとう  夢は夢を裏切らない ずっと自分 信じるかぎり どうかずっと 幸せでいて 遠い涙が 輝きになる  生きてみなくてはわからない 乗り越えられない 痛みはないの つらいときほど微笑んでいたら 長い夜にも夜明けがくる  生きてみなくてはわからない 命のぬくもり 分け合えるように 誰かを愛して ただ愛してたら 泣きたいくらい ありがとう  泣きたいくらい ありがとう
あなたに逢いたいこころの海を 船がゆく 青いけむりを 曳きながら 泪という名の 港から かなしみのせた 船が出る  愛しすぎて 信じすぎて また 愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい  こころの海に 雪が降る 白い思い出 消しながら あなたと別れた あの日から ちがった女になりました 恋しすぎて つくしすぎて また愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい  愛しすぎて 信じすぎて また 愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい八代亜紀五木寛之弦哲也こころの海を 船がゆく 青いけむりを 曳きながら 泪という名の 港から かなしみのせた 船が出る  愛しすぎて 信じすぎて また 愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい  こころの海に 雪が降る 白い思い出 消しながら あなたと別れた あの日から ちがった女になりました 恋しすぎて つくしすぎて また愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい  愛しすぎて 信じすぎて また 愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい
涙の最終列車帰らないでと すがって泣けば あなたはこのまま いてくれますか 窓の硝子を 叩いても おんなごころが 届かない わたしも行きたい・・・・・・・・ 別れのベルが鳴る 最終列車  顔をかくした コートの襟に 霧が降ります プラットホーム くちの動きで 解るから 言って下さい ねえあなた 愛しているよと・・・・・・・ ふたりを引き離す 最終列車  赤いランプが 螢のように 揺れて流れて 未練がのこる いのち燃やした 恋だもの 信じたいのよ いつまでも あなたを待ちます・・・・・・・ 夜霧に消えてゆく 最終列車八代亜紀池田充男野崎真一帰らないでと すがって泣けば あなたはこのまま いてくれますか 窓の硝子を 叩いても おんなごころが 届かない わたしも行きたい・・・・・・・・ 別れのベルが鳴る 最終列車  顔をかくした コートの襟に 霧が降ります プラットホーム くちの動きで 解るから 言って下さい ねえあなた 愛しているよと・・・・・・・ ふたりを引き離す 最終列車  赤いランプが 螢のように 揺れて流れて 未練がのこる いのち燃やした 恋だもの 信じたいのよ いつまでも あなたを待ちます・・・・・・・ 夜霧に消えてゆく 最終列車
不知火情話不知火(しらぬい)ともしに 帰らんね 死んでもよかよ 今でもあんた 生まれ火の国 女は熱か 心は他人(だれ)にも 許してないの 「あんた 逢いたか…」 乳房(むね)の芯まで 乳房(むね)の芯まで ああ…逢いたかね  不知火(しらぬい)ゆらして 飲みたかね 嘘でもよかよ もう一度あんた 惚れてこぼした 女の涙 球磨川(かわ)に流して あしたに生きる 「あんた 切なか…」 酔えば今でも 酔えば今でも ああ…切なかね  不知火(しらぬい)枕に 眠らんね 夢でもよかよ 隣りであんた 抱けば昔に 女はもどる 右手の匂いも 忘れてないの 「あんた 淋しか…」 小指(ゆび)の先まで 小指(ゆび)の先まで ああ…淋しかね八代亜紀荒木とよひさ岡千秋不知火(しらぬい)ともしに 帰らんね 死んでもよかよ 今でもあんた 生まれ火の国 女は熱か 心は他人(だれ)にも 許してないの 「あんた 逢いたか…」 乳房(むね)の芯まで 乳房(むね)の芯まで ああ…逢いたかね  不知火(しらぬい)ゆらして 飲みたかね 嘘でもよかよ もう一度あんた 惚れてこぼした 女の涙 球磨川(かわ)に流して あしたに生きる 「あんた 切なか…」 酔えば今でも 酔えば今でも ああ…切なかね  不知火(しらぬい)枕に 眠らんね 夢でもよかよ 隣りであんた 抱けば昔に 女はもどる 右手の匂いも 忘れてないの 「あんた 淋しか…」 小指(ゆび)の先まで 小指(ゆび)の先まで ああ…淋しかね
あかんたれ天神囃子 ききながら 夢を結んだ 宿灯り あんた忘れて しもたんか あかんたれ あかんたれ 去るもの追わずと いいながら 涙で酒割る 大阪育ち  幸せなんか 願ごてない 死ぬも生きるも 二人づれ あんた忘れて しもたんか あかんたれ あかんたれ 夜汽車はいまごろ どのあたり 未練はないのか 大阪暮し  謗られたって このオレは 構うもんかと いうたはず あんた忘れて しもたんか あかんたれ あかんたれ わりない仲でも 泣きをみる 義理には勝てない 大阪かたぎ八代亜紀もず唱平弦哲也天神囃子 ききながら 夢を結んだ 宿灯り あんた忘れて しもたんか あかんたれ あかんたれ 去るもの追わずと いいながら 涙で酒割る 大阪育ち  幸せなんか 願ごてない 死ぬも生きるも 二人づれ あんた忘れて しもたんか あかんたれ あかんたれ 夜汽車はいまごろ どのあたり 未練はないのか 大阪暮し  謗られたって このオレは 構うもんかと いうたはず あんた忘れて しもたんか あかんたれ あかんたれ わりない仲でも 泣きをみる 義理には勝てない 大阪かたぎ
おんなの涙こんな哀しい 女の涙 知っているのか 夜の雨 死ぬ程惚れて 捨てられて 憎む事さえ 出来ない私 今夜も冷たい 雨に泣く  どんな花でも 一度は咲いて 夢をみてから 散るものを あなたの重荷に なるのなら 日蔭の花でも よかった私 あゝ想い出が泣く 雨が降る  夜更けてひとり 未練の涙 いつしか覚えた 夜の酒 この世でも一度 逢えるまで 死ぬ事さえも 出来ない私 今夜も溺れて 雨に泣く八代亜紀悠木圭子鈴木淳こんな哀しい 女の涙 知っているのか 夜の雨 死ぬ程惚れて 捨てられて 憎む事さえ 出来ない私 今夜も冷たい 雨に泣く  どんな花でも 一度は咲いて 夢をみてから 散るものを あなたの重荷に なるのなら 日蔭の花でも よかった私 あゝ想い出が泣く 雨が降る  夜更けてひとり 未練の涙 いつしか覚えた 夜の酒 この世でも一度 逢えるまで 死ぬ事さえも 出来ない私 今夜も溺れて 雨に泣く
ふたりづれきれいな瞳をした おまえが好きと 貴方はやさしく 抱きしめてくれた ふたりの人生 いばら道 歩きつかれて 傷ついて あなたなら あなたなら たとえ死んでも いい私  誰にも言えない かなしい過去を うち明け合って あなたと泣いた ふたりの両手に 余るほど 夢がほしくは ないのです ひとなみに ひとなみに 甘い幸福 掴みたい  私のいのちは ちいさいけれど 貴方のささえに なれたらいいの ふたりで点灯(とも)した 真実の 愛をいとしく 温めて あなたなら あなたなら 指を離さず ついてゆく八代亜紀池田充男伊藤雪彦きれいな瞳をした おまえが好きと 貴方はやさしく 抱きしめてくれた ふたりの人生 いばら道 歩きつかれて 傷ついて あなたなら あなたなら たとえ死んでも いい私  誰にも言えない かなしい過去を うち明け合って あなたと泣いた ふたりの両手に 余るほど 夢がほしくは ないのです ひとなみに ひとなみに 甘い幸福 掴みたい  私のいのちは ちいさいけれど 貴方のささえに なれたらいいの ふたりで点灯(とも)した 真実の 愛をいとしく 温めて あなたなら あなたなら 指を離さず ついてゆく
女だからお前の為なら この命 惜しくはないよと 云うあなた 弱い女の 古傷も 愛して呉れると 云うのなら あなたの情に すがろうか 恋に傷つき 流されて 男の心が わからない  今度こそはと 夢をみて 溺れてゆくのが こわいから やさしい言葉は かけないで 熱い涙が 流れても 心は燃えない 冷えてゆく 男になんかと 云いながら 尽くして捨てられ 又すがる やっぱり 私も 女だから 八代亜紀悠木圭子鈴木淳お前の為なら この命 惜しくはないよと 云うあなた 弱い女の 古傷も 愛して呉れると 云うのなら あなたの情に すがろうか 恋に傷つき 流されて 男の心が わからない  今度こそはと 夢をみて 溺れてゆくのが こわいから やさしい言葉は かけないで 熱い涙が 流れても 心は燃えない 冷えてゆく 男になんかと 云いながら 尽くして捨てられ 又すがる やっぱり 私も 女だから 
純情カプチーノ待たせてごめんと手をあわせ あなたはいつでもカプチーノ あの日のまんまのテーブルに 夢が残ってる  恋に堕ちていると気づいた 雨にぬれた舗道歩きながら… だけどなぜか結ばれなかった 純情すぎたあの青春に ちょっと悔いあり  右手を差しだし元気か?と オーダーしたのはカプチーノ 窓辺の枯葉が歌うから 過去が踊りだす  逢わなくなり色々あった 迷いながら生きてきたんだけど… 急に笑顔みたくなったのよ 純情すぎたあの青春に ちょっと悔いあり  恋に堕ちていると気づいた 雨にぬれた舗道歩きながら… だけどなぜか結ばれなかった 純情すぎたあの青春に ちょっと悔いあり八代亜紀岡田冨美子徳久広司待たせてごめんと手をあわせ あなたはいつでもカプチーノ あの日のまんまのテーブルに 夢が残ってる  恋に堕ちていると気づいた 雨にぬれた舗道歩きながら… だけどなぜか結ばれなかった 純情すぎたあの青春に ちょっと悔いあり  右手を差しだし元気か?と オーダーしたのはカプチーノ 窓辺の枯葉が歌うから 過去が踊りだす  逢わなくなり色々あった 迷いながら生きてきたんだけど… 急に笑顔みたくなったのよ 純情すぎたあの青春に ちょっと悔いあり  恋に堕ちていると気づいた 雨にぬれた舗道歩きながら… だけどなぜか結ばれなかった 純情すぎたあの青春に ちょっと悔いあり
恋瀬川あなたと私の さだめの川は 情通わす 舟がない 呼んで下さい ねえ あなた 向こう岸 ついてくるなと 云わないで 離れたくない 恋瀬川  おまえの倖せ 祈っていると 悲しい言葉は 聞こえない 受けて下さい ねえ あなた その胸に 消えてゆきそな この命 流れたくない 恋瀬川  川面にゆれる 螢火ひとつ おんなの涙を 照らすのね 抱いて下さい ねえ あなた もう一度 俺をすてろと 云わないで ついて行(ゆ)きたい 恋瀬川八代亜紀秋野めぐみ竹田賢あなたと私の さだめの川は 情通わす 舟がない 呼んで下さい ねえ あなた 向こう岸 ついてくるなと 云わないで 離れたくない 恋瀬川  おまえの倖せ 祈っていると 悲しい言葉は 聞こえない 受けて下さい ねえ あなた その胸に 消えてゆきそな この命 流れたくない 恋瀬川  川面にゆれる 螢火ひとつ おんなの涙を 照らすのね 抱いて下さい ねえ あなた もう一度 俺をすてろと 云わないで ついて行(ゆ)きたい 恋瀬川
愛の条件ふりむけば どこかに おぼろな影がある 女ですもの 恋もしました 迷いもしたわ そんな昔があったとしても あなたへの愛が 変わるわけじゃない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのち真実 抱きしめて ほしい  ふりむけば あなたも 見せない影がある 男ですもの 誰かのために 生きもしたでしょ そんな昔が あったとしても わたしへの愛が 消えるわけじゃない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのちしっかり 抱きしめて ほしい  ふりむけば あなたの 嫌いな影がある 女ですもの 理想の人を 探しそこねた そんな昔が あったとしても あなたへの愛が 汚れはしない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのちぎりぎり 抱きしめて ほしい八代亜紀川内康範北原じゅんふりむけば どこかに おぼろな影がある 女ですもの 恋もしました 迷いもしたわ そんな昔があったとしても あなたへの愛が 変わるわけじゃない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのち真実 抱きしめて ほしい  ふりむけば あなたも 見せない影がある 男ですもの 誰かのために 生きもしたでしょ そんな昔が あったとしても わたしへの愛が 消えるわけじゃない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのちしっかり 抱きしめて ほしい  ふりむけば あなたの 嫌いな影がある 女ですもの 理想の人を 探しそこねた そんな昔が あったとしても あなたへの愛が 汚れはしない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのちぎりぎり 抱きしめて ほしい
日本海雨降りだらけの映画のように すべてがぼやけて行くのです 窓の右手に日本海 海は灰色 雨まじり あなたとくらした青山裏の 部屋に小鳥をおいてます 窓の右手に日本海 荒れた舟小屋 岩のかげ  すべてが子供の遊びと知って 心がつめたくなるのです 窓の右手に日本海 岬はずれの浮灯台(うきとうだい) 煙草をはさんだマニキュアの指 他人のものかと思えます 窓の右手に日本海 浜で凪待つ舟二つ  出雲の神さま 呼んでるような ポスター見つめて泣いてます 窓の右手に日本海 松がやせてる岩の上 温泉あたりで のんびりしたら 手紙を書く気も起こります 窓の右手に日本海 屋根のかわらが変ります八代亜紀阿久悠大野克夫雨降りだらけの映画のように すべてがぼやけて行くのです 窓の右手に日本海 海は灰色 雨まじり あなたとくらした青山裏の 部屋に小鳥をおいてます 窓の右手に日本海 荒れた舟小屋 岩のかげ  すべてが子供の遊びと知って 心がつめたくなるのです 窓の右手に日本海 岬はずれの浮灯台(うきとうだい) 煙草をはさんだマニキュアの指 他人のものかと思えます 窓の右手に日本海 浜で凪待つ舟二つ  出雲の神さま 呼んでるような ポスター見つめて泣いてます 窓の右手に日本海 松がやせてる岩の上 温泉あたりで のんびりしたら 手紙を書く気も起こります 窓の右手に日本海 屋根のかわらが変ります
女ごころなんで私を 女になんか 生んでくれたの お母さん 男ごころを 知りたさに 嘘やお世辞も 嘘やお世辞も 身につけた  瞼 閉じれば 見えてた人が 瞼開ければ 何故消える 逢えば別れが 来ることを 誰が決めたの 誰が決めたの 守ったの  訳があるなら 教えてほしい 訳がないなら 戻ってと 胸のあたりで 合わす手に 宿る倖せ 宿る倖せ 何故薄い  川を流れる 木の葉でさえも 指を差し出す 人はいる 知らぬ誰かに 身をまかせ 眠りたくなる 眠りたくなる 夜もある八代亜紀千家和也鈴木淳なんで私を 女になんか 生んでくれたの お母さん 男ごころを 知りたさに 嘘やお世辞も 嘘やお世辞も 身につけた  瞼 閉じれば 見えてた人が 瞼開ければ 何故消える 逢えば別れが 来ることを 誰が決めたの 誰が決めたの 守ったの  訳があるなら 教えてほしい 訳がないなら 戻ってと 胸のあたりで 合わす手に 宿る倖せ 宿る倖せ 何故薄い  川を流れる 木の葉でさえも 指を差し出す 人はいる 知らぬ誰かに 身をまかせ 眠りたくなる 眠りたくなる 夜もある
女の街角女の夢は 捨てたけど この恋だけは 離せない 涙 ぼろぼろ 夜の街 あなたに逢えぬ 苦しさに 心は乱れて 酔いしれる  やっと二人が 逢えたのに 今日も人の眼 避けながら 涙 ぼろぼろ 夜の街 泣いて別れを 云うけれど 逢わなきゃ想いが 又つのる  なんで世間は 女だけ 冷たい目をして 指をさす 涙 ぼろぼろ 夜の街 これが二人の 宿命なら 落ちてゆきます 何処までも八代亜紀悠木圭子鈴木淳女の夢は 捨てたけど この恋だけは 離せない 涙 ぼろぼろ 夜の街 あなたに逢えぬ 苦しさに 心は乱れて 酔いしれる  やっと二人が 逢えたのに 今日も人の眼 避けながら 涙 ぼろぼろ 夜の街 泣いて別れを 云うけれど 逢わなきゃ想いが 又つのる  なんで世間は 女だけ 冷たい目をして 指をさす 涙 ぼろぼろ 夜の街 これが二人の 宿命なら 落ちてゆきます 何処までも
一枚のLP盤(レコード)今は動かない 色あせ古びた蓄音機 子供の頃に父さんが 聴いてたアメリカの歌 あれは夕顔が いっぱい咲いてた縁側で 流れる英語真似をして 幼心に憧れた いまでは遠くの雲の上 夢では時々会えるけど 何歳(いくつ)になっても あの日の わたしはあなたの娘(こども)です 「倖せですよ…」 歌手(うた)を選んで 叱られ背(そむ)きも したけれど 「聴こえますか…」「聴こえますか…」 父さんゆずりの わたしの声が  たった一枚の 埃をかぶったLP盤(レコード)に 心の針を落としたら 聴こえる思い出の歌 あれは夕暮れの 夜行列車の車窓(まど)の外 手を振りながら父さんの 泣いてた姿忘れない いまでも生きててくれたなら ふたりで旅行も出来るのに ごめんなさいね それでも わたしはあなたの娘(こども)です 「倖せですよ…」 いまの人生 淋しい思いも させたけど 「聴こえますか…」「聴こえますか…」 父さんゆずりの わたしの声が  「倖せですよ…」 歌手(うた)を選んで 叱られ背(そむ)きも したけれど 「聴こえますか…」「聴こえますか…」 父さんゆずりの わたしの声が八代亜紀荒木とよひさ杉本眞人今は動かない 色あせ古びた蓄音機 子供の頃に父さんが 聴いてたアメリカの歌 あれは夕顔が いっぱい咲いてた縁側で 流れる英語真似をして 幼心に憧れた いまでは遠くの雲の上 夢では時々会えるけど 何歳(いくつ)になっても あの日の わたしはあなたの娘(こども)です 「倖せですよ…」 歌手(うた)を選んで 叱られ背(そむ)きも したけれど 「聴こえますか…」「聴こえますか…」 父さんゆずりの わたしの声が  たった一枚の 埃をかぶったLP盤(レコード)に 心の針を落としたら 聴こえる思い出の歌 あれは夕暮れの 夜行列車の車窓(まど)の外 手を振りながら父さんの 泣いてた姿忘れない いまでも生きててくれたなら ふたりで旅行も出来るのに ごめんなさいね それでも わたしはあなたの娘(こども)です 「倖せですよ…」 いまの人生 淋しい思いも させたけど 「聴こえますか…」「聴こえますか…」 父さんゆずりの わたしの声が  「倖せですよ…」 歌手(うた)を選んで 叱られ背(そむ)きも したけれど 「聴こえますか…」「聴こえますか…」 父さんゆずりの わたしの声が
カラス恋し恋しと羽を噛み 夜明けの晩に啼くカラス わたしゃ素肌に赤襦袢(あかじゅばん) ふとんをかぶって枕抱く  逃げるあんたは夢ん中 両手を延ばしてまぼろし掴む ここじゃ男は盆暮れに 御神酒飲みほし女を替える  つらい想いに身を焼いて あんたの空を飛ぶカラス 冷えた背中を丸めても 過ぎたぬくもり戻りゃせぬ  今夜あんたは誰の家 憎さがあまれば欲しさに変わる あの日むつんでされっきり 女所帯にゃ酔う酒もない  逃げるあんたは夢ん中 両手を延ばしてまぼろし掴む ここじゃ男は盆暮れに 御神酒飲みほし女を替える八代亜紀岡田冨美子浜圭介恋し恋しと羽を噛み 夜明けの晩に啼くカラス わたしゃ素肌に赤襦袢(あかじゅばん) ふとんをかぶって枕抱く  逃げるあんたは夢ん中 両手を延ばしてまぼろし掴む ここじゃ男は盆暮れに 御神酒飲みほし女を替える  つらい想いに身を焼いて あんたの空を飛ぶカラス 冷えた背中を丸めても 過ぎたぬくもり戻りゃせぬ  今夜あんたは誰の家 憎さがあまれば欲しさに変わる あの日むつんでされっきり 女所帯にゃ酔う酒もない  逃げるあんたは夢ん中 両手を延ばしてまぼろし掴む ここじゃ男は盆暮れに 御神酒飲みほし女を替える
追憶の面影橋(セリフ) やさしい人と 暮らしています 遠いあなたの知らない街で  あなたと暮らした あの頃は ふたり貧しい 学生でした 六畳一間の アパートに 若さと夢が 暮らしてました  あなたのジーパン 掛けるたび いつでも小銭が パラパラ落ちた ちいさな幸せ 拾うよに あなたにそっと 返してました  面影橋の 都電の音が 今も時々 聞こえて来ます 青春という名の チンチン電車 今も心に 走って来ます  お酒を飲んでは ケンカする あなたを心配 したものでした 汚れて破れた セーターを 繕う時が やすらぎでした  バイトでお金が 入るたび ゼイタクカステラふたりで買った あなたと暮らせる そのことが わたしにとって ゼイタクでした  やさしい人と 暮らしています どこかあなたに 似ている人と 思い出という名の チンチン電車 今も心に 走っています 思い出という名の チンチン電車 今も心に 走っています八代亜紀喜多條忠鈴木淳(セリフ) やさしい人と 暮らしています 遠いあなたの知らない街で  あなたと暮らした あの頃は ふたり貧しい 学生でした 六畳一間の アパートに 若さと夢が 暮らしてました  あなたのジーパン 掛けるたび いつでも小銭が パラパラ落ちた ちいさな幸せ 拾うよに あなたにそっと 返してました  面影橋の 都電の音が 今も時々 聞こえて来ます 青春という名の チンチン電車 今も心に 走って来ます  お酒を飲んでは ケンカする あなたを心配 したものでした 汚れて破れた セーターを 繕う時が やすらぎでした  バイトでお金が 入るたび ゼイタクカステラふたりで買った あなたと暮らせる そのことが わたしにとって ゼイタクでした  やさしい人と 暮らしています どこかあなたに 似ている人と 思い出という名の チンチン電車 今も心に 走っています 思い出という名の チンチン電車 今も心に 走っています
港町絶唱こんな私も 春には都会で 笑いころげて くらしてた せまい部屋でも 小鳥を飼って 好きな男に もたれてた 北国行きの 列車に乗って 流れる景色に 泣いたのは 夏から 秋の境い目で すべてがかげる頃のこと ああ 海峡に 日が落ちる  そして私は 無口になって 波の音きき 生きている 鴎ばかりが にぎわう海を 日がな一日 見つめてる 落ち着き場所も まだ決めかねて 荷物もとかずに 部屋の隅 秋から冬へ 日が移り 死にたくなれば それもよい ああ 海峡に 雪が舞う  浮灯台が 身をもみながら 港のはずれに かすむのは 冬から春へとかけ足で 女の胸も とける頃 ああ 海峡に 風が吹く八代亜紀阿久悠浜圭介こんな私も 春には都会で 笑いころげて くらしてた せまい部屋でも 小鳥を飼って 好きな男に もたれてた 北国行きの 列車に乗って 流れる景色に 泣いたのは 夏から 秋の境い目で すべてがかげる頃のこと ああ 海峡に 日が落ちる  そして私は 無口になって 波の音きき 生きている 鴎ばかりが にぎわう海を 日がな一日 見つめてる 落ち着き場所も まだ決めかねて 荷物もとかずに 部屋の隅 秋から冬へ 日が移り 死にたくなれば それもよい ああ 海峡に 雪が舞う  浮灯台が 身をもみながら 港のはずれに かすむのは 冬から春へとかけ足で 女の胸も とける頃 ああ 海峡に 風が吹く
竜二あいつと冬には 別れてみせる お酒を飲んで 賭けてたと 竜二…… 冗談だよね 竜二 窓を氷雨が たたく 冷めたくしても かまわない あなたがそばにいるだけで 眠れるわ 好きだもん アア 好きだもん 好きだもん 好きだもん 竜二……… 竜二  捜せばみじめに なるだけだから 淋しくたって 部屋にいる 竜二…… 指輪をくれた 竜二 ガラス玉でも いいの 飾りじゃないわ しあわせは 愛してくれたあの夜を 信じてる 棄てないで アア 棄てないで 棄てないで 棄てないで 竜二……… 竜二  きっとふらりと 帰る 氷雨が雪に 変っても ままごとみたい二人して 暮らそうね 好きだもん アア 好きだもん 好きだもん 好きだもん 竜二……… 竜二八代亜紀吉岡治三木たかしあいつと冬には 別れてみせる お酒を飲んで 賭けてたと 竜二…… 冗談だよね 竜二 窓を氷雨が たたく 冷めたくしても かまわない あなたがそばにいるだけで 眠れるわ 好きだもん アア 好きだもん 好きだもん 好きだもん 竜二……… 竜二  捜せばみじめに なるだけだから 淋しくたって 部屋にいる 竜二…… 指輪をくれた 竜二 ガラス玉でも いいの 飾りじゃないわ しあわせは 愛してくれたあの夜を 信じてる 棄てないで アア 棄てないで 棄てないで 棄てないで 竜二……… 竜二  きっとふらりと 帰る 氷雨が雪に 変っても ままごとみたい二人して 暮らそうね 好きだもん アア 好きだもん 好きだもん 好きだもん 竜二……… 竜二
鰻谷あんたはあほや 夢ばっかり見てほんまにあほや 人の話も聞かんと わがまま言うばかり あんたはあほや さみしがり屋で女好きで どうせ私はあんたの ただの気まぐれや  そうや分かってるんや 分かってるんやけど どうにもならへんねん  鰻谷から難波まで あんたのこと考えて歩いた 通りすがりに声かけられた あんたなんかもう知らん  あんたはあほや 子供なんやからほんまにあほや 夢が叶いそうになると 壊してしまうんや あんたはあほや 涙もろくて気が優しくて 今夜(きょう)もどこかの片隅で 酔いつぶれてるでしょう  でもね一途なとこが いいとこなんや しょうがない人やけど  鰻谷から難波まで 人の流れに逆らって歩いた こんなにたくさんの男(ひと)がいるのに なんであんたなんやろね  やっぱりあんたはあんたらしく そのままで生きたらいいわ そんなあんたをお月さんみたいに 遠くでそっと見ていてあげよう 鰻谷から難波まで… 鰻谷から難波まで… あんたなんかもう知らん八代亜紀河島英五河島英五あんたはあほや 夢ばっかり見てほんまにあほや 人の話も聞かんと わがまま言うばかり あんたはあほや さみしがり屋で女好きで どうせ私はあんたの ただの気まぐれや  そうや分かってるんや 分かってるんやけど どうにもならへんねん  鰻谷から難波まで あんたのこと考えて歩いた 通りすがりに声かけられた あんたなんかもう知らん  あんたはあほや 子供なんやからほんまにあほや 夢が叶いそうになると 壊してしまうんや あんたはあほや 涙もろくて気が優しくて 今夜(きょう)もどこかの片隅で 酔いつぶれてるでしょう  でもね一途なとこが いいとこなんや しょうがない人やけど  鰻谷から難波まで 人の流れに逆らって歩いた こんなにたくさんの男(ひと)がいるのに なんであんたなんやろね  やっぱりあんたはあんたらしく そのままで生きたらいいわ そんなあんたをお月さんみたいに 遠くでそっと見ていてあげよう 鰻谷から難波まで… 鰻谷から難波まで… あんたなんかもう知らん
これからがある傷ついた志 ほこり塗(まみ)れの青春よ 来し方悲しくて 注ぐ酒に涙が落ちる 君よ 満天の星空に北斗を探せ これからがまだまだ これからがまだまだ これからがある  あのひとはいま何処 熱き想いは冷めやらず 佇む岸辺から 舟(ふな)出せよ 悲しみ捨てに 君よ 勇気出し もう一度波濤を越えろ これからがまだまだ これからがまだまだ これからがある  病葉(わくらば)は風に散り 語ることなく鳥が発つ ものみな冬を耐え 春を待つ 心を開く 君よ いま暫し我が街に止(とど)まらないか これからがまだまだ これからがまだまだ これからがある八代亜紀もず唱平伊藤雪彦傷ついた志 ほこり塗(まみ)れの青春よ 来し方悲しくて 注ぐ酒に涙が落ちる 君よ 満天の星空に北斗を探せ これからがまだまだ これからがまだまだ これからがある  あのひとはいま何処 熱き想いは冷めやらず 佇む岸辺から 舟(ふな)出せよ 悲しみ捨てに 君よ 勇気出し もう一度波濤を越えろ これからがまだまだ これからがまだまだ これからがある  病葉(わくらば)は風に散り 語ることなく鳥が発つ ものみな冬を耐え 春を待つ 心を開く 君よ いま暫し我が街に止(とど)まらないか これからがまだまだ これからがまだまだ これからがある
不知火酒ふらり降りて 枕木踏めば 波は銀色 海鳥(かもめ)が騒ぐ 赤い線路(レール)に 夕陽が落ちりゃ 有明海(うみ)には不知火 灯りが揺れる  愛しいあの娘(こ)は 泣いてるだろなぁ 今夜は火の酒 恋の酒 酔いなっせ 酔いなっせ 「飲まんね…」男は茶わん酒  ぐらり酔えば ちぎれる汽笛 酒の肴(つまみ)は 高菜でよかよ 親父薩摩で おふくろ肥後よ 右手で八合 情けで二合 今でもあの娘は 待ってるだろなぁ 今夜は火の酒 恋の酒 武者んよか武者んよか 「飲まんね…」 男は茶わん酒  愛しいあの娘(こ)は 泣いてるだろなぁ 今夜は火の酒 恋の酒 酔いなっせ 酔いなっせ 「飲まんね…」男は茶わん酒八代亜紀荒木とよひさ聖川湧ふらり降りて 枕木踏めば 波は銀色 海鳥(かもめ)が騒ぐ 赤い線路(レール)に 夕陽が落ちりゃ 有明海(うみ)には不知火 灯りが揺れる  愛しいあの娘(こ)は 泣いてるだろなぁ 今夜は火の酒 恋の酒 酔いなっせ 酔いなっせ 「飲まんね…」男は茶わん酒  ぐらり酔えば ちぎれる汽笛 酒の肴(つまみ)は 高菜でよかよ 親父薩摩で おふくろ肥後よ 右手で八合 情けで二合 今でもあの娘は 待ってるだろなぁ 今夜は火の酒 恋の酒 武者んよか武者んよか 「飲まんね…」 男は茶わん酒  愛しいあの娘(こ)は 泣いてるだろなぁ 今夜は火の酒 恋の酒 酔いなっせ 酔いなっせ 「飲まんね…」男は茶わん酒
新宿なみだ町酒よ 酒よ 酒よあんたが 男なら あたしを あたしを 捨てないわ 嘘とわかって また惚れて また惚れて 夢につまづく 赤い靴 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町  雨が 雨が 雨が別れの 未練なら このまま このまま 行かないで ひとり想い出 探しても 探しても 虹も見えない 雨やどり 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町  夢の 夢の 夢の続きが あるのなら 何処かへ 何処かへ 連れてって そんな倖せ 落ちてれば 落ちてれば 生れ変って 薄化粧 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町八代亜紀荒木とよひさ鈴木淳酒よ 酒よ 酒よあんたが 男なら あたしを あたしを 捨てないわ 嘘とわかって また惚れて また惚れて 夢につまづく 赤い靴 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町  雨が 雨が 雨が別れの 未練なら このまま このまま 行かないで ひとり想い出 探しても 探しても 虹も見えない 雨やどり 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町  夢の 夢の 夢の続きが あるのなら 何処かへ 何処かへ 連れてって そんな倖せ 落ちてれば 落ちてれば 生れ変って 薄化粧 泣くな新宿 泣くな新宿 新宿なみだ町
なみだ川好きで別れた 人だから 忘れられない 憎めない 夜のすすきの なみだ川 酒よ お前のせいじゃない 馬鹿ね 馬鹿ね 惚れてひとすじ 愛のなみだ川  泣いた数より ぬくもりを 想い出しては 爪をかむ 雨のすすきの ネオン花 酒よ お前も話してよ いいさ いいさ 惚れてひとすじ 愛のなみだ川  これで最後と つくしても いつも幸福 背をむける 北のすすきの 流れ町 酒よ お前を道づれに いまも いまも 惚れてひとすじ 愛のなみだ川八代亜紀荒木とよひさ三木たかし好きで別れた 人だから 忘れられない 憎めない 夜のすすきの なみだ川 酒よ お前のせいじゃない 馬鹿ね 馬鹿ね 惚れてひとすじ 愛のなみだ川  泣いた数より ぬくもりを 想い出しては 爪をかむ 雨のすすきの ネオン花 酒よ お前も話してよ いいさ いいさ 惚れてひとすじ 愛のなみだ川  これで最後と つくしても いつも幸福 背をむける 北のすすきの 流れ町 酒よ お前を道づれに いまも いまも 惚れてひとすじ 愛のなみだ川
うしろ影幸せはいらないあなたがほしい わるい男とわかればなおさらほしい あついお酒と優しい唄で 死んでゆく恋抱いてます 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影  いちまいの枯葉ねわたしのことは 女ごころ炎やして尽くしてみても うすい情けの衿まきだけじゃ 肩が寂しい冬の窓 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影  流れ星見つけて願いをかけて せめて一夜だけでも一緒にいたい あまい地獄につき落とされて 情のない夢追いかける 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影 八代亜紀山口洋子北原じゅん幸せはいらないあなたがほしい わるい男とわかればなおさらほしい あついお酒と優しい唄で 死んでゆく恋抱いてます 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影  いちまいの枯葉ねわたしのことは 女ごころ炎やして尽くしてみても うすい情けの衿まきだけじゃ 肩が寂しい冬の窓 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影  流れ星見つけて願いをかけて せめて一夜だけでも一緒にいたい あまい地獄につき落とされて 情のない夢追いかける 許せないけど泣けてくる泣けてくる 逃げたうしろ影 
おのれ道泣き声あげて ひとは皆 生まれるの  この世で背負う 幾重の悲しみや 心の痛み 辛いから  一人で震える日には 私の両手が 薪(たきぎ)になるわ  険し山は おのれ道 ふりかえらずに進め  答え探しの ひとは皆 旅をする  時には荒れて まわりを困らせる 時には嘆き 身をなじる  一人を恐れる日には 私の人生 少し分けるわ  シケる海は おのれ道 流されないで進め  誰かを思い 尽くせる幸せを あなたのために 注ぎたい  嵐に真っ向勝負 やさしい光が その先待つわ  咲かす夢は おのれ道 立ち止まらずに進め八代亜紀渡邊智央一色真実泣き声あげて ひとは皆 生まれるの  この世で背負う 幾重の悲しみや 心の痛み 辛いから  一人で震える日には 私の両手が 薪(たきぎ)になるわ  険し山は おのれ道 ふりかえらずに進め  答え探しの ひとは皆 旅をする  時には荒れて まわりを困らせる 時には嘆き 身をなじる  一人を恐れる日には 私の人生 少し分けるわ  シケる海は おのれ道 流されないで進め  誰かを思い 尽くせる幸せを あなたのために 注ぎたい  嵐に真っ向勝負 やさしい光が その先待つわ  咲かす夢は おのれ道 立ち止まらずに進め
残心あなたを 愛してはいるの 気持ちは まだ残っているの でもこのあたりで 去ってゆくわ あなたがはっきりしないから  これまでひたすら 待ってきたけど かぎりなく 待つわけにいかないの わたしも わたしが大事なの  あなたを 恨んではないわ 心は まだ揺れているのよ でもこのあたりで 終わりにしましょう あなたの優しさわかるけど  女が待つにもかぎりがあるの はてしなく 愛にとどまれないの わたしも わたしが大事なの  迷っているのは わかっているの 心より 体は忘れないわ わたしも わたしが大事なの わたしも わたしが大事なの八代亜紀渡辺淳一浜圭介あなたを 愛してはいるの 気持ちは まだ残っているの でもこのあたりで 去ってゆくわ あなたがはっきりしないから  これまでひたすら 待ってきたけど かぎりなく 待つわけにいかないの わたしも わたしが大事なの  あなたを 恨んではないわ 心は まだ揺れているのよ でもこのあたりで 終わりにしましょう あなたの優しさわかるけど  女が待つにもかぎりがあるの はてしなく 愛にとどまれないの わたしも わたしが大事なの  迷っているのは わかっているの 心より 体は忘れないわ わたしも わたしが大事なの わたしも わたしが大事なの
とおりゃんせとおりゃんせ とおりゃんせ 此処はどんな おんな道 右を歩けば 情道 左を歩けば 棘道 ゆらり ゆら ゆらり 女の心は 七変化(ななへんげ) ゆらり ゆら ゆらり 渡る世間は 男次第 紅蓮の炎に 身を焦がし 生きて行くのか おんな道  とおりゃんせ とおりゃんせ 何処へ続く 迷い道 ひとつ狂えば 行き止まり 迷い続けて 戻れない くるり くる くるり 女の命は 万華鏡 くるり くる くるり 恋の筋書き 男次第 廻り舞台に 身をゆだね 生きて行くのか おんな道  ゆらり ゆら ゆらり 女の心は 七変化(ななへんげ) ゆらり ゆら ゆらり 渡る世間は 男次第 紅蓮の炎に 身を焦がし 生きて行くのか おんな道八代亜紀悠木圭子鈴木淳とおりゃんせ とおりゃんせ 此処はどんな おんな道 右を歩けば 情道 左を歩けば 棘道 ゆらり ゆら ゆらり 女の心は 七変化(ななへんげ) ゆらり ゆら ゆらり 渡る世間は 男次第 紅蓮の炎に 身を焦がし 生きて行くのか おんな道  とおりゃんせ とおりゃんせ 何処へ続く 迷い道 ひとつ狂えば 行き止まり 迷い続けて 戻れない くるり くる くるり 女の命は 万華鏡 くるり くる くるり 恋の筋書き 男次第 廻り舞台に 身をゆだね 生きて行くのか おんな道  ゆらり ゆら ゆらり 女の心は 七変化(ななへんげ) ゆらり ゆら ゆらり 渡る世間は 男次第 紅蓮の炎に 身を焦がし 生きて行くのか おんな道
ひとり酒場でひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ グラスにも 浮かぶいとしい 面影よ 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  嘘で終った 恋なんか 捨てて忘れて しまいたい 男の意地も おもいでも 流せ無情の ネオン川 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  暗い東京の 酒場でも 夢があるから 酔いにくる 今夜はとても 淋しいと そっとあの娘が 言っていた 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ八代亜紀吉川静夫猪俣公章ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ グラスにも 浮かぶいとしい 面影よ 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  嘘で終った 恋なんか 捨てて忘れて しまいたい 男の意地も おもいでも 流せ無情の ネオン川 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  暗い東京の 酒場でも 夢があるから 酔いにくる 今夜はとても 淋しいと そっとあの娘が 言っていた 夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ふたりの夢あなたの好きな 手料理だけを 夢中で覚えた 私です あなたの苦しみ 知らないで 甘えた私が 馬鹿でした 笑ってお別れ したいけど 涙であなたが 見えないわ 見えないわ  あなたの夢は 私の夢と 今日まで尽くした この私 女に生まれた しあわせを あなたが教えて くれたから あなたの重荷に なるよりは 遠くで 倖せ 祈ります 祈ります  お酒やタバコ 飲み過ぎないで たまには 躰を 休めてね 今更 あなたに こんなこと 出過ぎた私を 許してね あなたと別れて 暮らしても 私はあなたの 女です 女です八代亜紀悠木圭子鈴木淳あなたの好きな 手料理だけを 夢中で覚えた 私です あなたの苦しみ 知らないで 甘えた私が 馬鹿でした 笑ってお別れ したいけど 涙であなたが 見えないわ 見えないわ  あなたの夢は 私の夢と 今日まで尽くした この私 女に生まれた しあわせを あなたが教えて くれたから あなたの重荷に なるよりは 遠くで 倖せ 祈ります 祈ります  お酒やタバコ 飲み過ぎないで たまには 躰を 休めてね 今更 あなたに こんなこと 出過ぎた私を 許してね あなたと別れて 暮らしても 私はあなたの 女です 女です
港町ブルース背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港 港 函館 通り雨  流す涙で割る酒は だました男の味がする あなたの影を ひきずりながら 港 宮古 釜石 気仙沼  出船 入船 別れ船 あなた乗せない帰り船 うしろ姿も他人のそら似 港 三崎 焼津に御前崎  別れりゃ三月待ちわびる 女心のやるせなさ 明日はいらない 今夜が欲しい 港 高知 高松 八幡浜  呼んでとどかぬ人の名を こぼれた酒と指で書く 海に涙のあゝ愚痴ばかり 港 別府 長崎 枕崎  女心の残り火は 燃えて身をやく桜島 ここは鹿児島旅路の果てか 港 港町ブルースよ八代亜紀深津武志猪俣公章背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港 港 函館 通り雨  流す涙で割る酒は だました男の味がする あなたの影を ひきずりながら 港 宮古 釜石 気仙沼  出船 入船 別れ船 あなた乗せない帰り船 うしろ姿も他人のそら似 港 三崎 焼津に御前崎  別れりゃ三月待ちわびる 女心のやるせなさ 明日はいらない 今夜が欲しい 港 高知 高松 八幡浜  呼んでとどかぬ人の名を こぼれた酒と指で書く 海に涙のあゝ愚痴ばかり 港 別府 長崎 枕崎  女心の残り火は 燃えて身をやく桜島 ここは鹿児島旅路の果てか 港 港町ブルースよ
愛しても今は他人他人ね いまのあなたは 悲しい他人 信じるままに 身をまかせ こころに受けた 恋のきず 奥歯でかんだ 怨みごと グラスの酒に 告げて泣く  他人ね いまのあなたは 悲しい他人 許して燃えた春は過ぎ 別れて独り 秋のくれ みれんは肌に 残るのに 抱かれて眠る 夜はない  他人ね いまのあなたは 悲しい他人 男は過去を忘れても 女に過去は つきまとう 崩れるように 酔いしれて しあわせ薄い 爪をかむ八代亜紀石本美由起遠藤実他人ね いまのあなたは 悲しい他人 信じるままに 身をまかせ こころに受けた 恋のきず 奥歯でかんだ 怨みごと グラスの酒に 告げて泣く  他人ね いまのあなたは 悲しい他人 許して燃えた春は過ぎ 別れて独り 秋のくれ みれんは肌に 残るのに 抱かれて眠る 夜はない  他人ね いまのあなたは 悲しい他人 男は過去を忘れても 女に過去は つきまとう 崩れるように 酔いしれて しあわせ薄い 爪をかむ
あんた逢いに来い泣かずに待てと 肩を抱き 始発の汽車に 乗った人 一ヶ月二ヶ月(ひとつきふたつき) 待たされ二年… あんたを怨んで しまいそう 夢で抱かれりゃ なおさらつらい あんた今すぐ 逢いに来い  信じていても 雨の夜は 胸を横切る すきま風 一ヶ月二ヶ月 待たされ二年… 誰かにすがって しまいそう 他の心に なびかぬうちに あんた私を 抱きに来い  心細さに 淋しさに いつかおぼえた ひとり酒 一ヶ月二ヶ月 待たされ二年… 声さえ忘れて しまいそう 涙酔わせて なだめる夜ふけ あんた今すぐ 逢いに来い八代亜紀麻こよみ西峰卓矢泣かずに待てと 肩を抱き 始発の汽車に 乗った人 一ヶ月二ヶ月(ひとつきふたつき) 待たされ二年… あんたを怨んで しまいそう 夢で抱かれりゃ なおさらつらい あんた今すぐ 逢いに来い  信じていても 雨の夜は 胸を横切る すきま風 一ヶ月二ヶ月 待たされ二年… 誰かにすがって しまいそう 他の心に なびかぬうちに あんた私を 抱きに来い  心細さに 淋しさに いつかおぼえた ひとり酒 一ヶ月二ヶ月 待たされ二年… 声さえ忘れて しまいそう 涙酔わせて なだめる夜ふけ あんた今すぐ 逢いに来い
だいじょうぶ優しいふるさと 後にして 何度も何度も 泣いたけど だいじょうぶ だいじょうぶ いつも心で つぶやいた  痛くてくじけて つまずいて 灯りの見えない その夜も だいじょうぶ だいじょうぶ 夢が心に ある限り  春が来る 春が来る 誰の元にも あなたにも 春は来る 春は来る 少し遅れて 私にも もうすぐ春です だいじょうぶ  山あり谷あり 人生は すべって転んで また起きる だいじょうぶ だいじょうぶ 笑う門には 倖せが  時がゆく 時がゆく 辛い昔も 思い出に 時はゆく 時はゆく 今日を大事に 生きるなら あなたも私も だいじょうぶ  春が来る 春は来る 少し遅れて 私にも もうすぐ春です だいじょうぶ八代亜紀伊藤薫高見沢俊彦優しいふるさと 後にして 何度も何度も 泣いたけど だいじょうぶ だいじょうぶ いつも心で つぶやいた  痛くてくじけて つまずいて 灯りの見えない その夜も だいじょうぶ だいじょうぶ 夢が心に ある限り  春が来る 春が来る 誰の元にも あなたにも 春は来る 春は来る 少し遅れて 私にも もうすぐ春です だいじょうぶ  山あり谷あり 人生は すべって転んで また起きる だいじょうぶ だいじょうぶ 笑う門には 倖せが  時がゆく 時がゆく 辛い昔も 思い出に 時はゆく 時はゆく 今日を大事に 生きるなら あなたも私も だいじょうぶ  春が来る 春は来る 少し遅れて 私にも もうすぐ春です だいじょうぶ
命火手縫いの浴衣 あん男はおりゃ 夫婦みたいと てれていた ほおずきそえて 置き手紙 「ろくでなしさ」と なぜ消えた 好いとるばい 好いとるばい ほくろにちりちり 親火 盛火 好いとるばい 好いとるばい 螢と添い寝の 不知火の女  松明かざす あらくれどもの 祭り太鼓が 突き刺さる くやしまぎれに 浜木綿を 「あん男ばか」と踏んだけど 逢いたかね 逢いたかね 訪ねてこいこい 飛火 流火 逢いたかね 逢いたかね 命火 燃える 不知火の女  好いとるばい 好いとるばい 素肌を寄せ合う 合わせ火 離れ火 好いとるばい 好いとるばい あん男呼んでる 不知火の女八代亜紀石原信一浜圭介手縫いの浴衣 あん男はおりゃ 夫婦みたいと てれていた ほおずきそえて 置き手紙 「ろくでなしさ」と なぜ消えた 好いとるばい 好いとるばい ほくろにちりちり 親火 盛火 好いとるばい 好いとるばい 螢と添い寝の 不知火の女  松明かざす あらくれどもの 祭り太鼓が 突き刺さる くやしまぎれに 浜木綿を 「あん男ばか」と踏んだけど 逢いたかね 逢いたかね 訪ねてこいこい 飛火 流火 逢いたかね 逢いたかね 命火 燃える 不知火の女  好いとるばい 好いとるばい 素肌を寄せ合う 合わせ火 離れ火 好いとるばい 好いとるばい あん男呼んでる 不知火の女
恋街ブルースシュヴィドゥヴァー シュヴィドゥヴァー シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  たとえ一夜の 契りでも つれない人と 知りながら 待っているのよ 貴方だけ 花も夜咲く 函館 大門 恋の街  貴方来るかと 今日も又 涙に濡れて 霧の中 燃える想いを 伝えたい 汽笛切ない 港 横浜 恋の街  シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  人の心を ひきつけて 他の誰かに 溺れてる お酒のせいに するなんて 罪な話よ 京都 木屋町 恋の街  好きな貴方の 嘘だから 一度だけなら 許したが 二度が三度じゃ 気にかかる なみだ元町 神戸 元町 恋の街  シュヴィドゥヴァー シュヴィドゥヴァー シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  嘘を承知で だまされる 逢えば貴方の 腕の中 待っていたのよ 貴方だけ 夜に濡れてる 博多 中洲は恋の街八代亜紀悠木圭子鈴木淳シュヴィドゥヴァー シュヴィドゥヴァー シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  たとえ一夜の 契りでも つれない人と 知りながら 待っているのよ 貴方だけ 花も夜咲く 函館 大門 恋の街  貴方来るかと 今日も又 涙に濡れて 霧の中 燃える想いを 伝えたい 汽笛切ない 港 横浜 恋の街  シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  人の心を ひきつけて 他の誰かに 溺れてる お酒のせいに するなんて 罪な話よ 京都 木屋町 恋の街  好きな貴方の 嘘だから 一度だけなら 許したが 二度が三度じゃ 気にかかる なみだ元町 神戸 元町 恋の街  シュヴィドゥヴァー シュヴィドゥヴァー シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー  嘘を承知で だまされる 逢えば貴方の 腕の中 待っていたのよ 貴方だけ 夜に濡れてる 博多 中洲は恋の街
女心と秋の空港のまちに住む人に 風の便りにのせましょう ちょいと 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう 思い出させるあの人は 今はいい人いるのでしょう きっと 知りたくはない 気にはなる どうしたらいいのでしょう  秋の風いたずらに 頬をなで通りすぎてゆく そんな時 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう  カモメさわいで あの人の 船を追うのを見送れば ちょいと 戻る港に 腰掛けて そっぽむいて気付かせましょか 海が平らに波を寄せ 何もなかったふりをして きっと あの人も ちょいと気付くはず そっちからこっちやって来て  秋の風いたずらに 頬をなで通りすぎてゆく そんな時 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう  秋の風いたずらに 頬をなで通りすぎてゆく そんな時 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう  あいつの事が好きだとか どこまで本気なんでしょう 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう八代亜紀所ジョージ所ジョージ港のまちに住む人に 風の便りにのせましょう ちょいと 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう 思い出させるあの人は 今はいい人いるのでしょう きっと 知りたくはない 気にはなる どうしたらいいのでしょう  秋の風いたずらに 頬をなで通りすぎてゆく そんな時 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう  カモメさわいで あの人の 船を追うのを見送れば ちょいと 戻る港に 腰掛けて そっぽむいて気付かせましょか 海が平らに波を寄せ 何もなかったふりをして きっと あの人も ちょいと気付くはず そっちからこっちやって来て  秋の風いたずらに 頬をなで通りすぎてゆく そんな時 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう  秋の風いたずらに 頬をなで通りすぎてゆく そんな時 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう  あいつの事が好きだとか どこまで本気なんでしょう 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう
朧月夜朧月夜は 男に似合う 影が泣いても 顔まで見えない ほろ酔いの ふりをして 一歩二歩と よろめいて ひとの視線が なくなれば 背骨シャンとして 歩き出す  こんな男がいたらいい 昔はちょっといた筈の… おほろ おぼろ おぼろ おぼろ 朧月夜のいい男  朧月夜は 女を磨く 瞼はれても 涙は出さない 純愛に 傷ついて 一つ二つ 酒を飲み 肩が斜めに くずれたら 瞳キラリとさせ あとを追う  こんな女がいたらいい 昔はちょっといた筈の… おほろ おぼろ おぼろ おぼろ 朧月夜のいい女  こんな二人がいたらいい 昔はちょっといた筈の… おほろ おぼろ おぼろ おぼろ 朧月夜のいい景色  朧月夜のいい景色八代亜紀阿久悠弦哲也朧月夜は 男に似合う 影が泣いても 顔まで見えない ほろ酔いの ふりをして 一歩二歩と よろめいて ひとの視線が なくなれば 背骨シャンとして 歩き出す  こんな男がいたらいい 昔はちょっといた筈の… おほろ おぼろ おぼろ おぼろ 朧月夜のいい男  朧月夜は 女を磨く 瞼はれても 涙は出さない 純愛に 傷ついて 一つ二つ 酒を飲み 肩が斜めに くずれたら 瞳キラリとさせ あとを追う  こんな女がいたらいい 昔はちょっといた筈の… おほろ おぼろ おぼろ おぼろ 朧月夜のいい女  こんな二人がいたらいい 昔はちょっといた筈の… おほろ おぼろ おぼろ おぼろ 朧月夜のいい景色  朧月夜のいい景色
あの日の昭和がここにある古い酒場に来てみたら タバコで汚れたルノアール 一輪挿しには作り花 古いレコードシャリシャリと けだるく聴こえる パティペイジのあのテネシーワルツ いい時代のいい青春だった あの日の昭和がここにある  古い酒場に来てみたら 読めない横文字で走り書き 色紙が一枚貼ってある 古いピアノを叩いては 酒場のおやじが船頭小唄を ジャズっぽくうたうよ いい時代のいい青春だった あの日の昭和がここにある  古いレコードシャリシャリと けだるく聴こえる パティペイジのあのテネシーワルツ いい時代のいい青春だった あの日の昭和がここにある八代亜紀鳥井実大谷明裕古い酒場に来てみたら タバコで汚れたルノアール 一輪挿しには作り花 古いレコードシャリシャリと けだるく聴こえる パティペイジのあのテネシーワルツ いい時代のいい青春だった あの日の昭和がここにある  古い酒場に来てみたら 読めない横文字で走り書き 色紙が一枚貼ってある 古いピアノを叩いては 酒場のおやじが船頭小唄を ジャズっぽくうたうよ いい時代のいい青春だった あの日の昭和がここにある  古いレコードシャリシャリと けだるく聴こえる パティペイジのあのテネシーワルツ いい時代のいい青春だった あの日の昭和がここにある
裸足のシンデレラガラスの靴を脱いで カボチャの馬車を降りて いつものブルージーンで 恋をしましょう 頬と頬寄せ 踊っていたい  あなたの囁く(あなたの囁く)甘い言葉に 恋のボタン外れ 胸がときめく 燃えて 燃えて 燃えて 少女になって 時間忘れ 二人だけの世界で 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう  魔法の切れた後は 只の男と女 裸足になって二人 恋をしましょう  時刻が過ぎても 踊っていたい  何にも見えない(何にも見えない)なにもいらない つらい事も 今はみんな忘れて 揺れて 揺れて 揺れて 夢を見ている 貴方だけの私 恋の虜よ 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう  頬と頬寄せ 踊っていたい  あなたの囁く(あなたの囁く)甘い言葉に 恋のボタン外れ 胸がときめく 燃えて 燃えて 燃えて 少女になって 時間忘れ 二人だけの世界で 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう八代亜紀悠木圭子鈴木淳ガラスの靴を脱いで カボチャの馬車を降りて いつものブルージーンで 恋をしましょう 頬と頬寄せ 踊っていたい  あなたの囁く(あなたの囁く)甘い言葉に 恋のボタン外れ 胸がときめく 燃えて 燃えて 燃えて 少女になって 時間忘れ 二人だけの世界で 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう  魔法の切れた後は 只の男と女 裸足になって二人 恋をしましょう  時刻が過ぎても 踊っていたい  何にも見えない(何にも見えない)なにもいらない つらい事も 今はみんな忘れて 揺れて 揺れて 揺れて 夢を見ている 貴方だけの私 恋の虜よ 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう  頬と頬寄せ 踊っていたい  あなたの囁く(あなたの囁く)甘い言葉に 恋のボタン外れ 胸がときめく 燃えて 燃えて 燃えて 少女になって 時間忘れ 二人だけの世界で 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう 1et's go dance 激しい リズムで踊ろう
お島千太郎旅唄春の嵐に 散りゆく花か 風にまかせた 身は旅役者 更けて流しの 三味の音きけば すてた故郷に すてた故郷にまた涙  雁が啼く啼く 旅空夜空 お島痛かろ 草鞋の紐が 今日も吹くかよ 男体おろし つなぐ手と手が つなぐ手と手が また冷える  清いこころで 旅するからは なんの辛かろ 野末の仮寝 里で夜明けて 峠で暮れて 月に夫婦の 月に夫婦の 旅姿八代亜紀西條八十奥山貞吉春の嵐に 散りゆく花か 風にまかせた 身は旅役者 更けて流しの 三味の音きけば すてた故郷に すてた故郷にまた涙  雁が啼く啼く 旅空夜空 お島痛かろ 草鞋の紐が 今日も吹くかよ 男体おろし つなぐ手と手が つなぐ手と手が また冷える  清いこころで 旅するからは なんの辛かろ 野末の仮寝 里で夜明けて 峠で暮れて 月に夫婦の 月に夫婦の 旅姿
恋は火の川抱いてください 命も息も ああ とまるほど これがおんなの しあわせならば 地獄を見たって かまわない 恋は 火の川 ゆれる川  あなたください 身も世もわたし ああ 捨てました 花のさかりを みじかい春を 散るなら嬉しい その胸で 恋は 火の川 しのぶ川  夢をください 明日を生きる ああ 目じるしに 浮いて沈んで からんで燃えて あなた一緒に どこまでも 恋は 火の川 ふたり川八代亜紀池田充男徳久広司抱いてください 命も息も ああ とまるほど これがおんなの しあわせならば 地獄を見たって かまわない 恋は 火の川 ゆれる川  あなたください 身も世もわたし ああ 捨てました 花のさかりを みじかい春を 散るなら嬉しい その胸で 恋は 火の川 しのぶ川  夢をください 明日を生きる ああ 目じるしに 浮いて沈んで からんで燃えて あなた一緒に どこまでも 恋は 火の川 ふたり川
リバーサイドホテル誰も知らない夜明けが明けた時 町の角からステキなバスが出る 若い二人は夢中になれるから 狭いシートに隠れて旅に出る 昼間のうちに何度もキスをして 行く先をたずねるのにつかれはて 日暮れにバスもタイヤをすりへらし そこで二人はネオンの字を読んだ ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド 食事もリバーサイド Oh- リバーサイド  チェックインなら寝顔を見せるだけ 部屋のドアは金属のメタルで シャレたテレビのプラグはぬいてあり 二人きりでも気持ちは交い合う ベットの中で魚になったあと 川に浮かんだプールでひと泳ぎ どうせ二人は途中でやめるから 夜の長さを何度も味わえる ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド 食事もリバーサイド Oh- リバーサイド  ホテルはリバーサイド 水辺のリバーサイド レジャーもリバーサイド Oh- リバーサイド リバーサイド リバーサイド八代亜紀井上陽水井上陽水誰も知らない夜明けが明けた時 町の角からステキなバスが出る 若い二人は夢中になれるから 狭いシートに隠れて旅に出る 昼間のうちに何度もキスをして 行く先をたずねるのにつかれはて 日暮れにバスもタイヤをすりへらし そこで二人はネオンの字を読んだ ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド 食事もリバーサイド Oh- リバーサイド  チェックインなら寝顔を見せるだけ 部屋のドアは金属のメタルで シャレたテレビのプラグはぬいてあり 二人きりでも気持ちは交い合う ベットの中で魚になったあと 川に浮かんだプールでひと泳ぎ どうせ二人は途中でやめるから 夜の長さを何度も味わえる ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド 食事もリバーサイド Oh- リバーサイド  ホテルはリバーサイド 水辺のリバーサイド レジャーもリバーサイド Oh- リバーサイド リバーサイド リバーサイド
港町純情酒を浴びせて グラスを砕き 後ろも見ないで 消えたひと あなたの思いの はげしさを 今さら知った 雨の 雨の港町 むせぶ霧笛が 胸をさす  男ごころを 秤にかけて ためした私が 悪かった 怒りにふるえる あの肩に すがって詫びる 雨の 雨の港町 かもめ翔びたつ 北の海  棚のボトルに 半分残る あなたのお酒の いとおしさ 気まずい別れを したままで 待つのはつらい 雨の 雨の港町 酔って霧笛と 泣く夜更け八代亜紀水木かおる鈴木淳酒を浴びせて グラスを砕き 後ろも見ないで 消えたひと あなたの思いの はげしさを 今さら知った 雨の 雨の港町 むせぶ霧笛が 胸をさす  男ごころを 秤にかけて ためした私が 悪かった 怒りにふるえる あの肩に すがって詫びる 雨の 雨の港町 かもめ翔びたつ 北の海  棚のボトルに 半分残る あなたのお酒の いとおしさ 気まずい別れを したままで 待つのはつらい 雨の 雨の港町 酔って霧笛と 泣く夜更け
あなたに乾盃ごめん…なんて云われたらもう終わりです 今度たけは言い訳も 何もなくて いきなり両手をついて 謝られても 泣いてすがる 年でもないし…  七年も一緒に 過ごした仲だから あなたの心は わかってしまう どうぞ自分の好きなように生きて下さい でもどこかでばったり出逢ったら 笑って手ぐらい 振ってよね  涙…なんか見せないでさよならしましょう 久し振りの乾盃が 別れの酒ね 夜明けにこうして二人で 呑んでるなんて 今になって 胸がときめく  可笑しいね 今更 女になるなんて あなたの心は 遠くを見てる ワインに酔ったふりをしてはしゃぐ私を 哀しい目をして見ないで欲しい 明日は他人に なる二人  七年も一緒に 過ごした仲だから あなたの心は わかってしまう どうぞ自分の好きなように生きて下さい でもどこかでばったり出逢ったら 笑って手ぐらい 振ってよね  笑って手ぐらい 振ってよね八代亜紀悠木圭子鈴木淳ごめん…なんて云われたらもう終わりです 今度たけは言い訳も 何もなくて いきなり両手をついて 謝られても 泣いてすがる 年でもないし…  七年も一緒に 過ごした仲だから あなたの心は わかってしまう どうぞ自分の好きなように生きて下さい でもどこかでばったり出逢ったら 笑って手ぐらい 振ってよね  涙…なんか見せないでさよならしましょう 久し振りの乾盃が 別れの酒ね 夜明けにこうして二人で 呑んでるなんて 今になって 胸がときめく  可笑しいね 今更 女になるなんて あなたの心は 遠くを見てる ワインに酔ったふりをしてはしゃぐ私を 哀しい目をして見ないで欲しい 明日は他人に なる二人  七年も一緒に 過ごした仲だから あなたの心は わかってしまう どうぞ自分の好きなように生きて下さい でもどこかでばったり出逢ったら 笑って手ぐらい 振ってよね  笑って手ぐらい 振ってよね
愛されてみたいあなたにめぐり逢えてから いつも心で あなたへの愛を あたためている 私です  あなたにとって 私が想いを 寄せることは 迷惑ですか  あなたを知ってから 私は 生まれかわったみたいです いますぐこのほほつけたい 夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  あなたの恋が 私には たったひとつの 生きがいのように おもかげを呼び 暮らします  あなたにとって 私が想いを寄せることは 迷惑ですか  なんにもできない 私が 人を愛する 資格なんて ないことわかっていますが 夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  あなたに…八代亜紀小野朱美遠藤実あなたにめぐり逢えてから いつも心で あなたへの愛を あたためている 私です  あなたにとって 私が想いを 寄せることは 迷惑ですか  あなたを知ってから 私は 生まれかわったみたいです いますぐこのほほつけたい 夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  あなたの恋が 私には たったひとつの 生きがいのように おもかげを呼び 暮らします  あなたにとって 私が想いを寄せることは 迷惑ですか  なんにもできない 私が 人を愛する 資格なんて ないことわかっていますが 夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  夢でもいいから 夢でもいいから 愛されてみたい 私はあなたに…  あなたに…
下町夢しぐれ「いつも世間の色恋沙汰には 弱い女が泣きをみます……」  人の世界と 隅田の水は どうせ 冷めたい ものなのさ 惚れて つくした 女の夢も 醒めりゃ 一羽の 都鳥 なにも言うまい なにも言うまい 下町しぐれ  浮いた噂の ひとつやふたつ いつも 女にゃ つきものさ 情け ひと雨 濡れたいけれど しょせん 男は 浮気舟 なにも言うまい なにも言うまい 下町しぐれ  長くこの世に 生きてるよりも 派手に 短く 咲いて散ろ 女一代 涙も 意地も お酌する手に しみている なにも言うまい なにも言うまい 下町しぐれ八代亜紀石本美由起岡千秋「いつも世間の色恋沙汰には 弱い女が泣きをみます……」  人の世界と 隅田の水は どうせ 冷めたい ものなのさ 惚れて つくした 女の夢も 醒めりゃ 一羽の 都鳥 なにも言うまい なにも言うまい 下町しぐれ  浮いた噂の ひとつやふたつ いつも 女にゃ つきものさ 情け ひと雨 濡れたいけれど しょせん 男は 浮気舟 なにも言うまい なにも言うまい 下町しぐれ  長くこの世に 生きてるよりも 派手に 短く 咲いて散ろ 女一代 涙も 意地も お酌する手に しみている なにも言うまい なにも言うまい 下町しぐれ
立ち呑み「小春」ここは通天閣のお膝元 どこより人情のある町だよ なっちゃん泣くな べそ掻くな 老舗じゃないけど立ち呑み「小春」 女将もお客も苦労人 ボチボチやりな ボチボチいこうや 気楽にやりな  喋りたくないことがあるんだね お江戸で辛い目にあったのかい なっちゃん泣くな べそ掻くな 雀のお宿だ立ち呑み「小春」 チュンチュン騒いで夜が更ける 一緒に飲もう 一緒に歌おう 笑顔を見せろ  年が明けたらオレと笹持って 十日の戎(えべす)さん 一緒に行こ なっちゃん泣くな べそ掻くな 世話焼きばかりの立ち呑み「小春」 今日から働け この店で 通ってやるぜ 通ってくるぜ 贅六(ぜいろく)誘い八代亜紀もず唱平円広志ここは通天閣のお膝元 どこより人情のある町だよ なっちゃん泣くな べそ掻くな 老舗じゃないけど立ち呑み「小春」 女将もお客も苦労人 ボチボチやりな ボチボチいこうや 気楽にやりな  喋りたくないことがあるんだね お江戸で辛い目にあったのかい なっちゃん泣くな べそ掻くな 雀のお宿だ立ち呑み「小春」 チュンチュン騒いで夜が更ける 一緒に飲もう 一緒に歌おう 笑顔を見せろ  年が明けたらオレと笹持って 十日の戎(えべす)さん 一緒に行こ なっちゃん泣くな べそ掻くな 世話焼きばかりの立ち呑み「小春」 今日から働け この店で 通ってやるぜ 通ってくるぜ 贅六(ぜいろく)誘い
明日に生きる愛の歌人生は山があり 谷もあり デコボコ道が あるけれど 負けない 泣かない 何処までも 信じたこの道 頑張るよ みんなで一緒に 手をつなぎ 心を一つに 寄り添えば ほら 楽しい歌が 聞こえてくるよ さあ 歌いましょう 愛の歌 明日に生きる 愛の歌  心からありがとう 今日も又 感謝の涙! 止まらない 誰にも云えない 哀しみも 弱音をはかずに 頑張るよ 必ず誰かが 手を貸して やさしい光も 見えてくる ほら 楽しい歌が 聞こえてくるよ さあ 歌いましょう 愛の歌 明日に生きる 愛の歌  明日に生きる 愛の歌八代亜紀悠木圭子鈴木淳人生は山があり 谷もあり デコボコ道が あるけれど 負けない 泣かない 何処までも 信じたこの道 頑張るよ みんなで一緒に 手をつなぎ 心を一つに 寄り添えば ほら 楽しい歌が 聞こえてくるよ さあ 歌いましょう 愛の歌 明日に生きる 愛の歌  心からありがとう 今日も又 感謝の涙! 止まらない 誰にも云えない 哀しみも 弱音をはかずに 頑張るよ 必ず誰かが 手を貸して やさしい光も 見えてくる ほら 楽しい歌が 聞こえてくるよ さあ 歌いましょう 愛の歌 明日に生きる 愛の歌  明日に生きる 愛の歌
友の焼酎(さけ)男が男であるために 飲むは燃え立つ 鉄火酒 焼酎満たした ぐい呑みにゃ おれとおまえの こころ綱 結ぶ誓いの 結ぶ誓いの 友の焼酎(さけ)  女が女でいるために いつもこころに 夢見酒 湯割りのグラスを 手につつみ そっといいひと 浮かべてる 願うしあわせ 願うしあわせ 愛の焼酎(さけ)  明日が明日であるために 今宵みんなで 回し酒 男も女も ほろ酔いで 夢とロマンは 瓶の中 見たきゃ飲み乾せ 見たきゃ飲み乾せ 友の焼酎(さけ)八代亜紀いではく大谷明裕男が男であるために 飲むは燃え立つ 鉄火酒 焼酎満たした ぐい呑みにゃ おれとおまえの こころ綱 結ぶ誓いの 結ぶ誓いの 友の焼酎(さけ)  女が女でいるために いつもこころに 夢見酒 湯割りのグラスを 手につつみ そっといいひと 浮かべてる 願うしあわせ 願うしあわせ 愛の焼酎(さけ)  明日が明日であるために 今宵みんなで 回し酒 男も女も ほろ酔いで 夢とロマンは 瓶の中 見たきゃ飲み乾せ 見たきゃ飲み乾せ 友の焼酎(さけ)
恋の彩恋ってつらいものね 浮気じゃできないわ 恋ってなんなの 誰か私に教えて 逢っていても 切なくて 逢わずにいても 切なくて 命が 命が 震えて眠れない 恋って 恋って 死ぬまで続くのね  恋って涙色ね 甘くてほろにがい 恋って不思議ね あなただけしか見えない 抱かれながら 夢を見て 抱かれたあとも 夢を見て 小指が 小指が 震えてしのび泣く 恋って 恋って 一人じゃいられない  恋って迷うものね 他人にゃわからない 恋ってまぼろし 一人ぼっちの夜明けね 見つめ合えば 苦しくて 目をそらしても 苦しくて 体が 体が 震えて止まらない 恋って 恋って 死ぬまであなただけ八代亜紀麻生香太郎藤本卓弥恋ってつらいものね 浮気じゃできないわ 恋ってなんなの 誰か私に教えて 逢っていても 切なくて 逢わずにいても 切なくて 命が 命が 震えて眠れない 恋って 恋って 死ぬまで続くのね  恋って涙色ね 甘くてほろにがい 恋って不思議ね あなただけしか見えない 抱かれながら 夢を見て 抱かれたあとも 夢を見て 小指が 小指が 震えてしのび泣く 恋って 恋って 一人じゃいられない  恋って迷うものね 他人にゃわからない 恋ってまぼろし 一人ぼっちの夜明けね 見つめ合えば 苦しくて 目をそらしても 苦しくて 体が 体が 震えて止まらない 恋って 恋って 死ぬまであなただけ
冬の恋歌ヘッドライトが 大橋わたる あとは暗闇 真の闇 風は西から 北へと変わる やがて季節は 冬になる わたし 今日から ああ ひとりで眠り からだ からだ からだばかりを 熱くする  窓を叩けば 風でも起きる 風と知ってて 外を見る 手紙みたいな 枯葉が舞って 涙みたいな 雨が降る わたしあれから ああ ひとりで生きて 心 心 心なおさら つのらせる  時雨(しぐれ)過ぎたら 小さな星が 空のかなたで またたいて やがて消えそな 儚(はかな)い色が 恋の行方を 占って わたし それでも ああ ひとりで想い つらい つらい つらい恋歌 くり返す八代亜紀阿久悠浜圭介ヘッドライトが 大橋わたる あとは暗闇 真の闇 風は西から 北へと変わる やがて季節は 冬になる わたし 今日から ああ ひとりで眠り からだ からだ からだばかりを 熱くする  窓を叩けば 風でも起きる 風と知ってて 外を見る 手紙みたいな 枯葉が舞って 涙みたいな 雨が降る わたしあれから ああ ひとりで生きて 心 心 心なおさら つのらせる  時雨(しぐれ)過ぎたら 小さな星が 空のかなたで またたいて やがて消えそな 儚(はかな)い色が 恋の行方を 占って わたし それでも ああ ひとりで想い つらい つらい つらい恋歌 くり返す
女心は港の灯好きな男の ぬくもりは ふるさと みたいな 気がするわ すこし 泣いても いいかしら 恋は夕ぐれ 明日は出船 女心は あゝ港の灯  酒で想い出 うすめても 別れの涙は とまらない ちょっと酔っても いいかしら 歌は泣き節 おんぼろギター 女心は あゝ港の灯  ふられ女は ブイになる 出船に ついてく 流れブイ あなた 待っても いいかしら 北は木枯 南は小雨 女心は あゝ港の灯 八代亜紀山口洋子弦哲也好きな男の ぬくもりは ふるさと みたいな 気がするわ すこし 泣いても いいかしら 恋は夕ぐれ 明日は出船 女心は あゝ港の灯  酒で想い出 うすめても 別れの涙は とまらない ちょっと酔っても いいかしら 歌は泣き節 おんぼろギター 女心は あゝ港の灯  ふられ女は ブイになる 出船に ついてく 流れブイ あなた 待っても いいかしら 北は木枯 南は小雨 女心は あゝ港の灯 
乾杯かたいきずなに 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった あの日 あれから どれくらいたったのだろう 沈む夕日を いくつかぞえたろう ふるさとの友は いまでも君の 心の中に いますか  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君にしあわせあれ  キャンドルライトの中の二人を 今こうして 目を細めてる 大きな喜びと 少しの淋しさを 涙の言葉で 歌いたい 明日の光を からだにあびて 振りかえらずに そのまま行けばよい 風に吹かれても 雨に打たれても 信じた愛に 背を向けるな  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君にしあわせあれ  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君にしあわせあれ 君にしあわせあれ八代亜紀長渕剛長渕剛かたいきずなに 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった あの日 あれから どれくらいたったのだろう 沈む夕日を いくつかぞえたろう ふるさとの友は いまでも君の 心の中に いますか  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君にしあわせあれ  キャンドルライトの中の二人を 今こうして 目を細めてる 大きな喜びと 少しの淋しさを 涙の言葉で 歌いたい 明日の光を からだにあびて 振りかえらずに そのまま行けばよい 風に吹かれても 雨に打たれても 信じた愛に 背を向けるな  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君にしあわせあれ  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君にしあわせあれ 君にしあわせあれ
中の島ブルース赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに 誘われて あなたと二人 散った街 あゝ ここは札幌 中の島ブルースよ  水の都にすてた 恋 泣いて別れた 淀屋橋 ほろり落とした 幸せを あなたと二人 拾う街 あゝ ここは大阪 中の島ブルースよ  会えば別れが つらいのと 泣いてすがった 思い出の 小雨そぼ降る 石畳 あなたと二人 濡れた街 あゝ ここは長崎 中の島ブルースよ八代亜紀斎藤保吉田佐赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに 誘われて あなたと二人 散った街 あゝ ここは札幌 中の島ブルースよ  水の都にすてた 恋 泣いて別れた 淀屋橋 ほろり落とした 幸せを あなたと二人 拾う街 あゝ ここは大阪 中の島ブルースよ  会えば別れが つらいのと 泣いてすがった 思い出の 小雨そぼ降る 石畳 あなたと二人 濡れた街 あゝ ここは長崎 中の島ブルースよ
あい逢い横丁好きと嫌いは 紙一重 恋はその日の 出来ごころ 嘘とまことの 相合傘が 気まぐれ横丁を 濡れてゆく  好きと思えば 憎らしい さめればふいに 懐かしい 騙すつもりが つい騙されて 恋のとりこになりました  思い思われ ふりふられ 気まぐれ横丁に 雨が降る ふられたふりして 飲みましょうか 女ごころの 水割りを  嘘とまことの 相合傘が 気まぐれ横丁を 濡れてゆく八代亜紀ジェームス三木いずみたく好きと嫌いは 紙一重 恋はその日の 出来ごころ 嘘とまことの 相合傘が 気まぐれ横丁を 濡れてゆく  好きと思えば 憎らしい さめればふいに 懐かしい 騙すつもりが つい騙されて 恋のとりこになりました  思い思われ ふりふられ 気まぐれ横丁に 雨が降る ふられたふりして 飲みましょうか 女ごころの 水割りを  嘘とまことの 相合傘が 気まぐれ横丁を 濡れてゆく
かもめの歌注(つ)ぐひとと 飲むひとと だんまりで むかい合い 別れた男に 似てるとか 会いたい女に 似てるとか 胸のうちでは 思いながらも 窓打つあらしを 気にしてる あんたも 鴎だね 時化だけ 愛敬(あいきょう)だね 姿よいのを 鼻にかけ どこか薄情な ふりをする スイーッ スイーッ  不器用な 箸さばき 塩辛が はさめない 可愛い男に 見えるとか やさしい女に 見えるとか 云ってしまえば 楽になるのに 店の飾りを たずねてる あんたも 鴎だね お白粉(しろい) 上手だね 色の白いを エサにして 人の心を 誘ってる  あんたも鴎だね 別れの 役者だね 心がわりを 知らさずに 追って行くよな 真似をする スイーッ スイーッ スイーッ スイーッ八代亜紀阿久悠浜圭介注(つ)ぐひとと 飲むひとと だんまりで むかい合い 別れた男に 似てるとか 会いたい女に 似てるとか 胸のうちでは 思いながらも 窓打つあらしを 気にしてる あんたも 鴎だね 時化だけ 愛敬(あいきょう)だね 姿よいのを 鼻にかけ どこか薄情な ふりをする スイーッ スイーッ  不器用な 箸さばき 塩辛が はさめない 可愛い男に 見えるとか やさしい女に 見えるとか 云ってしまえば 楽になるのに 店の飾りを たずねてる あんたも 鴎だね お白粉(しろい) 上手だね 色の白いを エサにして 人の心を 誘ってる  あんたも鴎だね 別れの 役者だね 心がわりを 知らさずに 追って行くよな 真似をする スイーッ スイーッ スイーッ スイーッ
ブルーレイン 大阪泣いて大阪 御堂筋 別れ上手な人がいる 女ごころを本気にさせ 追いかければ 逃げてゆくわ ああだけど憎めない  恋灯り ぬれる街 だれか似た人さがすだけ めぐり逢えば 別れがくる 追いかければ 逃げてゆくわ ブルーレイン 雨の大阪  ゆれて大阪 北新地 浮気上手な人がいる 女ごころを酔わせてみて やさしくされ つめたくされ ああ離れられないわ  恋灯り ゆれる夜 夢の続きとわかっても めぐり逢えば 別れがくる やさしくされ つめたくされ ブルーレイン 雨の大阪  恋灯り ぬれる街 だれか似た人さがすだけ めぐり逢えば 別れがくる 追いかければ 逃げてゆくわ ブルーレイン 雨の大阪八代亜紀荒木とよひさ浜圭介泣いて大阪 御堂筋 別れ上手な人がいる 女ごころを本気にさせ 追いかければ 逃げてゆくわ ああだけど憎めない  恋灯り ぬれる街 だれか似た人さがすだけ めぐり逢えば 別れがくる 追いかければ 逃げてゆくわ ブルーレイン 雨の大阪  ゆれて大阪 北新地 浮気上手な人がいる 女ごころを酔わせてみて やさしくされ つめたくされ ああ離れられないわ  恋灯り ゆれる夜 夢の続きとわかっても めぐり逢えば 別れがくる やさしくされ つめたくされ ブルーレイン 雨の大阪  恋灯り ぬれる街 だれか似た人さがすだけ めぐり逢えば 別れがくる 追いかければ 逃げてゆくわ ブルーレイン 雨の大阪
別れても好きな人別れた人に会った 別れた渋谷で会った 別れた時とおんなじ 雨の夜だった 傘もささずに原宿 思い出語って赤坂 恋人同士にかえってグラスかたむけた やっぱり忘れられない 変わらぬ優しい言葉で 私をつつんでしまうだめよ弱いから 別れても 好きな人 別れても 好きな人  歩きたいのよ高輪 灯りがゆれてるタワー 思いがけない一夜の恋のいたずらね ちょっぴり淋しい乃木坂 いつもの一ツ木通り ここでさよならするわ雨の夜だから やっぱり忘れられない 変わらぬ優しい言葉で 私をつつんでしまうだめよ弱いから 別れても 好きな人 別れても 好きな人 別れても 好きな人 別れても 好きな人八代亜紀佐々木勉佐々木勉別れた人に会った 別れた渋谷で会った 別れた時とおんなじ 雨の夜だった 傘もささずに原宿 思い出語って赤坂 恋人同士にかえってグラスかたむけた やっぱり忘れられない 変わらぬ優しい言葉で 私をつつんでしまうだめよ弱いから 別れても 好きな人 別れても 好きな人  歩きたいのよ高輪 灯りがゆれてるタワー 思いがけない一夜の恋のいたずらね ちょっぴり淋しい乃木坂 いつもの一ツ木通り ここでさよならするわ雨の夜だから やっぱり忘れられない 変わらぬ優しい言葉で 私をつつんでしまうだめよ弱いから 別れても 好きな人 別れても 好きな人 別れても 好きな人 別れても 好きな人
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
新宿ブルース恋に切なく 降る雨も ひとりぼっちにゃ つれないの 夜の新宿 こぼれ花 涙かんでも 泣きはせぬ  あんな男と 思っても 忘れることが 出来ないの 惚れてみたって 夜の花 添える訳では ないものを  西を向いても 駄目だから 東を向いて みただけよ どうせ儚い なみだ花 夢に流れて ゆくだけね  こんな私に うまいこと 言って泣かせる 憎いひと 追ってみたって はぐれ花 恨むことさえ あきらめた  生きて行くのは 私だけ 死んで行くのも 私だけ 夜の新宿 ながれ花 いつか一度を 待ちましょう いつか一度を 待ちましょう八代亜紀滝口暉子和田香苗恋に切なく 降る雨も ひとりぼっちにゃ つれないの 夜の新宿 こぼれ花 涙かんでも 泣きはせぬ  あんな男と 思っても 忘れることが 出来ないの 惚れてみたって 夜の花 添える訳では ないものを  西を向いても 駄目だから 東を向いて みただけよ どうせ儚い なみだ花 夢に流れて ゆくだけね  こんな私に うまいこと 言って泣かせる 憎いひと 追ってみたって はぐれ花 恨むことさえ あきらめた  生きて行くのは 私だけ 死んで行くのも 私だけ 夜の新宿 ながれ花 いつか一度を 待ちましょう いつか一度を 待ちましょう
骨までしびれるブルースをたとえば男の ブルースは 夜霧の波止場の 絵が浮かび たとえば女の ブルースは 港酒場(クラブ)の 絵が浮かぶ 男も女も 切なかったね イタリア映画を 観ていたような 女心にもう一度 愛の破片(かけら)をもう一度 骨までしびれる ブルースを  たとえば別れの ブルースは 雨降る終着駅(えき)が そこにあり たとえば泪の ブルースは 遠い汽笛が そこにある 男も女も 寂しかったね セピアの映画で 泣いてたような 女心にもう一度 愛の破片をもう一度 骨までしびれる ブルースを  「夢ね…あれもこれも 楽しかった夢…いいじゃない…。」  男も女も 切なかったね イタリア映画を 観ていたような 女心にもう一度 愛の破片(かけら)をもう一度 骨までしびれる ブルースを八代亜紀荒木とよひさ水森英夫たとえば男の ブルースは 夜霧の波止場の 絵が浮かび たとえば女の ブルースは 港酒場(クラブ)の 絵が浮かぶ 男も女も 切なかったね イタリア映画を 観ていたような 女心にもう一度 愛の破片(かけら)をもう一度 骨までしびれる ブルースを  たとえば別れの ブルースは 雨降る終着駅(えき)が そこにあり たとえば泪の ブルースは 遠い汽笛が そこにある 男も女も 寂しかったね セピアの映画で 泣いてたような 女心にもう一度 愛の破片をもう一度 骨までしびれる ブルースを  「夢ね…あれもこれも 楽しかった夢…いいじゃない…。」  男も女も 切なかったね イタリア映画を 観ていたような 女心にもう一度 愛の破片(かけら)をもう一度 骨までしびれる ブルースを
さよなら故郷雪が降る 雪が降る あのひとの 肩に降る ただひとり 旅に出る 北国の駅 あたためあったふたり ふたりの愛を 涙 涙かんで捨てるつらさ わかって もう二度と帰れない さよなら故郷  雪が降る 雪が降る わがままを 許してと 泣きながら 指で書く 汽車のガラス窓 愛するだけがすべて すべてじゃないと 信じ 信じながら悲しすぎて 泣けない 手をふれば凍りつく 涙の粉雪  償うことはなにも なにも出来ない こんな こんな馬鹿な私なんか 忘れて いつまでもしあわせに さよなら故郷八代亜紀二条冬詩夫伊藤雪彦雪が降る 雪が降る あのひとの 肩に降る ただひとり 旅に出る 北国の駅 あたためあったふたり ふたりの愛を 涙 涙かんで捨てるつらさ わかって もう二度と帰れない さよなら故郷  雪が降る 雪が降る わがままを 許してと 泣きながら 指で書く 汽車のガラス窓 愛するだけがすべて すべてじゃないと 信じ 信じながら悲しすぎて 泣けない 手をふれば凍りつく 涙の粉雪  償うことはなにも なにも出来ない こんな こんな馬鹿な私なんか 忘れて いつまでもしあわせに さよなら故郷
大阪しぐれひとりで 生きてくなんて できないと 泣いてすがれば ネオンが ネオンが しみる 北の新地は おもいでばかり 雨もよう 夢もぬれます ああ大阪しぐれ  ひとつや ふたつじゃないの ふるきずは 噂並木の堂島 堂島すずめ こんなわたしで いいならあげる なにもかも 抱いてください ああ大阪しぐれ  しあわせ それともいまは ふしあわせ 酔ってあなたは曽根崎 曽根崎あたり つくし足りない わたしが悪い あのひとを 雨よ帰して ああ大阪しぐれ八代亜紀吉岡治市川昭介ひとりで 生きてくなんて できないと 泣いてすがれば ネオンが ネオンが しみる 北の新地は おもいでばかり 雨もよう 夢もぬれます ああ大阪しぐれ  ひとつや ふたつじゃないの ふるきずは 噂並木の堂島 堂島すずめ こんなわたしで いいならあげる なにもかも 抱いてください ああ大阪しぐれ  しあわせ それともいまは ふしあわせ 酔ってあなたは曽根崎 曽根崎あたり つくし足りない わたしが悪い あのひとを 雨よ帰して ああ大阪しぐれ
雪のれん冷酒でいいのよ コップでいいの おじさん一杯 飲ませてね 土地の男も 港を捨てる こんな季節に 女がひとり ふらり舞いこむ 雪のれん 北国しばれる 浜通り  指でこうして 温めていると お酒が過去を 連れてくる 気障な台詞ね お笑い草ね 惚れた男の 後追いかけて 情一途の雪のれん くぐって怪我して泣かされた  窓の硝子を 吹雪が鳴らす 汽笛がちぎれて 沖で泣く 背伸びしたって 見えない明日 濡れた小指は 涙じゃないわ 春をかくした 雪のれん 酔ったら見えそう 夢あかり八代亜紀松井由利夫遠藤実冷酒でいいのよ コップでいいの おじさん一杯 飲ませてね 土地の男も 港を捨てる こんな季節に 女がひとり ふらり舞いこむ 雪のれん 北国しばれる 浜通り  指でこうして 温めていると お酒が過去を 連れてくる 気障な台詞ね お笑い草ね 惚れた男の 後追いかけて 情一途の雪のれん くぐって怪我して泣かされた  窓の硝子を 吹雪が鳴らす 汽笛がちぎれて 沖で泣く 背伸びしたって 見えない明日 濡れた小指は 涙じゃないわ 春をかくした 雪のれん 酔ったら見えそう 夢あかり
盛り場流れ唄夜の中洲は 思い出ばかり 恋もしました 泣きました 花を散らした この街で 別れた人の いとしさが 心濡らして つのります  夜の新地は 情の花が 雨に打たれて 散ってゆく 酔って紛らす この背(せな)に 昔の演歌(うた)が 聞こえます 強がり女の しのび泣き  夜の栄は 涙の雨が 遠い思い出 流します 今夜限りの 優しさを 嘘と知りつゝ 許したの 馬鹿な女の 深情  夜のすゝきの 灯(あかり)が点りゃ 女心が うずきます 今度こそはと 夢を見て 今日もあなたの 一夜妻 夜の化粧の 裏で泣く八代亜紀悠木圭子鈴木淳夜の中洲は 思い出ばかり 恋もしました 泣きました 花を散らした この街で 別れた人の いとしさが 心濡らして つのります  夜の新地は 情の花が 雨に打たれて 散ってゆく 酔って紛らす この背(せな)に 昔の演歌(うた)が 聞こえます 強がり女の しのび泣き  夜の栄は 涙の雨が 遠い思い出 流します 今夜限りの 優しさを 嘘と知りつゝ 許したの 馬鹿な女の 深情  夜のすゝきの 灯(あかり)が点りゃ 女心が うずきます 今度こそはと 夢を見て 今日もあなたの 一夜妻 夜の化粧の 裏で泣く
霧笛霧が深くなる テープが海に散る 鴎は泣き叫ぶ 私は耳をふさぐ やめて やめて やめて 汽笛はやめて 誰か 誰か とめてよあの船を おんなひとりでは この港町 生きてゆけない あゝ夜を あゝひき裂く 出船のブルースよ  灼けた強い腕 タバコが沁みた胸 甘さをふくむ声 すべてがこれで終る やめて やめて やめて 汽笛はやめて 誰か 誰か とめてよあの船を あなた帰したら もうこの町は みんな灰色 あゝ夜も あゝ泣いてる 出船のブルースよ  やめて やめて やめて 汽笛はやめて 誰か 誰か とめてよあの船を あなた帰したら もうこの町は みんな灰色 あゝ夜も あゝ泣いてる 出船のブルースよ八代亜紀池田充男伊藤雪彦霧が深くなる テープが海に散る 鴎は泣き叫ぶ 私は耳をふさぐ やめて やめて やめて 汽笛はやめて 誰か 誰か とめてよあの船を おんなひとりでは この港町 生きてゆけない あゝ夜を あゝひき裂く 出船のブルースよ  灼けた強い腕 タバコが沁みた胸 甘さをふくむ声 すべてがこれで終る やめて やめて やめて 汽笛はやめて 誰か 誰か とめてよあの船を あなた帰したら もうこの町は みんな灰色 あゝ夜も あゝ泣いてる 出船のブルースよ  やめて やめて やめて 汽笛はやめて 誰か 誰か とめてよあの船を あなた帰したら もうこの町は みんな灰色 あゝ夜も あゝ泣いてる 出船のブルースよ
おんな青い炎に 燃えつきながら あなた好みに つくられた これも哀しい おんなの性(さが)よ 逢えばしくしく 泣く私  他人(ひと)は気まぐれ ふたりの仲を すぐに別れる 仲と言う 生きるたしかな この歓びは 恋をしなけりゃ わからない  髪をほどいた かたちに合わせ 今日のうすめの 紅をひく いっそ二人で 死にたいような 思いあふれる 雨の夜八代亜紀池田充男野崎真一青い炎に 燃えつきながら あなた好みに つくられた これも哀しい おんなの性(さが)よ 逢えばしくしく 泣く私  他人(ひと)は気まぐれ ふたりの仲を すぐに別れる 仲と言う 生きるたしかな この歓びは 恋をしなけりゃ わからない  髪をほどいた かたちに合わせ 今日のうすめの 紅をひく いっそ二人で 死にたいような 思いあふれる 雨の夜
雪の華吹雪いたら アア 道がない 遠い 近いも わからない かかと もとより 膝までも 雪にもぐらせ 行く女 アアア アア アアア 風がバチ打つ かき鳴らす  乱れ散る アア 雪の華 頬に まぶたに 受けながら 夏の祭の 想い出を 冬に返しに 来た女 アアア アア アアア 風がバチ打つ かき鳴らす  凍えたら アア 夢を見て 腕に抱かれた 心地して 心だけでも とどいたら それでいいのと 云う女 アアア アア アアア 風がバチ打つ かき鳴らす八代亜紀阿久悠浜圭介吹雪いたら アア 道がない 遠い 近いも わからない かかと もとより 膝までも 雪にもぐらせ 行く女 アアア アア アアア 風がバチ打つ かき鳴らす  乱れ散る アア 雪の華 頬に まぶたに 受けながら 夏の祭の 想い出を 冬に返しに 来た女 アアア アア アアア 風がバチ打つ かき鳴らす  凍えたら アア 夢を見て 腕に抱かれた 心地して 心だけでも とどいたら それでいいのと 云う女 アアア アア アアア 風がバチ打つ かき鳴らす
あなただけやさしく見えても 女の道は 嵐も吹きます 雨も降る 辛い時には 肩を抱き いつも守ると 泣かす人 あなただけです くちびるを あなただけです 許すのは  無理して飲むのは 身体に毒と 叱ってお猪口を 取り上げる 寂しがりやの この胸に 愛を点して くれた人 あなただけです この生命 あなただけです 燃やすのは  人生 山川 いくつも越えて 小さな幸福 探したい どんな苦労も ふたりなら 耐えてゆけると 笑う人 あなただけです 夢ひとつ あなただけです 分けるのは八代亜紀石坂まさを弦哲也やさしく見えても 女の道は 嵐も吹きます 雨も降る 辛い時には 肩を抱き いつも守ると 泣かす人 あなただけです くちびるを あなただけです 許すのは  無理して飲むのは 身体に毒と 叱ってお猪口を 取り上げる 寂しがりやの この胸に 愛を点して くれた人 あなただけです この生命 あなただけです 燃やすのは  人生 山川 いくつも越えて 小さな幸福 探したい どんな苦労も ふたりなら 耐えてゆけると 笑う人 あなただけです 夢ひとつ あなただけです 分けるのは
JAMAAS 真実はふたつわたしが生まれた日 父さんもそして誰も みんな笑って喜んだ 泣いたのはわたしだけ 宇宙には真実が 本当のことが二つあるわ 人は生まれて去ってゆく 命の全てはJAMAAS  きらめく星空の 光は遥かな昔 遠く幾千年前の 瞬きを見てるのね 若い日は美しく 終わりが来るとは誰も知らず まるで宛てない旅をする いつしか届くと信じ  思えば倖せも 命さえ借りた物ね いつか訪ねて来られたら 感謝して返しましょう 愛し合い許し合い 迷わず出会った二人なのに 永遠(とわ)の別れは止まらない 思えば全てはJAMAAS  夢か現(うつつ)か幻か 諸行無常と言うけれど 春は来る来るめぐり来る 輪廻転生(りんねてんしょう)人の世は  回りに子供たち いくつもの顔が囲む 午後の優しい陽だまりと 窓辺にはゆれる風 お願いもう泣かないで わたしは笑っているのよほら みんなほんとに有りがとう どこかでまた会いましょう…八代亜紀Dogmid Sosorbaram・日本語詩:伊藤薫Gonchig Jargalsaikhanわたしが生まれた日 父さんもそして誰も みんな笑って喜んだ 泣いたのはわたしだけ 宇宙には真実が 本当のことが二つあるわ 人は生まれて去ってゆく 命の全てはJAMAAS  きらめく星空の 光は遥かな昔 遠く幾千年前の 瞬きを見てるのね 若い日は美しく 終わりが来るとは誰も知らず まるで宛てない旅をする いつしか届くと信じ  思えば倖せも 命さえ借りた物ね いつか訪ねて来られたら 感謝して返しましょう 愛し合い許し合い 迷わず出会った二人なのに 永遠(とわ)の別れは止まらない 思えば全てはJAMAAS  夢か現(うつつ)か幻か 諸行無常と言うけれど 春は来る来るめぐり来る 輪廻転生(りんねてんしょう)人の世は  回りに子供たち いくつもの顔が囲む 午後の優しい陽だまりと 窓辺にはゆれる風 お願いもう泣かないで わたしは笑っているのよほら みんなほんとに有りがとう どこかでまた会いましょう…
愛は死んでもあなたが背中を 向けたから わたしの愛は 死にました あゝいやよ いやよ いやよ いやよ いやよ いやよと 燃えつきて 疲れたけれど 歓(よろこ)びに ふるえていたの 昨日まで  おもわずつけた 爪あとが 沁みると言った あなたです あゝいいの いいの いいの いいの いいの いいのよ 一度でも わたしのものに なったから 恨みはしない さようなら  おんなの大事な くちびるを 返してなどと 言わないわ あゝあなた あなた あなた あなた あなた あなたと 別れても 淋(さみ)しい時は 泣きに来て 扉を開けて あげましょう八代亜紀池田充男野崎真一あなたが背中を 向けたから わたしの愛は 死にました あゝいやよ いやよ いやよ いやよ いやよ いやよと 燃えつきて 疲れたけれど 歓(よろこ)びに ふるえていたの 昨日まで  おもわずつけた 爪あとが 沁みると言った あなたです あゝいいの いいの いいの いいの いいの いいのよ 一度でも わたしのものに なったから 恨みはしない さようなら  おんなの大事な くちびるを 返してなどと 言わないわ あゝあなた あなた あなた あなた あなた あなたと 別れても 淋(さみ)しい時は 泣きに来て 扉を開けて あげましょう
役者吹雪 地吹雪 背にうけて 海は白刃の 牙をむく 浜の番屋は 店じまい 網をたたんで 凪を待つ 呑んで 呑んで 今夜は呑んで はめをはずして この酒で あんたは役者 漁場の主役 わたしゃ脇役 惚れる役  無理は承知と 判っても ついて行きたい 漁場まで 惚れてしまえば 無我夢中 後に引けない 今更に 酔って 酔って 今夜は酔って 膝を枕に 夜明けまで あんたは役者 漁場の主役 ゴムの衣装で 海に出る  呑んで 呑んで 今夜は呑んで はめをはずして この酒で あんたは役者 漁場の主役 わたしゃ脇役 惚れる役八代亜紀たきのえいじ大谷明裕吹雪 地吹雪 背にうけて 海は白刃の 牙をむく 浜の番屋は 店じまい 網をたたんで 凪を待つ 呑んで 呑んで 今夜は呑んで はめをはずして この酒で あんたは役者 漁場の主役 わたしゃ脇役 惚れる役  無理は承知と 判っても ついて行きたい 漁場まで 惚れてしまえば 無我夢中 後に引けない 今更に 酔って 酔って 今夜は酔って 膝を枕に 夜明けまで あんたは役者 漁場の主役 ゴムの衣装で 海に出る  呑んで 呑んで 今夜は呑んで はめをはずして この酒で あんたは役者 漁場の主役 わたしゃ脇役 惚れる役
北の宿からあなた変わりはないですか 日毎寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます 女心の未練でしょう あなた恋しい北の宿  吹雪まじりに汽車の音 すすり泣くよに聞こえます お酒ならべてただ一人 涙唄など歌います 女心の未練でしょう あなた恋しい北の宿  あなた死んでもいいですか 胸がしんしん泣いてます 窓にうつして寝化粧を しても心は晴れません 女心の未練でしょう あなた恋しい北の宿八代亜紀阿久悠小林亜星あなた変わりはないですか 日毎寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます 女心の未練でしょう あなた恋しい北の宿  吹雪まじりに汽車の音 すすり泣くよに聞こえます お酒ならべてただ一人 涙唄など歌います 女心の未練でしょう あなた恋しい北の宿  あなた死んでもいいですか 胸がしんしん泣いてます 窓にうつして寝化粧を しても心は晴れません 女心の未練でしょう あなた恋しい北の宿
この素晴らしき世界明日も咲くバラの花 緑の木々も輝いて ひとり浴びる日射し なんて暖かい  嘘のない青い空 明るい日々と清き夜 人は家に帰り なんて楽しい  虹の足元は 幸せの場所ね 人々はみんな 自由に行き交う 胸にはたくさんの 感謝の気持ち まぶしい笑顔で I Love You  子供たちは 気付かぬうちに 星の名前を 知っている ひとり感じる すばらしい世界よ  子供たちは 気付かぬうちに 星の名前を 知っている ひとり感じる すばらしい世界よ そしてささやく What a wonderful world八代亜紀ROBERT THIELE・GEORGE DAVID WEISS・日本語詞:鈴木博文ROBERT THIELE・GEORGE DAVID WEISS明日も咲くバラの花 緑の木々も輝いて ひとり浴びる日射し なんて暖かい  嘘のない青い空 明るい日々と清き夜 人は家に帰り なんて楽しい  虹の足元は 幸せの場所ね 人々はみんな 自由に行き交う 胸にはたくさんの 感謝の気持ち まぶしい笑顔で I Love You  子供たちは 気付かぬうちに 星の名前を 知っている ひとり感じる すばらしい世界よ  子供たちは 気付かぬうちに 星の名前を 知っている ひとり感じる すばらしい世界よ そしてささやく What a wonderful world
カクテル悲しみ色したお酒に混ぜるものは 涙のにがさ 吐息の重さ それだけで 充分よ 未練やうらみは 入れないで どうやら私も またまたもとの一人 ジェラシーなんか 知らずに生きる 一口のカクテルで 陽気に歌えるひとになる 女もなかなかよ その気になりさえすりゃ 選ぶのも 捨てるのも いつだって 女しだい  ふられた女を見つめる顔をしたら グラスの酒を ぶっかけるわよ いま私 つらいのは つめたいベットが厭(いや)なだけ 幸福(しあわせ)ベースに 笑いを少し入れて 希望と夢を 一滴 二滴 カクテルの名前など 忘却なんかで いいじゃない 女もなかなかよ その気になりさえすりゃ 選ぶのも 捨てるのも いつだって 女しだい  女もなかなかよ その気になりさえすりゃ 選ぶのも 捨てるのも いつだって 女しだい八代亜紀阿久悠川口貴悲しみ色したお酒に混ぜるものは 涙のにがさ 吐息の重さ それだけで 充分よ 未練やうらみは 入れないで どうやら私も またまたもとの一人 ジェラシーなんか 知らずに生きる 一口のカクテルで 陽気に歌えるひとになる 女もなかなかよ その気になりさえすりゃ 選ぶのも 捨てるのも いつだって 女しだい  ふられた女を見つめる顔をしたら グラスの酒を ぶっかけるわよ いま私 つらいのは つめたいベットが厭(いや)なだけ 幸福(しあわせ)ベースに 笑いを少し入れて 希望と夢を 一滴 二滴 カクテルの名前など 忘却なんかで いいじゃない 女もなかなかよ その気になりさえすりゃ 選ぶのも 捨てるのも いつだって 女しだい  女もなかなかよ その気になりさえすりゃ 選ぶのも 捨てるのも いつだって 女しだい
お母さん故郷(くに)をはなれて ひとりぼっち つらい悲しい めにあって やっとわかった 親ごころ 身にしみましたよ お母さん  お腹こわすな 風邪ひくな 雨が降る日は 傘になり 雪の降る日は ぬくもりを あたえてくれた お母さん  人のしあわせ うらやむな 人にしあわせ あげるよな 心に花が 咲くのだと おしえてくれた お母さん  空を見上げりゃ 空にある 海を眺めりゃ 海にある 涯(はて)も知れない やさしさの マリアのような お母さん八代亜紀川内康範川内康範故郷(くに)をはなれて ひとりぼっち つらい悲しい めにあって やっとわかった 親ごころ 身にしみましたよ お母さん  お腹こわすな 風邪ひくな 雨が降る日は 傘になり 雪の降る日は ぬくもりを あたえてくれた お母さん  人のしあわせ うらやむな 人にしあわせ あげるよな 心に花が 咲くのだと おしえてくれた お母さん  空を見上げりゃ 空にある 海を眺めりゃ 海にある 涯(はて)も知れない やさしさの マリアのような お母さん
池袋の夜あなたに逢えぬ 悲しさに 涙もかれて しまうほど 泣いて悩んで 死にたくなるの せめないわ せめないわ どうせ気まぐれ 東京の夜の池袋  他人のままで 別れたら よかったものを もうおそい 美久仁小路の 灯りのように 待ちますわ 待ちますわ さようならなんて 言われない 夜の池袋  にげてしまった 幸福は しょせん女の 身につかぬ お酒で忘れる 人生横丁 いつまでも いつまでも どうせ気まぐれ 東京の夜の池袋八代亜紀吉川静夫渡久地政信あなたに逢えぬ 悲しさに 涙もかれて しまうほど 泣いて悩んで 死にたくなるの せめないわ せめないわ どうせ気まぐれ 東京の夜の池袋  他人のままで 別れたら よかったものを もうおそい 美久仁小路の 灯りのように 待ちますわ 待ちますわ さようならなんて 言われない 夜の池袋  にげてしまった 幸福は しょせん女の 身につかぬ お酒で忘れる 人生横丁 いつまでも いつまでも どうせ気まぐれ 東京の夜の池袋
長崎はみなと町長崎 長崎 みなと町 別れて行くひと 帰る人 あなたは あなたは どこへ どこへ 行ったのか 探して歩く おんなの胸に 今日も 雨が降る 泣かすつもりか 泣かすつもりか 遠いあの汽笛  長崎 長崎 みなと町 恋して泣くのは 女だけ あなたを あなたを 呼んで 呼んでみたけれど カモメに聞いた 噂がつらい ブイの灯が憎い 泣かすつもりか 泣かすつもりか 雨の波止場みち  長崎 長崎 みなと町 ステンドグラスの灯がにじむ あなたが あなたが 忘れ 忘れられないの ひとりで帰る オランダ坂に なみだ雨が降る 泣かすつもりか 泣かすつもりか 遠いあの汽笛八代亜紀二条冬詩夫伊藤雪彦長崎 長崎 みなと町 別れて行くひと 帰る人 あなたは あなたは どこへ どこへ 行ったのか 探して歩く おんなの胸に 今日も 雨が降る 泣かすつもりか 泣かすつもりか 遠いあの汽笛  長崎 長崎 みなと町 恋して泣くのは 女だけ あなたを あなたを 呼んで 呼んでみたけれど カモメに聞いた 噂がつらい ブイの灯が憎い 泣かすつもりか 泣かすつもりか 雨の波止場みち  長崎 長崎 みなと町 ステンドグラスの灯がにじむ あなたが あなたが 忘れ 忘れられないの ひとりで帰る オランダ坂に なみだ雨が降る 泣かすつもりか 泣かすつもりか 遠いあの汽笛
別れの艶歌せつない恋ですふたりの恋は 別れの涙で 行きどまり 胸を灼くよな強めのお酒 すこし下さい 私にも 今夜は芯から酔いたいの  愛したときからこころの隅で 他人になる日を知っていた 酒場ぐらしのうき草だもの ゆめも咲かせて見たけれど あなたにゃ待ってるひとがいる  みれんが増すほど無くちになって 私は小指の爪を噛む こんな女は忘れてほしい 酔ってつぶやくうらみ言 ギターも泣いてる夜ふけ町 八代亜紀池田充男野崎真一せつない恋ですふたりの恋は 別れの涙で 行きどまり 胸を灼くよな強めのお酒 すこし下さい 私にも 今夜は芯から酔いたいの  愛したときからこころの隅で 他人になる日を知っていた 酒場ぐらしのうき草だもの ゆめも咲かせて見たけれど あなたにゃ待ってるひとがいる  みれんが増すほど無くちになって 私は小指の爪を噛む こんな女は忘れてほしい 酔ってつぶやくうらみ言 ギターも泣いてる夜ふけ町 
流川ブルースあの人に 逢いたくて ひとり来た この町は だれが だれが だれが名づけた 流川 いまのわたしの 身の上に とても似てます あの歌は 男と女 女と男 流川ブルース  よそ者の わたしでも 住めそうな 気がします 夢も 夢も 夢もなみだも 流川 街に灯りが 点くころは 恋に身を灼く 宵化粧 男と女 女と男 流川ブルース  たそがれの 橋の上 あの人を 呼んでみた きっと きっと きっと逢えます 流川 こんど逢ったら その時は あなた抱いてね しっかりと 男と女 女と男 流川ブルース八代亜紀高月ことば村沢良介あの人に 逢いたくて ひとり来た この町は だれが だれが だれが名づけた 流川 いまのわたしの 身の上に とても似てます あの歌は 男と女 女と男 流川ブルース  よそ者の わたしでも 住めそうな 気がします 夢も 夢も 夢もなみだも 流川 街に灯りが 点くころは 恋に身を灼く 宵化粧 男と女 女と男 流川ブルース  たそがれの 橋の上 あの人を 呼んでみた きっと きっと きっと逢えます 流川 こんど逢ったら その時は あなた抱いてね しっかりと 男と女 女と男 流川ブルース
ステーションホテル24時さびしさの あまりに いたずらの 煙草 立ちのぼる けむりに 涙ぐむ 実りなく 終わった 恋の日を 思い むなしさの 真夜中 ひとりきり くるおしい抱擁 信じたい言葉 すべて 投げ捨てて わたしは 旅へ… ああ ああ ステーションホテル 24時  口紅を 落として 爪の色 変えて 出来るだけ 素顔で 眠りましょう 明日の朝 始発で 旅に出る時は けだるさの かけらも ないように 華やかな 毎日 にぎやかな くらし 今は もう忘れ わたしは 他人… ああ ああ ステーションホテル 24時  ああ ああ ステーションホテル 24時八代亜紀阿久悠杉本眞人さびしさの あまりに いたずらの 煙草 立ちのぼる けむりに 涙ぐむ 実りなく 終わった 恋の日を 思い むなしさの 真夜中 ひとりきり くるおしい抱擁 信じたい言葉 すべて 投げ捨てて わたしは 旅へ… ああ ああ ステーションホテル 24時  口紅を 落として 爪の色 変えて 出来るだけ 素顔で 眠りましょう 明日の朝 始発で 旅に出る時は けだるさの かけらも ないように 華やかな 毎日 にぎやかな くらし 今は もう忘れ わたしは 他人… ああ ああ ステーションホテル 24時  ああ ああ ステーションホテル 24時
愛しすぎる女扉が開(あ)くたびに 夜の気配流れ込む 背中で聞いているの あなたの気配 遠い声 さよなら言う前に 何か言い忘れたような グラスに浮かべてみた 言葉何杯も飲み干す  愛しすぎる人は 愛されないものだわ 重いコート脱ぐように あの日あなた部屋を出て行った  いつまでこんな場所で 想い出という幻たちを 追いかけてるのかしら  私が二番目にほしいものをくれた人 孤独な夜の背中 静かに抱いてくれた人  夜明けのコーヒーで 女たちは夢見る 優しい嘘にさえも 愛を見つけて生きていけるの  扉はもう開(あ)かない あの頃よりも 元気だったと 彼が来たら伝えて  届かない愛ほど 輝いて見えるもの 会いたくても叶わない 涙が心に火をつける  扉をもう開(あ)けない 明日は別の風に吹かれて 別々の夢を見る八代亜紀吉元由美クリヤ・マコト扉が開(あ)くたびに 夜の気配流れ込む 背中で聞いているの あなたの気配 遠い声 さよなら言う前に 何か言い忘れたような グラスに浮かべてみた 言葉何杯も飲み干す  愛しすぎる人は 愛されないものだわ 重いコート脱ぐように あの日あなた部屋を出て行った  いつまでこんな場所で 想い出という幻たちを 追いかけてるのかしら  私が二番目にほしいものをくれた人 孤独な夜の背中 静かに抱いてくれた人  夜明けのコーヒーで 女たちは夢見る 優しい嘘にさえも 愛を見つけて生きていけるの  扉はもう開(あ)かない あの頃よりも 元気だったと 彼が来たら伝えて  届かない愛ほど 輝いて見えるもの 会いたくても叶わない 涙が心に火をつける  扉をもう開(あ)けない 明日は別の風に吹かれて 別々の夢を見る
女の予感この世に生まれた不思議 あなたを愛した奇跡 傷ついても忘れてしまえば 生まれ変われる 何度でも…  change my life 涙をすてて 私もっときれいになるね change my days 知らない道を 歩いている私が好き  誰にも言えないことを 沢山かかえ込むより この世なんて夢うつつだから 桜吹雪になればいい  change my life 涙をすてて 恋の予感胸に秘める change my days 星空を見る 夜明け前の私が好き  change my life 涙をすてて 私もっときれいになるね change my days 知らない道を 歩いている私が好き八代亜紀岡田冨美子徳久広司この世に生まれた不思議 あなたを愛した奇跡 傷ついても忘れてしまえば 生まれ変われる 何度でも…  change my life 涙をすてて 私もっときれいになるね change my days 知らない道を 歩いている私が好き  誰にも言えないことを 沢山かかえ込むより この世なんて夢うつつだから 桜吹雪になればいい  change my life 涙をすてて 恋の予感胸に秘める change my days 星空を見る 夜明け前の私が好き  change my life 涙をすてて 私もっときれいになるね change my days 知らない道を 歩いている私が好き
MU-JO遠く思い出つづれば まるで輪廻のごとく いいえまだ生まれる前の 幻?全て夢?  あの日十五で 覚えた歌を 見よう見まねで歌う 煙(ケム)がしみる クラブに痩せたドレス いつしか故郷も忘れて  気が付けば きらめく舞台 鳴りやまぬ拍手 浴びる毎日 だけどそれも いつしか終わる 無情 無常 時よ…  少し遅れて 覚えた恋は 熱く燃えて 躰ごと 肌を合わせ 命を共に交わし 死ぬほど愛していたって  春は花 盛りの夏に 拒めども秋が やがて冬が そして花は 必ず滅ぶ 無情 無常 だけど…  Don't Don't you cry. I will love you forever. きっと会える きっと会える  誰もみな 短く永く 美しく過ぎて 閉じる人生 ならば今をまぶしく咲いて 無情 無常 生きて 次の 国で またね…八代亜紀伊藤薫マーティ・フリードマン遠く思い出つづれば まるで輪廻のごとく いいえまだ生まれる前の 幻?全て夢?  あの日十五で 覚えた歌を 見よう見まねで歌う 煙(ケム)がしみる クラブに痩せたドレス いつしか故郷も忘れて  気が付けば きらめく舞台 鳴りやまぬ拍手 浴びる毎日 だけどそれも いつしか終わる 無情 無常 時よ…  少し遅れて 覚えた恋は 熱く燃えて 躰ごと 肌を合わせ 命を共に交わし 死ぬほど愛していたって  春は花 盛りの夏に 拒めども秋が やがて冬が そして花は 必ず滅ぶ 無情 無常 だけど…  Don't Don't you cry. I will love you forever. きっと会える きっと会える  誰もみな 短く永く 美しく過ぎて 閉じる人生 ならば今をまぶしく咲いて 無情 無常 生きて 次の 国で またね…
愛していません愛していませんほんとです 誓いの言葉は嘘でした あとは何にもいえません いえば涙があふれます 分ってください 女ごころの底の底  無論あなたがいなくても 生きてゆけます平気です 熱いコーヒーがさめるよに 恋もさめますさめるでしょう 許してください- 今は何にも訊かないで  女ですもの淋しくて すこしは泣くかも知れません だけど心配無用です きっと幸福みつけます ふりむかないで 愛の傷あといたむから八代亜紀ジェームス三木野崎真一愛していませんほんとです 誓いの言葉は嘘でした あとは何にもいえません いえば涙があふれます 分ってください 女ごころの底の底  無論あなたがいなくても 生きてゆけます平気です 熱いコーヒーがさめるよに 恋もさめますさめるでしょう 許してください- 今は何にも訊かないで  女ですもの淋しくて すこしは泣くかも知れません だけど心配無用です きっと幸福みつけます ふりむかないで 愛の傷あといたむから
逢わずに愛して涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめてせめて こころに ああ 永久にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっとそっと こころで ああ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがりすがり 生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも八代亜紀川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめてせめて こころに ああ 永久にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっとそっと こころで ああ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがりすがり 生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
恋人よ枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい八代亜紀五輪真弓五輪真弓枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を 誘っている  恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私のそばにいてよ そしてひとこと この別ればなしが 冗談だよと 笑ってほしい
落葉の駅汽車を降りて歩けば 風とすれ違う 何も言わず別れて ここまで来たばかり あなた今頃 何してますか あわてて私を 探してますか 落葉集めて 風の駅 影をおとして ひとりきり 帰りたい 帰れない あの胸には 帰れない 流れる 雲だけが 横切る 寒い街  西の空を見上げて 明日を占う 遠ざかればますます 心が痛み出す つらい噂を 許せないのに 心はあなたに 戻ってゆくわ 落葉集めて 風の駅 涙集めて ひとりきり 憎みたい 憎めない 想い出まで 憎めない 枯れ枝の 音だけが ざわめく 寒い道八代亜紀窪田万梨立花亮汽車を降りて歩けば 風とすれ違う 何も言わず別れて ここまで来たばかり あなた今頃 何してますか あわてて私を 探してますか 落葉集めて 風の駅 影をおとして ひとりきり 帰りたい 帰れない あの胸には 帰れない 流れる 雲だけが 横切る 寒い街  西の空を見上げて 明日を占う 遠ざかればますます 心が痛み出す つらい噂を 許せないのに 心はあなたに 戻ってゆくわ 落葉集めて 風の駅 涙集めて ひとりきり 憎みたい 憎めない 想い出まで 憎めない 枯れ枝の 音だけが ざわめく 寒い道
酒よ涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒 手酌酒 演歌を聞きながら ホロリ酒 そんな夜も たまにゃ なァいいさ  あの頃を振り返りゃ 夢積む船で 荒波に向ってた 二人して 男酒 手酌酒 演歌を聞きながら なァ酒よ お前には わかるか なァ酒よ  飲みたいよ浴(あ)びるほど 眠りつくまで 男には明日(あす)がある わかるだろう 詫びながら 手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ  詫びながら 手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ わかるよ なァ酒よ八代亜紀吉幾三吉幾三涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒 手酌酒 演歌を聞きながら ホロリ酒 そんな夜も たまにゃ なァいいさ  あの頃を振り返りゃ 夢積む船で 荒波に向ってた 二人して 男酒 手酌酒 演歌を聞きながら なァ酒よ お前には わかるか なァ酒よ  飲みたいよ浴(あ)びるほど 眠りつくまで 男には明日(あす)がある わかるだろう 詫びながら 手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ  詫びながら 手酌酒 演歌を聞きながら 愛してる これからも わかるよ なァ酒よ わかるよ なァ酒よ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あなたのブルース雨が窓を打つ 私の胸を打つ 私は指をかむ せつなく指をかむ あなた あなた あなた あなた あなた! ああ 私のあなた あなた あなた あなた あなた あなた! ラ! ルルラ ルルラ ルラ! 暗いお部屋で むなしく 一人唄うは ああ ああ あなたのブルース  夢で逢う人も 逃げて行くまぼろしも 昔の想い出も 明日の希望も あなた あなた あなた あなた あなた! ああ すべてがあなた あなた あなた あなた あなた あなた! ラ! ルルラ ルルラ ルラ! 押え切れずに はげしく 泣いて唄うは ああ ああ あなたのブルース八代亜紀藤本卓也藤本卓也雨が窓を打つ 私の胸を打つ 私は指をかむ せつなく指をかむ あなた あなた あなた あなた あなた! ああ 私のあなた あなた あなた あなた あなた あなた! ラ! ルルラ ルルラ ルラ! 暗いお部屋で むなしく 一人唄うは ああ ああ あなたのブルース  夢で逢う人も 逃げて行くまぼろしも 昔の想い出も 明日の希望も あなた あなた あなた あなた あなた! ああ すべてがあなた あなた あなた あなた あなた あなた! ラ! ルルラ ルルラ ルラ! 押え切れずに はげしく 泣いて唄うは ああ ああ あなたのブルース
最終ひかり東京21時 最終ひかり きみが泣くから この目もぬれる 肩を引き寄せ みつめ合う 東京~大阪 ふたりの愛は 別れがせつない 14番線  東京21時 デッキに立てば 離れたくない 思いはひとつ 涙こらえた 横顔に 東京~大阪 手をふるあなた ひとりじゃ淋しい 14番線  東京21時 いつまた逢える こんな別れを 知らないベルよ 愛のぬくもり 抱きしめて 東京~大阪 こころの糸を 結んで走る 14番線 八代亜紀沢ひとし大船わたる東京21時 最終ひかり きみが泣くから この目もぬれる 肩を引き寄せ みつめ合う 東京~大阪 ふたりの愛は 別れがせつない 14番線  東京21時 デッキに立てば 離れたくない 思いはひとつ 涙こらえた 横顔に 東京~大阪 手をふるあなた ひとりじゃ淋しい 14番線  東京21時 いつまた逢える こんな別れを 知らないベルよ 愛のぬくもり 抱きしめて 東京~大阪 こころの糸を 結んで走る 14番線 
津軽海峡・冬景色上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で 海鳴りだけをきいている 私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎見つめ 泣いていました ああ 津軽海峡冬景色  ごらんあれが竜飛(たっぴ)岬 北のはずれと 見知らぬ人が指をさす 息でくもる窓のガラス ふいてみたけど はるかにかすみ見えるだけ さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡冬景色  さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡冬景色八代亜紀阿久悠三木たかし上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で 海鳴りだけをきいている 私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎見つめ 泣いていました ああ 津軽海峡冬景色  ごらんあれが竜飛(たっぴ)岬 北のはずれと 見知らぬ人が指をさす 息でくもる窓のガラス ふいてみたけど はるかにかすみ見えるだけ さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡冬景色  さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡冬景色
女は花になれ雨にうたれて こぼれた花を グラスに浮かべて 泣いていた 酔いどれ男の 傷跡を そっと優しく つつむよに 女は 花に… 花になれ 咲いてあなたの こころ花  嘘と知りつつ 騙されて来た 男の遊びは 綱渡り 流した涙も 涸れました どしゃぶり雨の 泥沼で 女は 花に… 花になれ 咲いて一輪 蓮の花  命けずって 今日まで生きた 所詮 女は 女です 男が命を 賭けるなら 心重ねた 人だから 女は 花に… 花になれ 咲いて散ります いのち花八代亜紀悠木圭子鈴木淳雨にうたれて こぼれた花を グラスに浮かべて 泣いていた 酔いどれ男の 傷跡を そっと優しく つつむよに 女は 花に… 花になれ 咲いてあなたの こころ花  嘘と知りつつ 騙されて来た 男の遊びは 綱渡り 流した涙も 涸れました どしゃぶり雨の 泥沼で 女は 花に… 花になれ 咲いて一輪 蓮の花  命けずって 今日まで生きた 所詮 女は 女です 男が命を 賭けるなら 心重ねた 人だから 女は 花に… 花になれ 咲いて散ります いのち花
襟裳岬北の町ではもう 悲しみを暖炉(だんろ)で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうちに おいぼれてしまうから 黙りとおした 歳月(としつき)を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です  君は二杯目だよね コーヒーカップに 角砂糖を一つだったね 捨てて来てしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして 通りすぎた 夏の匂い 思い出して 懐かしいね 襟裳の春は 何もない春です  日々の暮しはいやでも やってくるけど 静かに笑ってしまおう いじけることだけが 生きることだと 飼い馴らしすぎたので 身構えながら 話すなんて あゝおくびょう なんだよね 襟裳の春は 何もない春です  寒い友だちが 訪ねてきたよ 遠慮はいらないから 暖ってゆきなよ八代亜紀岡本おさみ吉田拓郎北の町ではもう 悲しみを暖炉(だんろ)で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうちに おいぼれてしまうから 黙りとおした 歳月(としつき)を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です  君は二杯目だよね コーヒーカップに 角砂糖を一つだったね 捨てて来てしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして 通りすぎた 夏の匂い 思い出して 懐かしいね 襟裳の春は 何もない春です  日々の暮しはいやでも やってくるけど 静かに笑ってしまおう いじけることだけが 生きることだと 飼い馴らしすぎたので 身構えながら 話すなんて あゝおくびょう なんだよね 襟裳の春は 何もない春です  寒い友だちが 訪ねてきたよ 遠慮はいらないから 暖ってゆきなよ
この広い宇宙のかなたでこの広い 宇宙(そら)のかなたで 新しい星が うまれる 美しい 人生を歩いて わたしはいま ここにいます  この広い 海原(うみ)のむこうで 新しい朝が うまれる 素晴らしい 出会いを重ねて わたしはいま 輝きます  この広い 世界のうえで あなたとふたり 出会えた しあわせを いつも感じて わたしはずっと ともにいます  この広い 地球(ほし)のどこかで 新しいいのち うまれる これからの 未来 信じて わたしはいま 歌います  わたしはいま 歌います八代亜紀高嶋渉ゲール語民謡この広い 宇宙(そら)のかなたで 新しい星が うまれる 美しい 人生を歩いて わたしはいま ここにいます  この広い 海原(うみ)のむこうで 新しい朝が うまれる 素晴らしい 出会いを重ねて わたしはいま 輝きます  この広い 世界のうえで あなたとふたり 出会えた しあわせを いつも感じて わたしはずっと ともにいます  この広い 地球(ほし)のどこかで 新しいいのち うまれる これからの 未来 信じて わたしはいま 歌います  わたしはいま 歌います
長崎は今日も雨だったあなたひとりに かけた恋 愛の言葉を 信じたの さがし さがし求めて ひとり ひとりさまよえば 行けど切ない 石だたみ あゝ長崎は今日も雨だった  夜の丸山 たずねても 冷たい風が 身に沁みる 愛し愛しの ひとは どこにどこに いるのか 教えて欲しい 街の灯よ あゝ長崎は今日も雨だった  頬にこぼれる なみだの雨に 命も恋も 捨てたのに こころこころ 乱れて 飲んで飲んで 酔いしれる 酒に恨みは ないものを あゝ長崎は今日も雨だった八代亜紀永田貴子彩木雅夫あなたひとりに かけた恋 愛の言葉を 信じたの さがし さがし求めて ひとり ひとりさまよえば 行けど切ない 石だたみ あゝ長崎は今日も雨だった  夜の丸山 たずねても 冷たい風が 身に沁みる 愛し愛しの ひとは どこにどこに いるのか 教えて欲しい 街の灯よ あゝ長崎は今日も雨だった  頬にこぼれる なみだの雨に 命も恋も 捨てたのに こころこころ 乱れて 飲んで飲んで 酔いしれる 酒に恨みは ないものを あゝ長崎は今日も雨だった
残酷な天使のテーゼ残酷な天使のように 少年よ 神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来 めざすための 羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ 神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが 映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知るためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみが そしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ  人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ 神話になれ八代亜紀及川眠子佐藤英敏残酷な天使のように 少年よ 神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来 めざすための 羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ 神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが 映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知るためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみが そしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ  人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ 神話になれ
お父さんある人が言った 「母の愛は歌になるが、父の愛はきびしすぎて歌にもならない」 そうかなあと思う。 目をつむれば、父の色々な顔が思い出されて来る。 まがった事がきらいで、だから厳しく海の様な厳しさで生きていた。 そのくせちょっぴり涙もろくて母よりももっと涙もろくて 困った人を見るとほっておけないそんな父を私は好きだった。 雨が降る風が吹く貧しさの中にあっても、 母も私も父の胸に抱かれて暖かった。 あゝお父さん、歌にならないと言われるあなたの歌を 八代亜紀まぎれもない あなたの娘が感謝をこめて歌います。  生まれたときからお父さん あなたはわたしの鬼だった 雨の降る日も 風の日も 我が子を守る 鬼だった この世に虹をかけるよな こころきれいな 花になれ しみじみ教えて 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう  生まれたときからお父さん わたしはあなたの夢だった 雨の降る日も 風の日も あなたを困らす 夢だった 泣き虫だから 手を焼いて どこかにすてると いいながら そのくせなおさら 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう八代亜紀川内康範鈴木淳ある人が言った 「母の愛は歌になるが、父の愛はきびしすぎて歌にもならない」 そうかなあと思う。 目をつむれば、父の色々な顔が思い出されて来る。 まがった事がきらいで、だから厳しく海の様な厳しさで生きていた。 そのくせちょっぴり涙もろくて母よりももっと涙もろくて 困った人を見るとほっておけないそんな父を私は好きだった。 雨が降る風が吹く貧しさの中にあっても、 母も私も父の胸に抱かれて暖かった。 あゝお父さん、歌にならないと言われるあなたの歌を 八代亜紀まぎれもない あなたの娘が感謝をこめて歌います。  生まれたときからお父さん あなたはわたしの鬼だった 雨の降る日も 風の日も 我が子を守る 鬼だった この世に虹をかけるよな こころきれいな 花になれ しみじみ教えて 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう  生まれたときからお父さん わたしはあなたの夢だった 雨の降る日も 風の日も あなたを困らす 夢だった 泣き虫だから 手を焼いて どこかにすてると いいながら そのくせなおさら 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう
赤い街赤い灯が水面に揺れている 行き交う人の群れは 流れる川のように さざめいて…知る人もいない街の片隅で 置き去りにしてた  記憶をといてみましょうか おぼろげな眼差しに 映るのは白い指 少し流れてみましょうか いつからここにいるの? 誰のためにでもない 鐘の音が聞こえる ダビダ ダバダバ ドゥビドゥバ  石だたみ 足音過ぎてく 月影の路地裏は 壊れたギターみたい 傾いて…思い出もない店の片隅で 放り投げていた  パズルを解いてみましょうか 不揃いなキューブたち 永久にそろわない いちど崩してみましょうか 目的なんてないのよ 誰のためにでもない 低い歌が聞こえる ダダダ ダビダドゥバドゥビドゥバ  とめどなく溢れ出す 哀しさと愛のフィーリング 向こう側に見えるのは あなたの幻  記憶を解いてみましょうか おぼろげな眼差しに 映るのは白い指 少し流れてみましょうか いつからここにいるの? 誰のためにでもない 鐘の音が聞こえる ダビダ ダバダドゥバドゥビドゥバ  赤い灯が水面に揺れてる 行き交う人の群れは 流れる川のように八代亜紀さくらももこ松雪陽赤い灯が水面に揺れている 行き交う人の群れは 流れる川のように さざめいて…知る人もいない街の片隅で 置き去りにしてた  記憶をといてみましょうか おぼろげな眼差しに 映るのは白い指 少し流れてみましょうか いつからここにいるの? 誰のためにでもない 鐘の音が聞こえる ダビダ ダバダバ ドゥビドゥバ  石だたみ 足音過ぎてく 月影の路地裏は 壊れたギターみたい 傾いて…思い出もない店の片隅で 放り投げていた  パズルを解いてみましょうか 不揃いなキューブたち 永久にそろわない いちど崩してみましょうか 目的なんてないのよ 誰のためにでもない 低い歌が聞こえる ダダダ ダビダドゥバドゥビドゥバ  とめどなく溢れ出す 哀しさと愛のフィーリング 向こう側に見えるのは あなたの幻  記憶を解いてみましょうか おぼろげな眼差しに 映るのは白い指 少し流れてみましょうか いつからここにいるの? 誰のためにでもない 鐘の音が聞こえる ダビダ ダバダドゥバドゥビドゥバ  赤い灯が水面に揺れてる 行き交う人の群れは 流れる川のように
五月雨の道この道はあなたと来た道 きれいな鳥がやさしい声で… 思い出は無情よと 言い残し飛び立った…  疵(きず)しか残らないのが この世の恋ですか… 五月雨に濡れながら 紫陽花が色を変えて行く 淋しくてこわれそうです 生きてるあなたにどうして会えないの…  この道に吐息を吹きかけ あの日にもしも帰れるならば… 私から抱きしめて もう二度と離さない…  疵(きず)しか残らなくても しあわせが欲しいの 人生はまぼろしで このからだ空蝉(うつせみ)ならばと 五月雨の天(そら)を見上げる 生きてるあなたにどうして会えないの…  疵(きず)しか残らないのが この世の恋ですか… 五月雨に濡れながら 紫陽花が色を変えて行く 淋しくてこわれそうです 生きてるあなたにどうして会えないの…八代亜紀岡田冨美子中崎英也この道はあなたと来た道 きれいな鳥がやさしい声で… 思い出は無情よと 言い残し飛び立った…  疵(きず)しか残らないのが この世の恋ですか… 五月雨に濡れながら 紫陽花が色を変えて行く 淋しくてこわれそうです 生きてるあなたにどうして会えないの…  この道に吐息を吹きかけ あの日にもしも帰れるならば… 私から抱きしめて もう二度と離さない…  疵(きず)しか残らなくても しあわせが欲しいの 人生はまぼろしで このからだ空蝉(うつせみ)ならばと 五月雨の天(そら)を見上げる 生きてるあなたにどうして会えないの…  疵(きず)しか残らないのが この世の恋ですか… 五月雨に濡れながら 紫陽花が色を変えて行く 淋しくてこわれそうです 生きてるあなたにどうして会えないの…
フランチェスカの鐘あゝ あの人と別れた夜は たゞ何んとなく 面倒くさくて 左様ならバイバイ 言ったゞけなのに フランチェスカの 鐘の音が チンカラカンと鳴り渡りゃ 胸は切ない 涙がこぼれる なぜか知れない この悲しみよ  あゝ ふたゝびはかえらぬ人か たゞひとめだけ 逢いたいのよ 愛しているわ 愛しているのよ フランチェスカの 鐘の音が チンカラカンと鳴り渡りゃ 声をかぎりに あなたと呼べど 人はかえらず こだまがかえる  フランチェスカの 鐘の音よ チンカラカンの 鐘の音よ 心も狂う未練の言葉 せめて一度は つたえておくれ八代亜紀菊田一夫古関裕而あゝ あの人と別れた夜は たゞ何んとなく 面倒くさくて 左様ならバイバイ 言ったゞけなのに フランチェスカの 鐘の音が チンカラカンと鳴り渡りゃ 胸は切ない 涙がこぼれる なぜか知れない この悲しみよ  あゝ ふたゝびはかえらぬ人か たゞひとめだけ 逢いたいのよ 愛しているわ 愛しているのよ フランチェスカの 鐘の音が チンカラカンと鳴り渡りゃ 声をかぎりに あなたと呼べど 人はかえらず こだまがかえる  フランチェスカの 鐘の音よ チンカラカンの 鐘の音よ 心も狂う未練の言葉 せめて一度は つたえておくれ
いとしのエリー泣かした事もある 冷たくしてもなお よりそう気持ちがあればいいのさ 俺にしてみりゃ これで最後のlady エリーmy love so sweet  二人がもしもさめて目を見りゃつれなくて 人に言えず思い出だけがつのれば 言葉につまるようじゃ恋は終わりね エリーmy love so sweet  笑ってもっとbaby むじゃきにon my mind 映ってもっとbaby すてきにin your sight 誘い涙の日が落ちる エリーmy love so sweet エリーmy love so sweet  あなたがもしもどこかの遠くへ行きうせても 今までしてくれたことを忘れずにいたいよ もどかしさもあなたにゃ程よくいいね エリーmy love so sweet  笑ってもっとbaby むじゃきにon my mind 映ってもっとbaby すてきにin your sight みぞれまじりの心なら エリーmy love so sweet エリーmy love so sweet  笑ってもっとbaby むじゃきにon my mind 映ってもっとbaby すてきにin your sight 泣かせ文句のその後じゃ エリーmy love so sweet エリーmy love so sweet エリーmy love エリーOh Baby八代亜紀桑田佳祐桑田佳祐泣かした事もある 冷たくしてもなお よりそう気持ちがあればいいのさ 俺にしてみりゃ これで最後のlady エリーmy love so sweet  二人がもしもさめて目を見りゃつれなくて 人に言えず思い出だけがつのれば 言葉につまるようじゃ恋は終わりね エリーmy love so sweet  笑ってもっとbaby むじゃきにon my mind 映ってもっとbaby すてきにin your sight 誘い涙の日が落ちる エリーmy love so sweet エリーmy love so sweet  あなたがもしもどこかの遠くへ行きうせても 今までしてくれたことを忘れずにいたいよ もどかしさもあなたにゃ程よくいいね エリーmy love so sweet  笑ってもっとbaby むじゃきにon my mind 映ってもっとbaby すてきにin your sight みぞれまじりの心なら エリーmy love so sweet エリーmy love so sweet  笑ってもっとbaby むじゃきにon my mind 映ってもっとbaby すてきにin your sight 泣かせ文句のその後じゃ エリーmy love so sweet エリーmy love so sweet エリーmy love エリーOh Baby
喝采いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる八代亜紀吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
ダンスはうまく踊れないダンスは うまく 踊れない あまり 夢中に なれなくて ネコは 足もとで踊り 私 それを ながめている 夏の夜は すでに暗く蒼く 窓にみえる 星の光近く 誰も来ないし 誰も知らない ひとりきりでは ダンスはうまく踊れない 遠い なつかし あの歌 私 夢色のドレス あなた 限りない 笑顔で 足を前に 右に 後 左 風の様に 水の様に ふたり 時を 忘れて 時の間を  LaLa....................  今夜ひとりで ダンスをうまく踊りたい 丸いテーブルのまわりを 私 ナイトガウンのドレス 歌は なつかしい あの歌 部屋の中で 白い靴をはいて ゆれる ゆれる 心 夢にゆれる 夜を忘れて 夜に向って  DuDuDu DaDaDa...... DaDaDa DuDuDa...... LaLaLa DaDaDa...... DaDaDa DuDuDuDu LuLuLu...... DaDaDa...... LaLaLa......八代亜紀井上陽水井上陽水ダンスは うまく 踊れない あまり 夢中に なれなくて ネコは 足もとで踊り 私 それを ながめている 夏の夜は すでに暗く蒼く 窓にみえる 星の光近く 誰も来ないし 誰も知らない ひとりきりでは ダンスはうまく踊れない 遠い なつかし あの歌 私 夢色のドレス あなた 限りない 笑顔で 足を前に 右に 後 左 風の様に 水の様に ふたり 時を 忘れて 時の間を  LaLa....................  今夜ひとりで ダンスをうまく踊りたい 丸いテーブルのまわりを 私 ナイトガウンのドレス 歌は なつかしい あの歌 部屋の中で 白い靴をはいて ゆれる ゆれる 心 夢にゆれる 夜を忘れて 夜に向って  DuDuDu DaDaDa...... DaDaDa DuDuDa...... LaLaLa DaDaDa...... DaDaDa DuDuDuDu LuLuLu...... DaDaDa...... LaLaLa......
悪女マリコの部屋へ 電話をかけて 男と遊んでる芝居 続けてきたけれど あの娘もわりと 忙しいようで そうそうつきあわせてもいられない  土曜でなけりゃ 映画も早い ホテルのロビーも いつまでいられるわけもない 帰れるあての あなたの部屋も 受話器をはずしたままね 話し中  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉がほろり こぼれてしまう「行かないで」 悪女になるなら 裸足で夜明けの電車で泣いてから 涙 ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから  女のつけぬ コロンを買って 深夜のサ店の鏡で うなじにつけたなら 夜明けを待って 一番電車 凍えて帰れば わざと捨てゼリフ  涙も捨てて 情も捨てて あなたが早く私に 愛想を尽かすまで あなたの隠す あの娘のもとへ あなたを早く 渡してしまうまで  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉がほろり こぼれてしまう「行かないで」 悪女になるなら 裸足で夜明けの電車で泣いてから 涙 ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから八代亜紀中島みゆき中島みゆきマリコの部屋へ 電話をかけて 男と遊んでる芝居 続けてきたけれど あの娘もわりと 忙しいようで そうそうつきあわせてもいられない  土曜でなけりゃ 映画も早い ホテルのロビーも いつまでいられるわけもない 帰れるあての あなたの部屋も 受話器をはずしたままね 話し中  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉がほろり こぼれてしまう「行かないで」 悪女になるなら 裸足で夜明けの電車で泣いてから 涙 ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから  女のつけぬ コロンを買って 深夜のサ店の鏡で うなじにつけたなら 夜明けを待って 一番電車 凍えて帰れば わざと捨てゼリフ  涙も捨てて 情も捨てて あなたが早く私に 愛想を尽かすまで あなたの隠す あの娘のもとへ あなたを早く 渡してしまうまで  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉がほろり こぼれてしまう「行かないで」 悪女になるなら 裸足で夜明けの電車で泣いてから 涙 ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから
証城寺の狸囃子証 証 証城寺 証城寺の庭は ツ ツ 月夜だ 皆出て 來い來い來い 己等の友達ァ ぽんぽこぽんのぽん  負けるな 負けるな 和尚さんに負けるな 來い 來い 來い 來い 來い 來い 皆出て 來い來い來い  証 証 証城寺 証城寺の庭は ツ ツ 月夜に花盛 己等は浮かれて ぽんぽこぽんのぽん八代亜紀野口雨情中山晋平証 証 証城寺 証城寺の庭は ツ ツ 月夜だ 皆出て 來い來い來い 己等の友達ァ ぽんぽこぽんのぽん  負けるな 負けるな 和尚さんに負けるな 來い 來い 來い 來い 來い 來い 皆出て 來い來い來い  証 証 証城寺 証城寺の庭は ツ ツ 月夜に花盛 己等は浮かれて ぽんぽこぽんのぽん
なみだの操あなたのために 守り通した女の操 今さら人に 捧げられないわ あなたの決して お邪魔はしないから おそばに置いて ほしいのよ お別れするより 死にたいわ 女だから  あなたの匂い 肌に沁みつく女の操 棄てられたあと 暮らしてゆけない 私に悪いところが あるのなら 教えてきっと 直すから 恨みはしません この恋を 女だから  あなたにだけは 分かるはずなの女の操 汚れを知らぬ 乙女になれたら 誰にも心変りは あるけれど あなたを 疑いたくない 泣かずに待ちます いつまでも 女だから八代亜紀千家和也彩木雅夫あなたのために 守り通した女の操 今さら人に 捧げられないわ あなたの決して お邪魔はしないから おそばに置いて ほしいのよ お別れするより 死にたいわ 女だから  あなたの匂い 肌に沁みつく女の操 棄てられたあと 暮らしてゆけない 私に悪いところが あるのなら 教えてきっと 直すから 恨みはしません この恋を 女だから  あなたにだけは 分かるはずなの女の操 汚れを知らぬ 乙女になれたら 誰にも心変りは あるけれど あなたを 疑いたくない 泣かずに待ちます いつまでも 女だから
宗谷岬北の最果ての宗谷岬にも 春が 春が訪れたとか 岩に寄せ返す波の花が飛ぶ 海よ海よ穏やかであれ  急ぐ旅じゃなくましてはかない 山桜山桜いとおしく咲け  のぞむ利尻富士宗谷岬にも 春が春が訪れたとか 注ぐぬくもりに鴎鳥たちは 空を空を鳴いて飛び交う 急ぐ旅じゃなくましてはかない エゾイチゲエゾイチゲひそやかに咲け  急ぐ旅じゃなくましてはかない 山桜山桜いとおしく咲け 山桜山桜いとおしく咲け八代亜紀松山千春松山千春北の最果ての宗谷岬にも 春が 春が訪れたとか 岩に寄せ返す波の花が飛ぶ 海よ海よ穏やかであれ  急ぐ旅じゃなくましてはかない 山桜山桜いとおしく咲け  のぞむ利尻富士宗谷岬にも 春が春が訪れたとか 注ぐぬくもりに鴎鳥たちは 空を空を鳴いて飛び交う 急ぐ旅じゃなくましてはかない エゾイチゲエゾイチゲひそやかに咲け  急ぐ旅じゃなくましてはかない 山桜山桜いとおしく咲け 山桜山桜いとおしく咲け
哀しみよ隣りで眠れ誰もいないこの部屋に 忍びこんだ悲しみが 声をひそめ うずくまり わたしを見ている… 憐れむ顔はしないで 同情なんて まっぴらよ… ひとりぼっちが ひとりぼっちが 好きなのよ  あなたの心身(こころ)に わたしはいない 空のベッド 割れた鏡 すべてむなしい 涙が涸れても あなたを恨む 傷の深さ 一途な慕い 愛の裏切りだけは 哀しみよ 隣りで眠れ あなたが 不幸になる日まで 哀しみよ 隣りで眠れ だれかに この身を 許すまで  あなたにすがって 連れもどせたら 薔薇の花瓶 白いソファー すべて息づく 今では心も 砂漠のように 胸の渇き 虚ろな暮し 愛の爪あとだけが 追憶(おもいで)よ 隣りで眠れ あなたが 煙りになる日まで 追憶よ 隣りで眠れ わたしが 自由に なれるまで  哀しみよ 隣りで眠れ あなたが 不幸になる日まで 哀しみよ 隣りで眠れ だれかに この身を 許すまで八代亜紀荒木とよひさ徳久広司誰もいないこの部屋に 忍びこんだ悲しみが 声をひそめ うずくまり わたしを見ている… 憐れむ顔はしないで 同情なんて まっぴらよ… ひとりぼっちが ひとりぼっちが 好きなのよ  あなたの心身(こころ)に わたしはいない 空のベッド 割れた鏡 すべてむなしい 涙が涸れても あなたを恨む 傷の深さ 一途な慕い 愛の裏切りだけは 哀しみよ 隣りで眠れ あなたが 不幸になる日まで 哀しみよ 隣りで眠れ だれかに この身を 許すまで  あなたにすがって 連れもどせたら 薔薇の花瓶 白いソファー すべて息づく 今では心も 砂漠のように 胸の渇き 虚ろな暮し 愛の爪あとだけが 追憶(おもいで)よ 隣りで眠れ あなたが 煙りになる日まで 追憶よ 隣りで眠れ わたしが 自由に なれるまで  哀しみよ 隣りで眠れ あなたが 不幸になる日まで 哀しみよ 隣りで眠れ だれかに この身を 許すまで
夜の銀狐淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿八代亜紀水沢圭吾中川博之淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ ほしくはないかい 女としての 静かなしあわせ ほしくはないかい  泣きたくないかい 一人の部屋の 灯りをまさぐる 夜更けの時間 ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ ドレスが泣いてる ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ くちびるむなしい 小さなマンション おまえのために さがしておいたよ 二人で住みたい  ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 信じておくれよ ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ 愛しているのさ きれいな服も すてきだけれど 似合うと思うよ エプロン姿
情炎あなたに初めて 逢ったのは 二丁目の小さな酒場です おとことおんなが幸せに はぐれて出逢うところです あなたの暗い 暗いひとみに もうすくえない 不幸をみました  何にも語らぬ 人なのに 傷ついた過去(むかし)が分ります あなたにつくして 人並みに ぬくもる夜がふけて行く あなたの暗い 暗いひとみに ひきずりこまれ 私は燃えます  何にも捨てるものもない 何にものぞむものもない おつりの様な人生なのに 愛しています 愛しています 哀しいくらい 愛しています  このまま幸せ つづくとは 二人とも思いはしてません 今夜が幸せだったなら このまま死んで悔いはない あなたの暗い 暗いひとみが そっとささやく 小雪の夜です八代亜紀杉紀彦井上忠夫あなたに初めて 逢ったのは 二丁目の小さな酒場です おとことおんなが幸せに はぐれて出逢うところです あなたの暗い 暗いひとみに もうすくえない 不幸をみました  何にも語らぬ 人なのに 傷ついた過去(むかし)が分ります あなたにつくして 人並みに ぬくもる夜がふけて行く あなたの暗い 暗いひとみに ひきずりこまれ 私は燃えます  何にも捨てるものもない 何にものぞむものもない おつりの様な人生なのに 愛しています 愛しています 哀しいくらい 愛しています  このまま幸せ つづくとは 二人とも思いはしてません 今夜が幸せだったなら このまま死んで悔いはない あなたの暗い 暗いひとみが そっとささやく 小雪の夜です
柳ヶ瀬ブルース雨の降る夜は 心もぬれる まして一人じゃ なお淋し 憎い仕打と うらんでみても 戻っちゃこない あの人は あゝ柳ヶ瀬の 夜に泣いている  二度と逢えない 人なのに なぜか心が 又いたむ 忘れたいのに あの夢を 想い出させる この酒が あゝ柳ヶ瀬の 夜に泣いている  青い灯影に つぐ酒は ほろり落した エメラルド もだえ身を焼く 火の鳥が 雨に打たれて 夜に泣く あゝ柳ヶ瀬の 夜に泣いている八代亜紀宇佐英雄宇佐英雄雨の降る夜は 心もぬれる まして一人じゃ なお淋し 憎い仕打と うらんでみても 戻っちゃこない あの人は あゝ柳ヶ瀬の 夜に泣いている  二度と逢えない 人なのに なぜか心が 又いたむ 忘れたいのに あの夢を 想い出させる この酒が あゝ柳ヶ瀬の 夜に泣いている  青い灯影に つぐ酒は ほろり落した エメラルド もだえ身を焼く 火の鳥が 雨に打たれて 夜に泣く あゝ柳ヶ瀬の 夜に泣いている
泡沫 ~UTAKATA~歌へや歌へや泡沫の 夢幻(ゆめまぼろし)やこの世はざれごと 歌へばこの世は中々よ  母の薫り いとしや恋し めぐり逢えぬは 浮き世のならいぞ 歌へや歌へや泡沫の 夢幻やこの世はざれごと 歌へばこの世は中々よ  躍れや躍れや面白や 夢幻やこの世はざれごと 躍ればこの世は中々よ  ややこの躍り 振りよや見よや いとしやいとし いつ忘られぬ 躍れや躍れや面白や 夢幻やこの世はざれごと 躍ればこの世は中々よ  母の薫り いとしや恋し めぐり逢えぬは 浮き世のならいぞ 歌へや歌へや泡沫の 夢幻やこの世はざれごと 歌へばこの世は中々よ  歌へばこの世は中々よ八代亜紀野村万之丞野村万之丞歌へや歌へや泡沫の 夢幻(ゆめまぼろし)やこの世はざれごと 歌へばこの世は中々よ  母の薫り いとしや恋し めぐり逢えぬは 浮き世のならいぞ 歌へや歌へや泡沫の 夢幻やこの世はざれごと 歌へばこの世は中々よ  躍れや躍れや面白や 夢幻やこの世はざれごと 躍ればこの世は中々よ  ややこの躍り 振りよや見よや いとしやいとし いつ忘られぬ 躍れや躍れや面白や 夢幻やこの世はざれごと 躍ればこの世は中々よ  母の薫り いとしや恋し めぐり逢えぬは 浮き世のならいぞ 歌へや歌へや泡沫の 夢幻やこの世はざれごと 歌へばこの世は中々よ  歌へばこの世は中々よ
紅の花水の流れに この姿を写し きれいでしょうか 艶姿 残る儚い この恋だから せめて百日 咲いて散る 命燃やした 紅の花  月の夜風に 吹かれて揺れて たどる細道 迷い坂 どうせ儚い この夢だもの せめて百日 褪せるまで 抱いて下さい 紅の花  情け横丁 女の街で 生きてゆきます 明日から 今は儚い この花だけど せめて百日 咲いたなら 未練残さぬ 紅の花八代亜紀秋野めぐみ竹田賢水の流れに この姿を写し きれいでしょうか 艶姿 残る儚い この恋だから せめて百日 咲いて散る 命燃やした 紅の花  月の夜風に 吹かれて揺れて たどる細道 迷い坂 どうせ儚い この夢だもの せめて百日 褪せるまで 抱いて下さい 紅の花  情け横丁 女の街で 生きてゆきます 明日から 今は儚い この花だけど せめて百日 咲いたなら 未練残さぬ 紅の花
花一花これはこの世にふたつとない 花の咲く木でございます 今宵あなたに捧げます 死ぬまでに一度だけしか 咲けない花を 棘(とげ)で守って生きたのは 今日という日のああ ためでした  泣いているのは嬉しいから ずっと夢みた絵のように 帯はやさしくほどいてね 死ぬまでに一度だけしか 咲けないならば 明日のことなど聞かないで 今宵一夜がああ 一生よ  熱い吐息に触れるだけで 棘(とげ)が落ちるの身体から これが素顔の私です 死ぬまでに一度だけしか 咲けない花は あなただけしか愛せない あなただけしか ああ 咲かせない八代亜紀星野哲郎美樹克彦これはこの世にふたつとない 花の咲く木でございます 今宵あなたに捧げます 死ぬまでに一度だけしか 咲けない花を 棘(とげ)で守って生きたのは 今日という日のああ ためでした  泣いているのは嬉しいから ずっと夢みた絵のように 帯はやさしくほどいてね 死ぬまでに一度だけしか 咲けないならば 明日のことなど聞かないで 今宵一夜がああ 一生よ  熱い吐息に触れるだけで 棘(とげ)が落ちるの身体から これが素顔の私です 死ぬまでに一度だけしか 咲けない花は あなただけしか愛せない あなただけしか ああ 咲かせない
時の過ぎゆくままにあなたはすっかり 疲れてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで 想い出の歌 片手でひいては ためいきついた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら 堕(お)ちてゆくのも しあわせだよと 二人つめたい からだ合わせる  からだの傷なら なおせるけれど 心のいたでは いやせはしない 小指に食い込む 指輪を見つめ あなたは昔を 思って泣いた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう八代亜紀阿久悠大野克夫あなたはすっかり 疲れてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで 想い出の歌 片手でひいては ためいきついた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら 堕(お)ちてゆくのも しあわせだよと 二人つめたい からだ合わせる  からだの傷なら なおせるけれど 心のいたでは いやせはしない 小指に食い込む 指輪を見つめ あなたは昔を 思って泣いた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう
盛り場の雨捨てちゃいやだと 私が泣いた 離すもんかと あなたも泣いた 踏みにじられても 悔いはない 恋のおんなの 盛り場に 今日も雨降る 涙降る  酔ってみたいと ふたりで飲んだ 酔えばつらいと なぐさめあった 名前をいくつも 取りかえて いつか忘れた まごころを 捨てに来た街 探す街  死んでしまうと あまえてすねた 生きてゆこうと 私を抱いた ふたりの傘まで 投げすてて ぬれて歩いた 盛り場に 流すあの夢 遠い夢八代亜紀二条冬詩夫伊藤雪彦捨てちゃいやだと 私が泣いた 離すもんかと あなたも泣いた 踏みにじられても 悔いはない 恋のおんなの 盛り場に 今日も雨降る 涙降る  酔ってみたいと ふたりで飲んだ 酔えばつらいと なぐさめあった 名前をいくつも 取りかえて いつか忘れた まごころを 捨てに来た街 探す街  死んでしまうと あまえてすねた 生きてゆこうと 私を抱いた ふたりの傘まで 投げすてて ぬれて歩いた 盛り場に 流すあの夢 遠い夢
北国の春白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北国の ああ 北国の春 季節が都会ではわからないだろうと 届いたおふくろの小さな包み あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな  雪どけ せせらぎ 丸木橋 落葉松(からまつ)の芽がふく 北国の ああ 北国の春 好きだとおたがいに言いだせないまま 別れてもう五年あの娘(こ)はどうしてる あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな  山吹 朝霧 水車小屋 わらべ唄聞こえる 北国の ああ 北国の春 兄貴も親父似で無口なふたりが たまには酒でも飲んでるだろか ああ 北国の春 あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな八代亜紀いではく遠藤実白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北国の ああ 北国の春 季節が都会ではわからないだろうと 届いたおふくろの小さな包み あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな  雪どけ せせらぎ 丸木橋 落葉松(からまつ)の芽がふく 北国の ああ 北国の春 好きだとおたがいに言いだせないまま 別れてもう五年あの娘(こ)はどうしてる あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな  山吹 朝霧 水車小屋 わらべ唄聞こえる 北国の ああ 北国の春 兄貴も親父似で無口なふたりが たまには酒でも飲んでるだろか ああ 北国の春 あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな
年上の女だから分って ほしいのと そっとからんだ 白い指 放したくない つらいのよ だめよ だめだめ つらいのと 泣いてすがった 年上の女  髪の乱れの ひとすじに 甘い香りを 残してた 胸のしんまで もえたのよ だめよ だめだめ いけないと いのち燃やした 年上の女  燃えるせつなさ 苦しさを そっとおしえた 雨の夜 二度と逢っては いけないわ だめよ だめだめ つらいのと 涙で別れた 年上の女八代亜紀中山貴美・補作詞:水沢ひろし彩木雅夫だから分って ほしいのと そっとからんだ 白い指 放したくない つらいのよ だめよ だめだめ つらいのと 泣いてすがった 年上の女  髪の乱れの ひとすじに 甘い香りを 残してた 胸のしんまで もえたのよ だめよ だめだめ いけないと いのち燃やした 年上の女  燃えるせつなさ 苦しさを そっとおしえた 雨の夜 二度と逢っては いけないわ だめよ だめだめ つらいのと 涙で別れた 年上の女
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
東京流れもの流れ流れて 東京を そぞろ歩きは 軟派でも 心にゃ硬派の 血が通う 花の一匹 人生だ ああ 東京流れもの  夜の暗さに はぐれても 若い一途な 純情は 後生大事に 抱いて行く 浪花節だよ 人生は ああ 東京流れもの  曲りくねった 道だって こうと決めたら まっすぐに 嘘とお世辞の 御時世にゃ いてもいいだろ こんな奴 ああ 東京流れもの八代亜紀永井ひろし不詳流れ流れて 東京を そぞろ歩きは 軟派でも 心にゃ硬派の 血が通う 花の一匹 人生だ ああ 東京流れもの  夜の暗さに はぐれても 若い一途な 純情は 後生大事に 抱いて行く 浪花節だよ 人生は ああ 東京流れもの  曲りくねった 道だって こうと決めたら まっすぐに 嘘とお世辞の 御時世にゃ いてもいいだろ こんな奴 ああ 東京流れもの
京都から博多まで肩につめたい 小雨が重い 思い切れない 未練が重い 鐘が鳴る鳴る 哀れむように 馬鹿な女と云うように 京都から博多まで あなたを追って 西へ流れて行く女  二度も三度も 恋したあげく やはりあなたと 心にきめた 汽車が行く行く 瀬戸内ぞいに 沈む気持をふり捨てて 京都から博多まで あなたを追って 恋をたずねて行く女  京都育ちが 博多になれて 可愛いなまりも いつしか消えた ひとりしみじみ 不幸を感じ ついてないわと云いながら 京都から博多まで あなたを追って 今日も逢えずに泣く女八代亜紀阿久悠猪俣公章肩につめたい 小雨が重い 思い切れない 未練が重い 鐘が鳴る鳴る 哀れむように 馬鹿な女と云うように 京都から博多まで あなたを追って 西へ流れて行く女  二度も三度も 恋したあげく やはりあなたと 心にきめた 汽車が行く行く 瀬戸内ぞいに 沈む気持をふり捨てて 京都から博多まで あなたを追って 恋をたずねて行く女  京都育ちが 博多になれて 可愛いなまりも いつしか消えた ひとりしみじみ 不幸を感じ ついてないわと云いながら 京都から博多まで あなたを追って 今日も逢えずに泣く女
望郷風に吹かれる 浮草よりも いつもほほえむ ふるさとの 父の温もり 母の唄 身振り手振りのひえつき節を 身振り手振りのひえつき節を  庭の山椒の木鳴る鈴かけて おじゃれよ  西のかなたに 一番星が きらりと光る 父の顔 そばに寄りそう かあさんが 唄う五木の子守唄 唄う五木の子守唄  おどま 盆ぎり盆ぎり 盆からさきゃおらんど 盆が早よ来りゃ 早よ戻る  流れ流れて 来たこの街で 男同士の 手酌酒 誰が歌うか 手拍子で お国訛のおはら節 お国訛のおはら節  花は霧島タバコは国分 燃えてあがるは オハラハー桜島八代亜紀戸川勝喜さとう宗幸風に吹かれる 浮草よりも いつもほほえむ ふるさとの 父の温もり 母の唄 身振り手振りのひえつき節を 身振り手振りのひえつき節を  庭の山椒の木鳴る鈴かけて おじゃれよ  西のかなたに 一番星が きらりと光る 父の顔 そばに寄りそう かあさんが 唄う五木の子守唄 唄う五木の子守唄  おどま 盆ぎり盆ぎり 盆からさきゃおらんど 盆が早よ来りゃ 早よ戻る  流れ流れて 来たこの街で 男同士の 手酌酒 誰が歌うか 手拍子で お国訛のおはら節 お国訛のおはら節  花は霧島タバコは国分 燃えてあがるは オハラハー桜島
北酒場ドアを閉めても 何処からか 雪が酒場に しのび込む 逃げたおんなが 残していった ふるい怨歌の レコードが 北の酒場にゃ よく似合う  死んで花実が 咲くじゃなし 生きて明日が あるじゃなし おれもおまえも 似たもの同士 嘘でかためた 身の上が 北の酒場にゃ よく似合う  だれがゆこうと 帰ろうと おれにゃ他人の かよい船 夢もわびしく 造花のバラが 春を待つのか ドラをきく 北の酒場にゃ おれ一人八代亜紀吉岡治岡林信康ドアを閉めても 何処からか 雪が酒場に しのび込む 逃げたおんなが 残していった ふるい怨歌の レコードが 北の酒場にゃ よく似合う  死んで花実が 咲くじゃなし 生きて明日が あるじゃなし おれもおまえも 似たもの同士 嘘でかためた 身の上が 北の酒場にゃ よく似合う  だれがゆこうと 帰ろうと おれにゃ他人の かよい船 夢もわびしく 造花のバラが 春を待つのか ドラをきく 北の酒場にゃ おれ一人
漁火慕情揺れる漁火 ひとりで眺め 港を離れた 人を想う 俺を忘れて 生きろと言われ 泣いたあの夜が ここにある 惚れたこころが まだ熱い  かもめだったら かもめのように 戻っておいでよ 港宿 別れあっても 繋(つな)いだものは 切(き)れぬものだと 酒が云う みれん涙が 乾かない  潮の香りを 私にくれた あなたのやさしさ 数えてる ここで待っても 待つだけ無駄と 悟(さと)すつもりか 漁火よ 燃えてせつない 波枕八代亜紀荒川利夫聖川湧揺れる漁火 ひとりで眺め 港を離れた 人を想う 俺を忘れて 生きろと言われ 泣いたあの夜が ここにある 惚れたこころが まだ熱い  かもめだったら かもめのように 戻っておいでよ 港宿 別れあっても 繋(つな)いだものは 切(き)れぬものだと 酒が云う みれん涙が 乾かない  潮の香りを 私にくれた あなたのやさしさ 数えてる ここで待っても 待つだけ無駄と 悟(さと)すつもりか 漁火よ 燃えてせつない 波枕
月ノ小舟まあるい まあるい 月の夜に あなたと 小舟を 漕ぎ出した どこに ゆくあて ありゃせんが なんの 頼りも ありゃせんが 二人小舟を漕ぎました 月ノ小舟を漕ぎました  大波 小波を 乗り越えて 赤い 大地が 見えました 誰も どこにも おりゃせんが 風と 砂しか ありゃせんが ここで二人で住みました あなたと二人で住みました  やがて 家族が 増えたころ 小さな お家を 建てました なんの 言葉も ありゃせんが 波の 音しか しやせんが いつも笑顔がありました あなたの笑顔がありました  共に 白髪の 生えたころ 先に あなたが 逝きました 涙 お拭きよ 笑いなよ ちょいと お先に 逝きますと あなたの声が聞こえたよ あなたの声が聞こえたよ  いつか どこかで 逢えたなら いつか あなたと 逢えたなら 二人小舟を漕ぎましょう あなたと小舟を漕ぎましょう 月ノ小舟を漕ぎましょう 月ノ小舟を漕ぎましょう  月ノ小舟を漕ぎましょう八代亜紀竹内清訓・補作詞:八代亜紀八代亜紀まあるい まあるい 月の夜に あなたと 小舟を 漕ぎ出した どこに ゆくあて ありゃせんが なんの 頼りも ありゃせんが 二人小舟を漕ぎました 月ノ小舟を漕ぎました  大波 小波を 乗り越えて 赤い 大地が 見えました 誰も どこにも おりゃせんが 風と 砂しか ありゃせんが ここで二人で住みました あなたと二人で住みました  やがて 家族が 増えたころ 小さな お家を 建てました なんの 言葉も ありゃせんが 波の 音しか しやせんが いつも笑顔がありました あなたの笑顔がありました  共に 白髪の 生えたころ 先に あなたが 逝きました 涙 お拭きよ 笑いなよ ちょいと お先に 逝きますと あなたの声が聞こえたよ あなたの声が聞こえたよ  いつか どこかで 逢えたなら いつか あなたと 逢えたなら 二人小舟を漕ぎましょう あなたと小舟を漕ぎましょう 月ノ小舟を漕ぎましょう 月ノ小舟を漕ぎましょう  月ノ小舟を漕ぎましょう
湖畔の宿山の淋しい 湖に ひとり来たのも 悲しい心 胸のいたみに たえかねて 昨日の夢と 焚きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ 迫る頃 岸の林を しずかに行けば 雲は流れて むらさきの 薄きスミレに ほろほろと いつか涙の 陽がおちる  ランプ引きよせ ふるさとへ 書いて又消す 湖畔の便り 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クイーン)の さみしさよ八代亜紀佐藤惣之助服部良一山の淋しい 湖に ひとり来たのも 悲しい心 胸のいたみに たえかねて 昨日の夢と 焚きすてる 古い手紙の うすけむり  水にたそがれ 迫る頃 岸の林を しずかに行けば 雲は流れて むらさきの 薄きスミレに ほろほろと いつか涙の 陽がおちる  ランプ引きよせ ふるさとへ 書いて又消す 湖畔の便り 旅のこころの つれづれに ひとり占う トランプの 青い女王(クイーン)の さみしさよ
男泣き噂の好きな 人目をさけて 街を離れる この身のつらさ 何処に行こうか 行けばいいのか 過去を引きずる この足で 声を殺して 男泣き  歯の浮く様な なぐさめよりも わずかひとつぶ 涙がほしい 聞いちゃいけない 聞く耳もたぬ 嘘の混じった いたわりは 影にかくれて 男泣き  血のにじむ程 口唇かんで 耐えるくやしさ 他人は笑う 悩みたくない 悩みはしない 不幸続きの 身の上を 無理にこらえる 男泣き八代亜紀千家和也猪俣公章噂の好きな 人目をさけて 街を離れる この身のつらさ 何処に行こうか 行けばいいのか 過去を引きずる この足で 声を殺して 男泣き  歯の浮く様な なぐさめよりも わずかひとつぶ 涙がほしい 聞いちゃいけない 聞く耳もたぬ 嘘の混じった いたわりは 影にかくれて 男泣き  血のにじむ程 口唇かんで 耐えるくやしさ 他人は笑う 悩みたくない 悩みはしない 不幸続きの 身の上を 無理にこらえる 男泣き
CRY ME A RIVERNow you say you're lonely You cry the long night through Well you can cry me a river cry me a river I cried a river over you Now you say you're sorry For being so untrue Well you can cry me a river cry me a river I cried a river over you  You drove me nearly drove me out of my head While you never shed a tear Remember, I remember all that you said Told me love was too plebeian Told me you were through with me and now you say you love me Well, just to prove you do Come on and cry me a river cry me a river I cried a river over you  You drove me nearly drove me out of my head While you never shed a tear Remember, I remember all that you said Told me love was too plebeian Told me you were through with me and now you say you love me Well, just to prove you do Come on and cry me a river cry me a river I cried a river over you I cried a river over you八代亜紀Arthur HamiltonArthur HamiltonNow you say you're lonely You cry the long night through Well you can cry me a river cry me a river I cried a river over you Now you say you're sorry For being so untrue Well you can cry me a river cry me a river I cried a river over you  You drove me nearly drove me out of my head While you never shed a tear Remember, I remember all that you said Told me love was too plebeian Told me you were through with me and now you say you love me Well, just to prove you do Come on and cry me a river cry me a river I cried a river over you  You drove me nearly drove me out of my head While you never shed a tear Remember, I remember all that you said Told me love was too plebeian Told me you were through with me and now you say you love me Well, just to prove you do Come on and cry me a river cry me a river I cried a river over you I cried a river over you
雨がやんだら雨がやんだら お別れなのね 二人の思い出 水に流して 二度と開けない 南の窓に ブルーのカーテン 引きましょう  濡れたコートで 濡れた体で あなたは あなたは 誰に 誰に 逢いに行くのかしら 雨がやんだら 私はひとり ドアにもたれて 涙にむせぶ  雨がやんだら 出て行くあなた 冷たい靴音 耳に残して あなたがつくった インクのしみを 花瓶をずらして 隠しましょう  濡れたコートを 濡れた体を あなたは あなたは 誰に 誰に あたためてもらうの 雨がやんだら 私はひとり あなたのガウンを まとってねむる八代亜紀なかにし礼筒美京平雨がやんだら お別れなのね 二人の思い出 水に流して 二度と開けない 南の窓に ブルーのカーテン 引きましょう  濡れたコートで 濡れた体で あなたは あなたは 誰に 誰に 逢いに行くのかしら 雨がやんだら 私はひとり ドアにもたれて 涙にむせぶ  雨がやんだら 出て行くあなた 冷たい靴音 耳に残して あなたがつくった インクのしみを 花瓶をずらして 隠しましょう  濡れたコートを 濡れた体を あなたは あなたは 誰に 誰に あたためてもらうの 雨がやんだら 私はひとり あなたのガウンを まとってねむる
漢江の月漢江(ハンガン)の赤い月 伝えてあの人に 心の叫び声 風にちぎれます サランウン トナガッチマン この胸を 何故(なぜ)に 何故(なぜ)に 悲しくさせるの 月よりも遠い人 涙こぼしても ウェイルッカヨ ウェイルッカヨ 今でも逢いたい  漢江(ハンガン)に浮かぶ月 冷たいあの人に 今でもひとりです ここで待ってます サランウン トナガッチマン いつまでも 何故(なぜ)に 何故(なぜ)に 苦しくさせるの もう二度と愛せない 他の男(ひと)なんて ウェイルッカヨ ウェイルッカヨ 今でも逢いたい  サランウン トナガッチマン この胸を 何故(なぜ)に 何故(なぜ)に 悲しくさせるの 月よりも遠い人 涙こぼしても ウェイルッカヨ ウェイルッカヨ 今でも逢いたい八代亜紀荒木とよひさ徳久広司漢江(ハンガン)の赤い月 伝えてあの人に 心の叫び声 風にちぎれます サランウン トナガッチマン この胸を 何故(なぜ)に 何故(なぜ)に 悲しくさせるの 月よりも遠い人 涙こぼしても ウェイルッカヨ ウェイルッカヨ 今でも逢いたい  漢江(ハンガン)に浮かぶ月 冷たいあの人に 今でもひとりです ここで待ってます サランウン トナガッチマン いつまでも 何故(なぜ)に 何故(なぜ)に 苦しくさせるの もう二度と愛せない 他の男(ひと)なんて ウェイルッカヨ ウェイルッカヨ 今でも逢いたい  サランウン トナガッチマン この胸を 何故(なぜ)に 何故(なぜ)に 悲しくさせるの 月よりも遠い人 涙こぼしても ウェイルッカヨ ウェイルッカヨ 今でも逢いたい
白い花海原渡る そよそよと 風に吹かれる わたしです  水面を渡る あなたの声に 私のこころ 揺れています  春はハナハナ 唄いましょう 夏は行く雲 数えましょう 秋は月夜と 語りましょう あなたの声に そっと合わせて  私は海辺の 白い花 さざ波越えて 会いましょう 生まれ変わる そんな時も あなたの側に 咲きましょう  水凪のない そんな日は 遠くをみつめる わたしです  青空泳ぐ あなたの声に 私のこころ 揺れています  冬は星空 見上げましょう また来る春を 想いましょう 秋の丘は 黄金色 あなたの色に そっと合わせて  私は海辺の 白い花 風吹く丘で 会いましょう 生まれ変わる そんな時も あなたの側に 咲きましょう  時の流れを きざみながら 小さな花を 揺らしましょう 生まれ変わる そんな時も あなたの側に 咲きましょう八代亜紀YANCYYANCY海原渡る そよそよと 風に吹かれる わたしです  水面を渡る あなたの声に 私のこころ 揺れています  春はハナハナ 唄いましょう 夏は行く雲 数えましょう 秋は月夜と 語りましょう あなたの声に そっと合わせて  私は海辺の 白い花 さざ波越えて 会いましょう 生まれ変わる そんな時も あなたの側に 咲きましょう  水凪のない そんな日は 遠くをみつめる わたしです  青空泳ぐ あなたの声に 私のこころ 揺れています  冬は星空 見上げましょう また来る春を 想いましょう 秋の丘は 黄金色 あなたの色に そっと合わせて  私は海辺の 白い花 風吹く丘で 会いましょう 生まれ変わる そんな時も あなたの側に 咲きましょう  時の流れを きざみながら 小さな花を 揺らしましょう 生まれ変わる そんな時も あなたの側に 咲きましょう
ワタシウタ雨の慕情にうたれたら いつもおんなは愛ひとすじ ああ もう一度逢いたい 逢いたいよ ともしびを消すように おんなの夢を そっと眠らせて  泣き濡れて 泣き濡れて 辿り着く 新宿の裏通り なみだ恋 泣き濡れて 泣き濡れて 見た明日は 愛の終着駅 ふたり  あんたいつでも唄ってた 男ごころの舟唄を ああ この身ひとつ 貴方につくします 幸せだったんだよ 愛の執念 燃やし尽くして  泣き濡れて 泣き濡れて 目覚めれば 窓辺には鉢植えの 花水仙 だいじょうぶ ふたりならと 訪れた 懐かしい おんな港町  泣き濡れて 泣き濡れて 辿り着く 新宿の裏通り なみだ恋 泣き濡れて 泣き濡れて 見た明日は 愛の終着駅 ふたり八代亜紀カタヤマケイジカタヤマケイジ雨の慕情にうたれたら いつもおんなは愛ひとすじ ああ もう一度逢いたい 逢いたいよ ともしびを消すように おんなの夢を そっと眠らせて  泣き濡れて 泣き濡れて 辿り着く 新宿の裏通り なみだ恋 泣き濡れて 泣き濡れて 見た明日は 愛の終着駅 ふたり  あんたいつでも唄ってた 男ごころの舟唄を ああ この身ひとつ 貴方につくします 幸せだったんだよ 愛の執念 燃やし尽くして  泣き濡れて 泣き濡れて 目覚めれば 窓辺には鉢植えの 花水仙 だいじょうぶ ふたりならと 訪れた 懐かしい おんな港町  泣き濡れて 泣き濡れて 辿り着く 新宿の裏通り なみだ恋 泣き濡れて 泣き濡れて 見た明日は 愛の終着駅 ふたり
酒占い逢いたい 逢えない 愛しい男 今夜は来るのか? AH- 酒占い  表札のない 女の部屋は いつもテレビつけたまま 誰かの声が 聞こえてないと 淋しくて 長い夜  ラップ外した 手料理で 熱燗を ちびちびと 一人 初めているわ  逢いたい 逢えない 知らないうちに このまま 眠ってしまうのか? 逢いたい 逢えない それとも後で 一緒に飲めるか? AH- 酒占い  待つ人がいる 男の行方 考えたらつらくなる 酔っている間に 答えが出れば ため息も 少しだけ  箸のつけ方 注意して 聞き慣れた 足音に 肴 残しておくわ  逢いたい 逢えない 知らないうちに このまま 眠ってしまうのか? 逢いたい 逢えない それとも後で 一緒に飲めるか? AH- 酒占い  逢いたい 逢えない 愛しい男 今夜は来るのか? AH- 酒占い八代亜紀秋元康中崎英也逢いたい 逢えない 愛しい男 今夜は来るのか? AH- 酒占い  表札のない 女の部屋は いつもテレビつけたまま 誰かの声が 聞こえてないと 淋しくて 長い夜  ラップ外した 手料理で 熱燗を ちびちびと 一人 初めているわ  逢いたい 逢えない 知らないうちに このまま 眠ってしまうのか? 逢いたい 逢えない それとも後で 一緒に飲めるか? AH- 酒占い  待つ人がいる 男の行方 考えたらつらくなる 酔っている間に 答えが出れば ため息も 少しだけ  箸のつけ方 注意して 聞き慣れた 足音に 肴 残しておくわ  逢いたい 逢えない 知らないうちに このまま 眠ってしまうのか? 逢いたい 逢えない それとも後で 一緒に飲めるか? AH- 酒占い  逢いたい 逢えない 愛しい男 今夜は来るのか? AH- 酒占い
星影のワルツ別れることは つらいけど 仕方がないんだ 君のため 別れに星影のワルツを うたおう… 冷たい心じゃないんだよ 冷たい心じゃないんだよ 今でも好きだ 死ぬ程に  一緒になれる 倖せを 二人で夢見た ほほえんだ 別れに星影のワルツを うたおう… あんなに愛した仲なのに あんなに愛した仲なのに 涙がにじむ 夜の窓  さよならなんて どうしても いえないだろうな 泣くだろうな 別れに星影のワルツを うたおう… 遠くで祈ろう倖せを 遠くで祈ろう倖せを 今夜も星が 降るようだ八代亜紀白鳥園枝遠藤実別れることは つらいけど 仕方がないんだ 君のため 別れに星影のワルツを うたおう… 冷たい心じゃないんだよ 冷たい心じゃないんだよ 今でも好きだ 死ぬ程に  一緒になれる 倖せを 二人で夢見た ほほえんだ 別れに星影のワルツを うたおう… あんなに愛した仲なのに あんなに愛した仲なのに 涙がにじむ 夜の窓  さよならなんて どうしても いえないだろうな 泣くだろうな 別れに星影のワルツを うたおう… 遠くで祈ろう倖せを 遠くで祈ろう倖せを 今夜も星が 降るようだ
夢は夜ひらく雨が降るから 逢えないの 来ないあなたは 野暮な人 濡れてみたいわ 二人なら 夢は夜ひらく  ウブなお前が 可愛いいと 言ったあなたは 憎い人 いっそ散りたい 夜の花 夢は夜ひらく  嘘としりつつ 愛したの あなたひとりが 命なの だから一人に させないで 夢は夜ひらく  嘘と真実の 恋ならば まことの恋に 生きるのが せつない女の こころなの 夢は夜ひらく  酔って酔わせた あの夜の グラスに落ちた 水色の 忘れられない あの涙 夢は夜ひらく  恋して愛して 泣きました そんな昔も ありました 思い出しては また涙 夢は夜ひらく八代亜紀中村泰士曽根幸明雨が降るから 逢えないの 来ないあなたは 野暮な人 濡れてみたいわ 二人なら 夢は夜ひらく  ウブなお前が 可愛いいと 言ったあなたは 憎い人 いっそ散りたい 夜の花 夢は夜ひらく  嘘としりつつ 愛したの あなたひとりが 命なの だから一人に させないで 夢は夜ひらく  嘘と真実の 恋ならば まことの恋に 生きるのが せつない女の こころなの 夢は夜ひらく  酔って酔わせた あの夜の グラスに落ちた 水色の 忘れられない あの涙 夢は夜ひらく  恋して愛して 泣きました そんな昔も ありました 思い出しては また涙 夢は夜ひらく
あなたにありがとう~シングルバージョン~もしも淋しくなったなら つぶやいてみて ありがとうって ありがとうって あなたの心に誰かの面影 浮かびますように 黄色い花には 誇り高い香りが宿るの 私の心にもそっと咲いて 咲いています あなたに あなたに ありがとう  もしも辛くなったなら ささやいてみて ありがとうって ありがとうって あなたの心にぬくもり戻ってくれるかしら 赤い花には かれんな香りが宿るの 心の傷を そっと癒して 癒してくれる あなたに あなたに ありがとう  もしも悲しくなったなら 声に出してみて ありがとうって ありがとうって あなたの心の悲しみ 笑顔で包まれるように 白い花には 優しい風がそっと吹きわたるの 私の心を そっときれいに きれいにするわ あなたに あなたに ありがとう あなたに あなたに ありがとう八代亜紀小川容子若草恵もしも淋しくなったなら つぶやいてみて ありがとうって ありがとうって あなたの心に誰かの面影 浮かびますように 黄色い花には 誇り高い香りが宿るの 私の心にもそっと咲いて 咲いています あなたに あなたに ありがとう  もしも辛くなったなら ささやいてみて ありがとうって ありがとうって あなたの心にぬくもり戻ってくれるかしら 赤い花には かれんな香りが宿るの 心の傷を そっと癒して 癒してくれる あなたに あなたに ありがとう  もしも悲しくなったなら 声に出してみて ありがとうって ありがとうって あなたの心の悲しみ 笑顔で包まれるように 白い花には 優しい風がそっと吹きわたるの 私の心を そっときれいに きれいにするわ あなたに あなたに ありがとう あなたに あなたに ありがとう
ホテル・ニューヨーク窓の外 セントラル・パーク 冬近い インディアン・サマー 幸せな人もいる 幸せにそむいた人もいる みんな自由 誰も自由 好きに生きて いるだろうけれど この街は メガロホテル ホテル・ニューヨーク ドア閉ざせば 光あふれる 淋しさ  どこからか 子どものパレード 飛びたった 小鳥たちの空 さまざまな国の人 さまざまな言葉が 風になる みんな自由 誰も自由 けれど明日の リザーブもなくて この街は メガロホテル ホテル・ニューヨーク ドア閉ざせば どこか虚しい 静けさ  好きに生きて いるだろうけれど この街は メガロホテル ホテル・ニューヨーク ドア閉ざせば 光あふれる 淋しさ八代亜紀杉紀彦弦哲也窓の外 セントラル・パーク 冬近い インディアン・サマー 幸せな人もいる 幸せにそむいた人もいる みんな自由 誰も自由 好きに生きて いるだろうけれど この街は メガロホテル ホテル・ニューヨーク ドア閉ざせば 光あふれる 淋しさ  どこからか 子どものパレード 飛びたった 小鳥たちの空 さまざまな国の人 さまざまな言葉が 風になる みんな自由 誰も自由 けれど明日の リザーブもなくて この街は メガロホテル ホテル・ニューヨーク ドア閉ざせば どこか虚しい 静けさ  好きに生きて いるだろうけれど この街は メガロホテル ホテル・ニューヨーク ドア閉ざせば 光あふれる 淋しさ
うたのうた汽車にゆれながらねぼけまなこで とおざかる今を ずっと見ている 知らない街も とおりすぎてゆく くもるガラスに流れる今を見ている 赤い花の前で 時はとまり うちあけられた まあるい心 まぶしすぎるスポットライトのようで チカチカまぶたに残る青い影 とおく 星が消えたら そっと 流れくるのか かわらない うたがある かわらない うたがある  しずむ夕陽のそばで パーティがはじまり はるか東の空を気にかけながら あぶれた過去がワルツを踊りだす 朝が来るのを祈るように しずかに 踊る 空にのぼりながら 終わらない夢をみても かわらない うたがある かわらない うたがある かわらない うたがある かわらない うたがある八代亜紀汽車にゆれながらねぼけまなこで とおざかる今を ずっと見ている 知らない街も とおりすぎてゆく くもるガラスに流れる今を見ている 赤い花の前で 時はとまり うちあけられた まあるい心 まぶしすぎるスポットライトのようで チカチカまぶたに残る青い影 とおく 星が消えたら そっと 流れくるのか かわらない うたがある かわらない うたがある  しずむ夕陽のそばで パーティがはじまり はるか東の空を気にかけながら あぶれた過去がワルツを踊りだす 朝が来るのを祈るように しずかに 踊る 空にのぼりながら 終わらない夢をみても かわらない うたがある かわらない うたがある かわらない うたがある かわらない うたがある
心もようさみしさのつれづれに 手紙をしたためています あなたに 黒いインクがきれいでしょう 青いびんせんが悲しいでしょう  あなたの笑い顔を不思議なことに 今日は覚えていました 19になったお祝いに 作った歌も忘れたのに  さみしさだけを手紙につめて ふるさとにすむあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中でうもれてしまう Ah  遠くで暮す事が 二人に良くないのはわかっていました くもりガラスの外は雨 私の気持は書けません  さみしさだけを手紙につめて ふるさとにすむあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中でうもれてしまう Ah  あざやか色の春はかげろう まぶしい夏の光は強く 秋風の後 雪が追いかけ 季節はめぐり あなたを変える Ah Ah……八代亜紀井上陽水井上陽水さみしさのつれづれに 手紙をしたためています あなたに 黒いインクがきれいでしょう 青いびんせんが悲しいでしょう  あなたの笑い顔を不思議なことに 今日は覚えていました 19になったお祝いに 作った歌も忘れたのに  さみしさだけを手紙につめて ふるさとにすむあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中でうもれてしまう Ah  遠くで暮す事が 二人に良くないのはわかっていました くもりガラスの外は雨 私の気持は書けません  さみしさだけを手紙につめて ふるさとにすむあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中でうもれてしまう Ah  あざやか色の春はかげろう まぶしい夏の光は強く 秋風の後 雪が追いかけ 季節はめぐり あなたを変える Ah Ah……
みちのくひとり旅ここでいっしょに 死ねたらいいと すがる涙の いじらしさ その場しのぎの なぐさめ云って みちのく ひとり旅 うしろ髪ひく かなしい声を 背(せな)でたちきる 道しるべ 生きていたなら いつかは逢える 夢でも逢えるだろう  時の流れに 逆らいながら ひとりゆく身の 胸のうち 俺は男と つぶやきながら みちのく ひとり旅 月の松島 しぐれの白河 昨日と明日は ちがうけど 遠くなるほど いとしさつのる みれんがつのるだけ  たとえどんなに 恨んでいても たとえどんなに 灯りがほしくても お前が俺には 最後の女 俺にはお前が 最後の女 たとえどんなに つめたく別れても お前が俺には 最後の女 たとえどんなに 流れていても お前が俺には 最後の女八代亜紀市場馨三島大輔ここでいっしょに 死ねたらいいと すがる涙の いじらしさ その場しのぎの なぐさめ云って みちのく ひとり旅 うしろ髪ひく かなしい声を 背(せな)でたちきる 道しるべ 生きていたなら いつかは逢える 夢でも逢えるだろう  時の流れに 逆らいながら ひとりゆく身の 胸のうち 俺は男と つぶやきながら みちのく ひとり旅 月の松島 しぐれの白河 昨日と明日は ちがうけど 遠くなるほど いとしさつのる みれんがつのるだけ  たとえどんなに 恨んでいても たとえどんなに 灯りがほしくても お前が俺には 最後の女 俺にはお前が 最後の女 たとえどんなに つめたく別れても お前が俺には 最後の女 たとえどんなに 流れていても お前が俺には 最後の女
ひとり花どうせいつかは 別れるふたり 何も言うまい 憎むまい 祈る思いで 来たものを 夜の巷に 咲いて散る 花はわたしの ひとり花  好きと言われて 抱かれて泣いた うぶなわたしの 恨みごと いのちつきても 別れても 胸にしみこむ さみしさは どうせあんたにゃ わかるまい  死ねと言われりゃ うれしいものを 死ねと言われぬ 身がつらい 馬鹿なおんなの 強がりを かくすつもりは ないけれど どこへ捨てよう あてもない八代亜紀中山京野崎真一どうせいつかは 別れるふたり 何も言うまい 憎むまい 祈る思いで 来たものを 夜の巷に 咲いて散る 花はわたしの ひとり花  好きと言われて 抱かれて泣いた うぶなわたしの 恨みごと いのちつきても 別れても 胸にしみこむ さみしさは どうせあんたにゃ わかるまい  死ねと言われりゃ うれしいものを 死ねと言われぬ 身がつらい 馬鹿なおんなの 強がりを かくすつもりは ないけれど どこへ捨てよう あてもない
想い出まくらこんな日は あの人の まねをして けむたそうな 顔をして 煙草をすうワ そういえば いたずらに 煙草をすうと やめろよと 取りあげて くれたっけ ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ こんな日は あの人の 小さな癖も ひとつずつ ひとつずつ 思い出しそう  こんな日は 少しだけ お酒をのんで あの人が 好きだった 詩をうたうワ ゆらゆらと 酔ったら うでに抱かれて 髪なんか なでられて 眠りたい ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ こんな日は あの人の 想い出まくら 眠りましょ 眠りましょ 今夜も一人  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ こんな日は あの人の 想い出まくら 眠るのが 眠るのが いいでしょう 眠るのが 眠るのが いいでしょう八代亜紀小坂恭子小坂恭子こんな日は あの人の まねをして けむたそうな 顔をして 煙草をすうワ そういえば いたずらに 煙草をすうと やめろよと 取りあげて くれたっけ ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ こんな日は あの人の 小さな癖も ひとつずつ ひとつずつ 思い出しそう  こんな日は 少しだけ お酒をのんで あの人が 好きだった 詩をうたうワ ゆらゆらと 酔ったら うでに抱かれて 髪なんか なでられて 眠りたい ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ こんな日は あの人の 想い出まくら 眠りましょ 眠りましょ 今夜も一人  ねェあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ こんな日は あの人の 想い出まくら 眠るのが 眠るのが いいでしょう 眠るのが 眠るのが いいでしょう
命のブルース母ちゃんが 残してくれた思い出は 消えない痣(あざ)と 煙草の匂い 本当は うまれちゃダメな子なんだろ 泣くなと打(ぶ)たれ 泣くしか出来ず  うまれた うまれた うまれたんだよ うまれた うまれた 命のブルース  父ちゃんが 残していった借金を 肩代わりして やせてく母ちゃん 二人なら 平気と抱いてくれたのに 明くる日母ちゃん いなくなってた  うまれた うまれた うまれたんだよ うまれた うまれた 命のブルース  口答え 出来ずに死んだやつもいる それでも仕事 仕事を下さい 血を吐いて 涙も汗も出しきれば 出来上がるのさ あやつり人形  明日など 見えないけれど日は昇る 今日をしのげば 日はまた昇る  うまれた うまれた うまれたんだよ うまれた うまれた 命のブルース八代亜紀中村中中村中母ちゃんが 残してくれた思い出は 消えない痣(あざ)と 煙草の匂い 本当は うまれちゃダメな子なんだろ 泣くなと打(ぶ)たれ 泣くしか出来ず  うまれた うまれた うまれたんだよ うまれた うまれた 命のブルース  父ちゃんが 残していった借金を 肩代わりして やせてく母ちゃん 二人なら 平気と抱いてくれたのに 明くる日母ちゃん いなくなってた  うまれた うまれた うまれたんだよ うまれた うまれた 命のブルース  口答え 出来ずに死んだやつもいる それでも仕事 仕事を下さい 血を吐いて 涙も汗も出しきれば 出来上がるのさ あやつり人形  明日など 見えないけれど日は昇る 今日をしのげば 日はまた昇る  うまれた うまれた うまれたんだよ うまれた うまれた 命のブルース
青葉城恋唄広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず 早瀬踊る光に 揺れていた君の瞳 時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 流れの岸 瀬音ゆかしき 杜の都 あのひとは もういない  七夕の飾りは揺れて 想い出は帰らず 夜空輝く星に 願いをこめた君の囁き 時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 七夕祭り 葉ずれさやけき 杜の都 あのひとは もういない  青葉通り薫る葉緑 想い出は帰らず 樹かげこぼれる灯に ぬれていた君の頬 時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 通りの角 吹く風やさしき 杜の都 あのひとは もういない  時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 流れの岸 瀬音ゆかしき 杜の都 あのひとは もういない八代亜紀星間船一さとう宗幸広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず 早瀬踊る光に 揺れていた君の瞳 時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 流れの岸 瀬音ゆかしき 杜の都 あのひとは もういない  七夕の飾りは揺れて 想い出は帰らず 夜空輝く星に 願いをこめた君の囁き 時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 七夕祭り 葉ずれさやけき 杜の都 あのひとは もういない  青葉通り薫る葉緑 想い出は帰らず 樹かげこぼれる灯に ぬれていた君の頬 時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 通りの角 吹く風やさしき 杜の都 あのひとは もういない  時はめぐり また夏が来て あの日と同じ 流れの岸 瀬音ゆかしき 杜の都 あのひとは もういない
別れのブルース窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ八代亜紀藤浦洸服部良一窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風汐風 恋風のせて 今日の出船は どこへ行く むせぶ心よ はかない恋よ 踊るブルースの せつなさよ  腕に錨の いれずみ彫って やくざに強い マドロスの お国言葉は 違っていても 恋には弱い すすり泣き 二度と逢えない 心と心 踊るブルースの せつなさよ
男と女のお話恋人にふられたの よくある話じゃないか 世の中かわっているんだよ 人の心も かわるのさ  淋しいなら この僕が つきあってあげてもいいよ 涙なんかをみせるなよ 恋はおしゃれなゲームだよ  ベットで泣いてると 涙が耳に入るよ むかしを忘れてしまうには 素敵な恋をすることさ  スマートに恋をして 気ままに暮らして行けよ 悪い女と云われても それでいいのさ 恋なんて  男と女が ため息ついているよ 夜が終れば さようならの はかない恋のくりかえし八代亜紀久仁京介水島正和恋人にふられたの よくある話じゃないか 世の中かわっているんだよ 人の心も かわるのさ  淋しいなら この僕が つきあってあげてもいいよ 涙なんかをみせるなよ 恋はおしゃれなゲームだよ  ベットで泣いてると 涙が耳に入るよ むかしを忘れてしまうには 素敵な恋をすることさ  スマートに恋をして 気ままに暮らして行けよ 悪い女と云われても それでいいのさ 恋なんて  男と女が ため息ついているよ 夜が終れば さようならの はかない恋のくりかえし
プカプカおれのあん娘は タバコが好きで いつも プカ プカ プカ 身体に悪いから やめなって言っても いつも プカ プカ プカ 遠い空から 降ってくるって言う 「幸せ」ってやつが あたいにわかるまで あたいタバコやめないわ プカ プカ プカ プカ プカ  おれのあん娘は スウィングが好きで いつも ドゥビ ドゥビ ドゥ 下手くそなスウィング やめなって言っても いつも ドゥビ ドゥビ ドゥ あんたがあたいの どうでもいいうたを 涙流すまで わかってくれるまで あたいスウィングやめないわ ドゥビ ドゥビ ドゥビ ドゥビ ドゥ  おれのあん娘は 男が好きで いつも ウフ ウフ ウフ おいらのことなんか ほったらかしで いつも ウフ ウフ ウフ あんたが あたいの 寝た男達と 夜が明けるまで お酒のめるまで あたい男やめないわ ウフ ウフ ウフ ウフ ウフ  おれのあん娘は うらないが好きで トランプ スタ スタ スタ よしなって言うのに おいらをうらなう おいら 明日死ぬそうな あたいの うらないがピタリと当たるまで あんたとあたいの 死ぬ時わかるまで あたいトランプ やめないわ スタ スタ スタ スタ スタ  あんたとあたいの 死ぬ時わかるまで あたいトランプ やめないわ スタ スタ スタ スタ スタ八代亜紀西岡恭蔵西岡恭蔵おれのあん娘は タバコが好きで いつも プカ プカ プカ 身体に悪いから やめなって言っても いつも プカ プカ プカ 遠い空から 降ってくるって言う 「幸せ」ってやつが あたいにわかるまで あたいタバコやめないわ プカ プカ プカ プカ プカ  おれのあん娘は スウィングが好きで いつも ドゥビ ドゥビ ドゥ 下手くそなスウィング やめなって言っても いつも ドゥビ ドゥビ ドゥ あんたがあたいの どうでもいいうたを 涙流すまで わかってくれるまで あたいスウィングやめないわ ドゥビ ドゥビ ドゥビ ドゥビ ドゥ  おれのあん娘は 男が好きで いつも ウフ ウフ ウフ おいらのことなんか ほったらかしで いつも ウフ ウフ ウフ あんたが あたいの 寝た男達と 夜が明けるまで お酒のめるまで あたい男やめないわ ウフ ウフ ウフ ウフ ウフ  おれのあん娘は うらないが好きで トランプ スタ スタ スタ よしなって言うのに おいらをうらなう おいら 明日死ぬそうな あたいの うらないがピタリと当たるまで あんたとあたいの 死ぬ時わかるまで あたいトランプ やめないわ スタ スタ スタ スタ スタ  あんたとあたいの 死ぬ時わかるまで あたいトランプ やめないわ スタ スタ スタ スタ スタ
あの頃に戻ってセピア色した ハネムーン写真 笑顔で寄り添う あなたと私 あれから何年 たったでしょうか ときめく心も 失くなって… ねぇ あなた あの頃に戻って 二人でデート しませんか ねぇ あなた 少しおしゃれして たまには映画を 観ませんか  いつか互いに 時間に追われ 季節の流れも 気づかぬままで ごめんね いつしか 優しささえも 忘れていました 少しづつ… ねぇ あなた あの頃に戻って 二人で食事 しませんか ねぇ あなた ワイン飲みながら たくさんおしゃべり しませんか  ねぇ あなた あの頃に戻って 二人で恋を しませんか ねぇ あなた 残る人生を 寄り添い歩いて みませんか八代亜紀麻こよみ弦哲也セピア色した ハネムーン写真 笑顔で寄り添う あなたと私 あれから何年 たったでしょうか ときめく心も 失くなって… ねぇ あなた あの頃に戻って 二人でデート しませんか ねぇ あなた 少しおしゃれして たまには映画を 観ませんか  いつか互いに 時間に追われ 季節の流れも 気づかぬままで ごめんね いつしか 優しささえも 忘れていました 少しづつ… ねぇ あなた あの頃に戻って 二人で食事 しませんか ねぇ あなた ワイン飲みながら たくさんおしゃべり しませんか  ねぇ あなた あの頃に戻って 二人で恋を しませんか ねぇ あなた 残る人生を 寄り添い歩いて みませんか
二人でお酒をうらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に すべて流して 心配しないで 独(ひと)りっきりは 子供の頃から なれているのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  いたわり合って 別れましょうね こうなったのも お互(たが)いのせい あなたと私は 似たもの同志 欠点ばかりが 目立つ二人よ どちらか急に 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  どうにかなるでしょ ここの街の どこかで私は 生きてゆくのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね八代亜紀山上路夫平尾昌晃うらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に すべて流して 心配しないで 独(ひと)りっきりは 子供の頃から なれているのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  いたわり合って 別れましょうね こうなったのも お互(たが)いのせい あなたと私は 似たもの同志 欠点ばかりが 目立つ二人よ どちらか急に 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね  どうにかなるでしょ ここの街の どこかで私は 生きてゆくのよ それでもたまに 淋しくなったら 二人でお酒を 飲みましょうね 飲みましょうね
Sweet Home KumamotoCome on いつかあなたと Come on 二人で行きたい 懐かしいあの街 Sweet Home Kumamoto  Come on 夕陽がきれいな Come on 球磨川(たいが)が待ってる 麗しいあの街 Sweet Home Yatsushiro  阿蘇の名水(みず) 不知火海(うみ)の幸 行けばみんなの楽園 そして くまモン待ってる 温かいあの街 Sweet Home Kumamoto  Come on いつでも在るのさ Come on 白馬は聖地さ 懐かしいあの街 Sweet Home Yatsushiro  新幹線(さくら)なら一駅で 熊本から11分 だから 一緒に行こうよ 美しいあの街 Sweet Home Yatsushiro  Come on みんなも持ってる Come on 心に持ってる 懐かしい思い出 Sweet Home ふるさと  たまに帰ろう Sweet Home ふるさと 懐かしいあの街 Sweet Home Kumamoto八代亜紀大友博Robert JohnsonCome on いつかあなたと Come on 二人で行きたい 懐かしいあの街 Sweet Home Kumamoto  Come on 夕陽がきれいな Come on 球磨川(たいが)が待ってる 麗しいあの街 Sweet Home Yatsushiro  阿蘇の名水(みず) 不知火海(うみ)の幸 行けばみんなの楽園 そして くまモン待ってる 温かいあの街 Sweet Home Kumamoto  Come on いつでも在るのさ Come on 白馬は聖地さ 懐かしいあの街 Sweet Home Yatsushiro  新幹線(さくら)なら一駅で 熊本から11分 だから 一緒に行こうよ 美しいあの街 Sweet Home Yatsushiro  Come on みんなも持ってる Come on 心に持ってる 懐かしい思い出 Sweet Home ふるさと  たまに帰ろう Sweet Home ふるさと 懐かしいあの街 Sweet Home Kumamoto
夢の約束煙草持つ手が 似てたから 思わず隣りの 客を見る ひとり 駅裏 居酒屋で 想い出数えて 飲むお酒 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた おまえが命と 言ったじゃないの  あんた飲んでる そのそばで いつでもわがまま 聞いていた それが 私の 幸せと 今さら遅いわ 気付いても 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた 必ず帰ると 言ったじゃないの  涙拭くのは 嫌だから 頬づえついたら 手が濡れる どうぞ 戻って この胸に も一度しあわせ 探そうよ 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた 死ぬまで一緒と 言ったじゃないの八代亜紀菅麻貴子徳久広司煙草持つ手が 似てたから 思わず隣りの 客を見る ひとり 駅裏 居酒屋で 想い出数えて 飲むお酒 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた おまえが命と 言ったじゃないの  あんた飲んでる そのそばで いつでもわがまま 聞いていた それが 私の 幸せと 今さら遅いわ 気付いても 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた 必ず帰ると 言ったじゃないの  涙拭くのは 嫌だから 頬づえついたら 手が濡れる どうぞ 戻って この胸に も一度しあわせ 探そうよ 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた 死ぬまで一緒と 言ったじゃないの
生まれ変わる朝あせらずにゆくの ゆっくり 虚栄も捨てて ひとり 人に好かれたくて 合わせてばかり そんな自分がここに…ここに居た  風に抱かれて歩く この影は誰 けだるさのままに 刻の流れるままに 夜明けはそこに近づいて 昨日と云う日には 戻らない  風はやさしく 刻をきざみ 古い傷を 乗せて過ぎる そして風が残したものは 穏やかな この心  心の卑屈なら もう捨てた 今の私は もうふり向かない 陽(あさ)の光降りそそぐ もうすぐ夜明け 明日に夢を 私… 生まれ変わるの  明日に夢を 私… 生まれ変わるの 八代亜紀AKI YASHIRO長谷川智樹あせらずにゆくの ゆっくり 虚栄も捨てて ひとり 人に好かれたくて 合わせてばかり そんな自分がここに…ここに居た  風に抱かれて歩く この影は誰 けだるさのままに 刻の流れるままに 夜明けはそこに近づいて 昨日と云う日には 戻らない  風はやさしく 刻をきざみ 古い傷を 乗せて過ぎる そして風が残したものは 穏やかな この心  心の卑屈なら もう捨てた 今の私は もうふり向かない 陽(あさ)の光降りそそぐ もうすぐ夜明け 明日に夢を 私… 生まれ変わるの  明日に夢を 私… 生まれ変わるの 
離婚ともだち馴染みの お店で 並んで飲めば 香るとない そのトワレも 懐かしい… 女房の 昔に 帰ったように 気配りする 私を 不思議そうに見ないで… 何が ふたり あの頃 追いつめたのかしら 今にして 逢って 逢うほどに やさしさや 思いやり 痛く沁みるの 別れて 別れて あぁ よかったね あぁ よかったね  一から 十まで 訳知りなのに 頭のいい マスターは 事もなげにふるまう… 言葉 なんて いらない ただ寄り添うだけで 共にした 暮らし あってこそ 言わずとも 伝わるの 胸は心へ こよない こよない あぁ 友達ね あぁ 友達ね  何が ふたり あの頃 追いつめたのかしら 過去は過去 好きな 人だから 新しい 幸せが 私、嬉しい 別れて 別れて あぁ よかったね あぁ よかったね あぁ 友達ね八代亜紀ちあき哲也伊藤薫馴染みの お店で 並んで飲めば 香るとない そのトワレも 懐かしい… 女房の 昔に 帰ったように 気配りする 私を 不思議そうに見ないで… 何が ふたり あの頃 追いつめたのかしら 今にして 逢って 逢うほどに やさしさや 思いやり 痛く沁みるの 別れて 別れて あぁ よかったね あぁ よかったね  一から 十まで 訳知りなのに 頭のいい マスターは 事もなげにふるまう… 言葉 なんて いらない ただ寄り添うだけで 共にした 暮らし あってこそ 言わずとも 伝わるの 胸は心へ こよない こよない あぁ 友達ね あぁ 友達ね  何が ふたり あの頃 追いつめたのかしら 過去は過去 好きな 人だから 新しい 幸せが 私、嬉しい 別れて 別れて あぁ よかったね あぁ よかったね あぁ 友達ね
妻恋道中好いた女房に 三下り半を 投げて長脇差 永の旅 怨むまいぞえ 俺等のことは またの浮世で 逢うまでは  惚れて居ながら 惚れない素振り それがやくざの 恋とやら 二度と添うまい 海道がらす 阿呆 阿呆で 旅ぐらし  泣いてなるかと 心に誓や 誓う矢先に またほろり 馬鹿を承知の 俺等の胸を 何故に泣かすか 今朝の風八代亜紀藤田まさと阿部武雄好いた女房に 三下り半を 投げて長脇差 永の旅 怨むまいぞえ 俺等のことは またの浮世で 逢うまでは  惚れて居ながら 惚れない素振り それがやくざの 恋とやら 二度と添うまい 海道がらす 阿呆 阿呆で 旅ぐらし  泣いてなるかと 心に誓や 誓う矢先に またほろり 馬鹿を承知の 俺等の胸を 何故に泣かすか 今朝の風
風紋北へ行けば 行くほど 花の彩りが 少なくなるように こころのまよいが うすれてゆきます 息でくもる 窓の向うは サロマ湖 そしてその向うは 冬を運ぶ海 孤独になって はじめてわかる 飾る愛の 虚しさが 哀しさが  くらい顔を みせたら 他人はあやしむわ 女のひとり旅 あかるくふるまう 背中が寒いの 撫の小枝 くべるペチカの 赤い火 美幌ちぎれ雲に なぜか涙ぐむ 束の間でした 夢みた月日 それもさだめ ふりむけば つらいだけ  風が吹くたびに 海が哭(な)くたびに 変わる砂の丘 孤独になって はじめてわかる 飾る愛の 虚しさが 哀しさが八代亜紀松井由利夫遠藤実北へ行けば 行くほど 花の彩りが 少なくなるように こころのまよいが うすれてゆきます 息でくもる 窓の向うは サロマ湖 そしてその向うは 冬を運ぶ海 孤独になって はじめてわかる 飾る愛の 虚しさが 哀しさが  くらい顔を みせたら 他人はあやしむわ 女のひとり旅 あかるくふるまう 背中が寒いの 撫の小枝 くべるペチカの 赤い火 美幌ちぎれ雲に なぜか涙ぐむ 束の間でした 夢みた月日 それもさだめ ふりむけば つらいだけ  風が吹くたびに 海が哭(な)くたびに 変わる砂の丘 孤独になって はじめてわかる 飾る愛の 虚しさが 哀しさが
夜空あの娘 どこに居るのやら 星空の続く あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる アアアー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつも 独りぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた 誰も答えはしないよ 白い花が散るばかり アアアー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く 果てしない八代亜紀山口洋子平尾昌晃あの娘 どこに居るのやら 星空の続く あの町あたりか 細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる アアアー あきらめた恋だから なおさら 逢いたい 逢いたい もう一度 夜は いつも 独りぼっち  あの娘 帰っておいでと 流れ星に乗せ そっと呼んでみた 誰も答えはしないよ 白い花が散るばかり アアアー とどかない夢だから なおさら 淋しい 淋しい この胸よ 夜空 遠く 果てしない
ミスター サムシング ブルーミスター サムシング ブルー どうして ちょっとブルー お喋り上手な私はいかがです  ミスター サムシング ブルー 思わず ちっょとスマイル あの娘と別れた 噂ならば 聞いたわ  青い海 窓辺に ゼラニュームがゆれてる 小さな家 あなたと子供 OH! WHAT A WONDERFUL DREAM!  ミスター サムシング ブルー ISN'T IT LOVE SO MEAN 小指を噛み 噛み 夢みているのよ  MR.SOMETHING BLUE ISN'T IT LOVE UNTRUE EVERYBODY NEEDS SOMEBODY SO I SAY THAT YOU'LL BE MINE  MR.SOMETHING BLUE NOTHING SEEMS TO MAKE YOU SMILE IF I ASK FOR JUST A GIVING PIECE OF LOVING AND SINGIN' TONIGHT  JUST TURN AROUND LOOK AT MY FACE YOU'LL SEE SOMEONE, CRYING AND SMILE WHO'S WAITING FOR YOU TO KNOW SHE IS IN LOVE SINCE THE DAY WE EVER MET  南風 瞳に やるせなさを脱いだら 抱き合えるわ 子供のように OH! WHAT A WONDERFUL NIGHT!  ミスター サムシング ブルー NOTHING SEEMS TO MAKE YOU SMILE 雨降り上がりは 星空のシャンデリア  だからどうぞ キスをしてね あなたが好きよ八代亜紀湯川れい子長谷川智樹ミスター サムシング ブルー どうして ちょっとブルー お喋り上手な私はいかがです  ミスター サムシング ブルー 思わず ちっょとスマイル あの娘と別れた 噂ならば 聞いたわ  青い海 窓辺に ゼラニュームがゆれてる 小さな家 あなたと子供 OH! WHAT A WONDERFUL DREAM!  ミスター サムシング ブルー ISN'T IT LOVE SO MEAN 小指を噛み 噛み 夢みているのよ  MR.SOMETHING BLUE ISN'T IT LOVE UNTRUE EVERYBODY NEEDS SOMEBODY SO I SAY THAT YOU'LL BE MINE  MR.SOMETHING BLUE NOTHING SEEMS TO MAKE YOU SMILE IF I ASK FOR JUST A GIVING PIECE OF LOVING AND SINGIN' TONIGHT  JUST TURN AROUND LOOK AT MY FACE YOU'LL SEE SOMEONE, CRYING AND SMILE WHO'S WAITING FOR YOU TO KNOW SHE IS IN LOVE SINCE THE DAY WE EVER MET  南風 瞳に やるせなさを脱いだら 抱き合えるわ 子供のように OH! WHAT A WONDERFUL NIGHT!  ミスター サムシング ブルー NOTHING SEEMS TO MAKE YOU SMILE 雨降り上がりは 星空のシャンデリア  だからどうぞ キスをしてね あなたが好きよ
帰ってくれたら嬉しいわ指をからませ 愛をささやく それだけで それだけで 胸がときめく  ここでお別れ とてもクールに言うあなた お願い 今夜だけ つきあうと言って  You'd be so nice to come home to You'd be so nice by the fire While the breeze on high sang a lullaby You'd be all that I could desire  Under stars chilled by the winter Under an August moon burnin' above You'd be so nice, you'd be paradise To come home to and love八代亜紀Cole Porter・日本語詞:小西康陽Cole Porter指をからませ 愛をささやく それだけで それだけで 胸がときめく  ここでお別れ とてもクールに言うあなた お願い 今夜だけ つきあうと言って  You'd be so nice to come home to You'd be so nice by the fire While the breeze on high sang a lullaby You'd be all that I could desire  Under stars chilled by the winter Under an August moon burnin' above You'd be so nice, you'd be paradise To come home to and love
なごり雪汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 東京で見る雪はこれが最後ねと さみしそうに君がつぶやく なごり雪も降るときを知り ふざけすぎた季節のあとで 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった  動き始めた汽車の窓に 顔をつけて 君は何か言おうとしている 君のくちびるがさようならと動くことが こわくて下をむいてた 時がゆけば幼い君も 大人になると気づかないまま 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった  君が去ったホームにのこり 落ちてはとける雪を見ていた 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった 去年よりずっと きれいになった 去年よりずっと きれいになった八代亜紀伊勢正三伊勢正三汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 東京で見る雪はこれが最後ねと さみしそうに君がつぶやく なごり雪も降るときを知り ふざけすぎた季節のあとで 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった  動き始めた汽車の窓に 顔をつけて 君は何か言おうとしている 君のくちびるがさようならと動くことが こわくて下をむいてた 時がゆけば幼い君も 大人になると気づかないまま 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった  君が去ったホームにのこり 落ちてはとける雪を見ていた 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった 去年よりずっと きれいになった 去年よりずっと きれいになった
盛り場夜はだれでも みなし子だから 話相手が ほしいのです 風にころげる 枯葉のように きょうも来たひと 酔っていた あゝ裏町の あゝ盛り場は 涙のかけらを すてる街  ここへ私も 一年住んで 他人(ひと)の情に 触れたのです 生きてゆけよと 夢半分を くれたあなたの 手の熱さ あゝ裏町の あゝ盛り場は 母さんみたいな 愛もある  胸が苦しい この呑みすぎは レモンかじって 醒ますのです いまはひとりの 私にだって おとぎ話じゃ ない春が あゝ裏町の あゝ盛り場は ギターが夜ふけを つれて来る八代亜紀池田充男伊藤雪彦夜はだれでも みなし子だから 話相手が ほしいのです 風にころげる 枯葉のように きょうも来たひと 酔っていた あゝ裏町の あゝ盛り場は 涙のかけらを すてる街  ここへ私も 一年住んで 他人(ひと)の情に 触れたのです 生きてゆけよと 夢半分を くれたあなたの 手の熱さ あゝ裏町の あゝ盛り場は 母さんみたいな 愛もある  胸が苦しい この呑みすぎは レモンかじって 醒ますのです いまはひとりの 私にだって おとぎ話じゃ ない春が あゝ裏町の あゝ盛り場は ギターが夜ふけを つれて来る
あなたの嘘見抜けなかった あんたの嘘に 染まっていたのね くせまでも バカな女と 責めないで 命が今夜も 淋しくて 未練があんたを 欲しがるの  夢で今夜も あんたのことを 欲しがる女に なっていた 飲んで酔いたい しみじみと 別れたあんたに 逢いたいと 涙がお酒を 欲しがるの  惚れていたから あんたとならば 死ぬまで一緒に いたかった 駄目な女と 言わないで あんたが帰って くれるなら 可愛い女で 待ちたいの八代亜紀島井実鈴木淳見抜けなかった あんたの嘘に 染まっていたのね くせまでも バカな女と 責めないで 命が今夜も 淋しくて 未練があんたを 欲しがるの  夢で今夜も あんたのことを 欲しがる女に なっていた 飲んで酔いたい しみじみと 別れたあんたに 逢いたいと 涙がお酒を 欲しがるの  惚れていたから あんたとならば 死ぬまで一緒に いたかった 駄目な女と 言わないで あんたが帰って くれるなら 可愛い女で 待ちたいの
夢は夜ひらく赤く咲くのは けしの花 白く咲くのは 百合の花 どう咲きゃいいのさ この私 夢は夜ひらく  十五、十六、十七と 私の人生 暗かった 過去はどんなに 暗くとも 夢は夜ひらく  昨日マー坊 今日トミー 明日はジョージか ケン坊か 恋ははかなく 過ぎて行き 夢は夜ひらく  夜咲くネオンは 嘘の花 夜飛ぶ蝶々も 嘘の花 嘘を肴に 酒をくみゃ 夢は夜ひらく  前を見るよな がらじゃない うしろ向くよな がらじゃない よそみしてたら 泣きをみた 夢は夜ひらく  一から十まで バカでした バカにゃ未練は ないけれど 忘れられない 奴ばかり 夢は夜ひらく 夢は夜ひらく 夢は夜ひらく八代亜紀石坂まさを曽根幸明赤く咲くのは けしの花 白く咲くのは 百合の花 どう咲きゃいいのさ この私 夢は夜ひらく  十五、十六、十七と 私の人生 暗かった 過去はどんなに 暗くとも 夢は夜ひらく  昨日マー坊 今日トミー 明日はジョージか ケン坊か 恋ははかなく 過ぎて行き 夢は夜ひらく  夜咲くネオンは 嘘の花 夜飛ぶ蝶々も 嘘の花 嘘を肴に 酒をくみゃ 夢は夜ひらく  前を見るよな がらじゃない うしろ向くよな がらじゃない よそみしてたら 泣きをみた 夢は夜ひらく  一から十まで バカでした バカにゃ未練は ないけれど 忘れられない 奴ばかり 夢は夜ひらく 夢は夜ひらく 夢は夜ひらく
美しい色まるで一枚の絵を描くように 人は出会いを重ね生きて行くの  そっと差し出されたあなたの言葉や優しさは いつも胸に染みて心のキャンパスを彩る  美しい色なの  まるで七色の絵を描くように 人は希望を胸に生きてゆくの  ずっと降り続いたこの雨の後に架かる虹は きっと胸に染みて心のキャンパスを彩る  美しい色なの  まるで一枚の絵を描くように 人は出会いを重ね生きて行くの  明日へ向かって八代亜紀福田良子長谷川智樹まるで一枚の絵を描くように 人は出会いを重ね生きて行くの  そっと差し出されたあなたの言葉や優しさは いつも胸に染みて心のキャンパスを彩る  美しい色なの  まるで七色の絵を描くように 人は希望を胸に生きてゆくの  ずっと降り続いたこの雨の後に架かる虹は きっと胸に染みて心のキャンパスを彩る  美しい色なの  まるで一枚の絵を描くように 人は出会いを重ね生きて行くの  明日へ向かって
青い空に 浮かぶ 白い雲 追いかけ 川土手を 転がり 蜊蛄(ざりがに)を みつけた 風もはしゃいで白い花びら 頭の上 舞い散る 声あげて遊んだ日の 遠い 思い出  駆(か)け足(あし)で 過ぎる 都会での 毎日 ふるさとを 偲べば 帰りたい 泣きたい 昨日も今日もビルの谷間で つぶれそうな 心に 負けるなと叱る声が 今も 聞こえる  あかね色に 染まる 夕焼けが まぶしい 丘の上 登って いつまでも 見ていた 海の向こうの見知らぬ街に 心踊り 夢見た あの時の友は今も ずっと 友達 ずっと 友達八代亜紀悠木圭子鈴木淳青い空に 浮かぶ 白い雲 追いかけ 川土手を 転がり 蜊蛄(ざりがに)を みつけた 風もはしゃいで白い花びら 頭の上 舞い散る 声あげて遊んだ日の 遠い 思い出  駆(か)け足(あし)で 過ぎる 都会での 毎日 ふるさとを 偲べば 帰りたい 泣きたい 昨日も今日もビルの谷間で つぶれそうな 心に 負けるなと叱る声が 今も 聞こえる  あかね色に 染まる 夕焼けが まぶしい 丘の上 登って いつまでも 見ていた 海の向こうの見知らぬ街に 心踊り 夢見た あの時の友は今も ずっと 友達 ずっと 友達
紅歌今日も紅(べに)さし くちずさむ いとしい人の 恋歌を 海鳴りが まだ耳を突く 港宿 死ぬも生きるも さだめあずけた 熱い肌  誰も悪くは ないよねと グラスの底に しのぶ歌 雨の日は まだあの人が 帰るかと 未練心で 鍵をはずして 眠るくせ  歌に流行(はやり)が あるのなら 流行の恋も できたのに 別れても まだ憶えてる くちびるが いのち紅々(あかあか) かわることない 恋歌を八代亜紀石原信一徳久広司今日も紅(べに)さし くちずさむ いとしい人の 恋歌を 海鳴りが まだ耳を突く 港宿 死ぬも生きるも さだめあずけた 熱い肌  誰も悪くは ないよねと グラスの底に しのぶ歌 雨の日は まだあの人が 帰るかと 未練心で 鍵をはずして 眠るくせ  歌に流行(はやり)が あるのなら 流行の恋も できたのに 別れても まだ憶えてる くちびるが いのち紅々(あかあか) かわることない 恋歌を
The House of the Rising SunThere is a house in New Orleans They call the Rising Sun And it's been the ruin of many young poor boys And God I know I'm one  My mother was a tailor She sewed my new bluejeans My father was a gamblin man Down in New Orleans  Oh mother tell your children Not to do what I have done To spend ther life in sin and misery In the house of the Rising Sun  There is a house in New Orleans They call the Rising Sun And it's been the ruin of many young poor boys And God I know I'm one  And it's been the ruin of many young poor boys And God I know I'm one八代亜紀TraditionalTraditionalThere is a house in New Orleans They call the Rising Sun And it's been the ruin of many young poor boys And God I know I'm one  My mother was a tailor She sewed my new bluejeans My father was a gamblin man Down in New Orleans  Oh mother tell your children Not to do what I have done To spend ther life in sin and misery In the house of the Rising Sun  There is a house in New Orleans They call the Rising Sun And it's been the ruin of many young poor boys And God I know I'm one  And it's been the ruin of many young poor boys And God I know I'm one
東京ららばい午前三時の 東京湾は 港の店の ライトでゆれる 誘うあなたは 奥のカウンター まるで人生 飲み干すように にがい瞳をして ブランデーあけた 名前は? そう 仇名ならあるわ 生まれは? もう とうに忘れたの ねんねんころり ねころんで 眠りましょうか 東京ららばい 地下がある ビルがある 星に手が届くけど 東京ららばい ふれあう愛がない だから朝まで ないものねだりの子守唄  午前六時の 山の手通り シャワーの水で 涙を洗う 鏡のわたし 二重映しに レースの服の 少女が映る 愛をうばった 二年が映る 愛した? そう 数知れないわね 別れた? もう なれっこみたいよ ねんねんころり ねころんで 眠りましょうか 東京ららばい 夢がない 明日がない 人生はもどれない 東京ららばい あなたもついてない だからお互い ないものねだりの子守唄  孤独さ そう みんなおんなじよ 送るよ いい 車をひろうわ ねんねんころり ねころんで 眠りましょうか 東京ららばい 部屋がある 窓がある タワーも見えるけど 東京ららばい 幸せが見えない だから死ぬまで ないものねだりの子守唄八代亜紀松本隆筒美京平午前三時の 東京湾は 港の店の ライトでゆれる 誘うあなたは 奥のカウンター まるで人生 飲み干すように にがい瞳をして ブランデーあけた 名前は? そう 仇名ならあるわ 生まれは? もう とうに忘れたの ねんねんころり ねころんで 眠りましょうか 東京ららばい 地下がある ビルがある 星に手が届くけど 東京ららばい ふれあう愛がない だから朝まで ないものねだりの子守唄  午前六時の 山の手通り シャワーの水で 涙を洗う 鏡のわたし 二重映しに レースの服の 少女が映る 愛をうばった 二年が映る 愛した? そう 数知れないわね 別れた? もう なれっこみたいよ ねんねんころり ねころんで 眠りましょうか 東京ららばい 夢がない 明日がない 人生はもどれない 東京ららばい あなたもついてない だからお互い ないものねだりの子守唄  孤独さ そう みんなおんなじよ 送るよ いい 車をひろうわ ねんねんころり ねころんで 眠りましょうか 東京ららばい 部屋がある 窓がある タワーも見えるけど 東京ららばい 幸せが見えない だから死ぬまで ないものねだりの子守唄
シクラメンのかほり真綿色した シクラメンほど 清(すが)しいものはない 出逢いの時の 君のようです ためらいがちに かけた言葉に 驚いたように ふりむく君に 季節が頬をそめて 過ぎてゆきました  うす紅色の シクラメンほど まぶしいものはない 恋する時の 君のようです 木もれ陽あびた 君を抱けば 淋しささえも おきざりにして 愛がいつのまにか 歩き始めました  疲れを知らない 子供のように 時が二人を 追い越してゆく 呼び戻すことが できるなら 僕は何を惜しむだろう  うす紫の シクラメンほど 淋しいものはない 後ろ姿の 君のようです 暮れ惑う街の 別れ道には シクラメンのかほり むなしくゆれて 季節が知らん顔して 過ぎてゆきました  疲れを知らない 子供のように 時が二人を 追い越してゆく 呼び戻すことが できるなら 僕は何を惜しむだろう八代亜紀小椋佳小椋佳真綿色した シクラメンほど 清(すが)しいものはない 出逢いの時の 君のようです ためらいがちに かけた言葉に 驚いたように ふりむく君に 季節が頬をそめて 過ぎてゆきました  うす紅色の シクラメンほど まぶしいものはない 恋する時の 君のようです 木もれ陽あびた 君を抱けば 淋しささえも おきざりにして 愛がいつのまにか 歩き始めました  疲れを知らない 子供のように 時が二人を 追い越してゆく 呼び戻すことが できるなら 僕は何を惜しむだろう  うす紫の シクラメンほど 淋しいものはない 後ろ姿の 君のようです 暮れ惑う街の 別れ道には シクラメンのかほり むなしくゆれて 季節が知らん顔して 過ぎてゆきました  疲れを知らない 子供のように 時が二人を 追い越してゆく 呼び戻すことが できるなら 僕は何を惜しむだろう
飛んでイスタンブールいつか忘れていった こんなジタンの空箱(からばこ) ひねり捨てるだけで あきらめきれるひと そうよ みんなと同じ ただのものめずらしさで あの日しゃれたグラス 目の前にすべらせて くれただけ…  おいでイスタンブール うらまないのがルール だから愛したことも ひと踊り風の藻屑 飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール 夜だけの パラダイス  胸にかすかにしみた 低い電話のさよなら かすり傷のひとつ 残せもしないひと そしてしょうこりもなく すぐにいたみもぼやけて 今日は今日の顔で 描(か)きあきためぐり逢い 描(えが)いてる…  おいでイスタンブール 人の気持はシュール だからであったことも 蜃気楼 真昼の夢 好きよイスタンブール どうせフェアリー・テール 夜だけの パラダイス  飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール 夜だけの パラダイス八代亜紀ちあき哲也筒美京平いつか忘れていった こんなジタンの空箱(からばこ) ひねり捨てるだけで あきらめきれるひと そうよ みんなと同じ ただのものめずらしさで あの日しゃれたグラス 目の前にすべらせて くれただけ…  おいでイスタンブール うらまないのがルール だから愛したことも ひと踊り風の藻屑 飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール 夜だけの パラダイス  胸にかすかにしみた 低い電話のさよなら かすり傷のひとつ 残せもしないひと そしてしょうこりもなく すぐにいたみもぼやけて 今日は今日の顔で 描(か)きあきためぐり逢い 描(えが)いてる…  おいでイスタンブール 人の気持はシュール だからであったことも 蜃気楼 真昼の夢 好きよイスタンブール どうせフェアリー・テール 夜だけの パラダイス  飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール 夜だけの パラダイス
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Habit
  4. Tot Musica
  5. 風のゆくえ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Scream
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照