試聴する

花束(ブーケ)

この曲の表示回数 33,135
歌手:

八代亜紀


作詞:

阿久悠


作曲:

服部克久


ひとり暮しに慣れたのに
愛も気にせず 生きたのに
罪な心が届けられ
わたし 女を 思い出す

こんなキザなことは
あなたに違いない
郵便受けにブーケを
さして 帰るなんて
何を話すつもり
あなたがわからない
死んでも いいと泣くほど
つらくさせておいて

ひとり暮しに慣れたのに
愛も気にせず 生きたのに
罪な心が届けられ
わたし 女を 思い出す

時の流れだけが
あなたを遠ざける
逢えない日々の長さに
じっと 耐えて来たわ
胸に飾ることは
あなたを許すこと
花束一つだけでは
終わることじゃないわ

やっと忘れた頃なのに
夢の中から消えたのに
罪な心が 届けられ
わたし 女を思い出す

ひとり暮しに慣れたのに
愛も気にせず 生きたのに
罪な心が届けられ
わたし 女を 思い出す

わたし 女を 思い出す
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花束(ブーケ) 歌手:八代亜紀

八代亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:COCP-35837
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP