故郷へ…

この曲の表示回数 26,586
歌手:

八代亜紀


作詞:

池田充男


作曲:

野崎真一


流されて 流されて
ひとり傷ついて
浮きぐさのように
いつか馴染んだ 夜の川
帰りたいけど 帰れない
うぶなむかしは 遠すぎる
ああ故郷(ふるさと)へ今日も 汽車が出てゆく

恋をして 恋をして
そして捨てられて
どうにでもなれと
酒におぼれた 夜もある
よわい女に なったのか
過去をふりむく この私
ああ故郷は青い 海のある町

淋しくて 淋しくて
細く身も痩せて
それなのに今日も
うかれ化粧の 紅をひく
他人ばかりの 盛り場で
生きるささえは ただひとつ
ああ故郷へ帰る 夢があるから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:故郷へ… 歌手:八代亜紀

八代亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:COCP-35837
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP