試聴する

カクテル

この曲の表示回数 8,159
歌手:

八代亜紀


作詞:

阿久悠


作曲:

川口貴


悲しみ色したお酒に混ぜるものは
涙のにがさ 吐息の重さ
それだけで 充分よ
未練やうらみは 入れないで
どうやら私も またまたもとの一人
ジェラシーなんか 知らずに生きる
一口のカクテルで
陽気に歌えるひとになる
女もなかなかよ
その気になりさえすりゃ
選ぶのも 捨てるのも
いつだって 女しだい

ふられた女を見つめる顔をしたら
グラスの酒を ぶっかけるわよ
いま私 つらいのは
つめたいベットが厭(いや)なだけ
幸福(しあわせ)ベースに 笑いを少し入れて
希望と夢を 一滴 二滴
カクテルの名前など
忘却なんかで いいじゃない
女もなかなかよ
その気になりさえすりゃ
選ぶのも 捨てるのも
いつだって 女しだい

女もなかなかよ
その気になりさえすりゃ
選ぶのも 捨てるのも
いつだって 女しだい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:カクテル 歌手:八代亜紀

八代亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-02-21
商品番号:COCA-13168
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP