カクテル

八代亜紀

カクテル

作詞:阿久悠
作曲:川口貴
発売日:1996/02/21
この曲の表示回数:12,282回

カクテル
悲しみ色したお酒に混ぜるものは
涙のにがさ 吐息の重さ
それだけで 充分よ
未練やうらみは 入れないで
どうやら私も またまたもとの一人
ジェラシーなんか 知らずに生きる
一口のカクテルで
陽気に歌えるひとになる
女もなかなかよ
その気になりさえすりゃ
選ぶのも 捨てるのも
いつだって 女しだい

ふられた女を見つめる顔をしたら
グラスの酒を ぶっかけるわよ
いま私 つらいのは
つめたいベットが厭(いや)なだけ
幸福(しあわせ)ベースに 笑いを少し入れて
希望と夢を 一滴 二滴
カクテルの名前など
忘却なんかで いいじゃない
女もなかなかよ
その気になりさえすりゃ
選ぶのも 捨てるのも
いつだって 女しだい

女もなかなかよ
その気になりさえすりゃ
選ぶのも 捨てるのも
いつだって 女しだい

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:PM 11:00

  1. うっせぇわ

    Ado

  2. 思春歌

    THE BACK HORN

  3. NEVER END

    安室奈美恵

  4. 夜に駆ける

    YOASOBI

  5. 私たちの望むものは

    kokua

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成