高月ことば作詞の歌詞一覧リスト  10曲中 1-10曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
10曲中 1-10曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
流川ブルース八代亜紀八代亜紀高月ことば村沢良介伊藤雪彦あの人に 逢いたくて ひとり来た この町は だれが だれが だれが名づけた 流川 いまのわたしの 身の上に とても似てます あの歌は 男と女 女と男 流川ブルース  よそ者の わたしでも 住めそうな 気がします 夢も 夢も 夢もなみだも 流川 街に灯りが 点くころは 恋に身を灼く 宵化粧 男と女 女と男 流川ブルース  たそがれの 橋の上 あの人を 呼んでみた きっと きっと きっと逢えます 流川 こんど逢ったら その時は あなた抱いてね しっかりと 男と女 女と男 流川ブルース
デイゴの花田端義夫田端義夫高月ことば上原賢六燃えて咲きます デイゴの花は 女ごころに よく似た花よ 好きなあなたに 好きなあなたに あげましょか あげましょか  あなた今頃 慶良間か久米か 飛んで行きたい 翼があれば 風の音にも 風の音にも 気がもめる 気がもめる  赤く咲きます デイゴの花は 髪に飾って あなたとふたり 月の浜辺で 月の浜辺で 踊りたい 踊りたい  旅に出る時ァ 出るちゅて行きゃれ 女一人が 待つ身のつらさ 浜の千鳥に 浜の千鳥に 聞くがよい 聞くがよい
月の散歩道菊池章子菊池章子高月ことば村沢良介サヨナラって さびしい言葉ね 別れたくない いつまでも 黙ったままで ただ歩くだけ それだけで それだけで 泣けるほど 幸せな私なの ああ 月夜の散歩道  サヨナラって さびしい言葉ね 明日また逢う 二人でも 黙ったままで 手を握るだけ それだけで それだけで 鈴懸の木の下で 別れましょう ああ 月夜の散歩道
一本刀土俵入り島津亜矢島津亜矢高月ことば村沢良介男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きてゆく おれは角力の 鬼になる 想い出すまい 故郷のことは 晴れて錦を 飾るまで  「姐さん…わしはあんたのような親切な人に 出逢ったのは生まれて初めてだ 姐さんのご恩を忘れぬために わしが出世して 幕内に入ろうが三役になろうが 横綱を張るまでは どんな事があっても 駒形茂兵エで押し通します」  利根の川風 身に沁みて つくり笑いの 日を送る 繻子のだるまは 七転び 八起き浮世も 捨てばちなれど 花の情けは まだ枯れぬ  「お鳶さん…達者で何よりでござんした 十年前は一方ならねえ お世話になって… あの時約束したように 大手を振って姐さんの前に 出られた義理じゃござんせんが 一目だけでも無事な姿を見た上で お礼の言葉を云いてえと 恥をしのんで尋ねてまいりやした… 姐さん…想い出しておくんなすったか 十年前の取手の宿のあびこやで くし かんざしに きんちゃくぐるみ 恵んで貰った姐さんに 見ていただく これが駒形茂兵エの しがねえ姿の しがねえ姿の…土俵入りでござんす」  化粧まわしは 夢の夢 今は素袷 三度笠 西に東に 渡り鳥 誰に見せよか 駒形茂兵エ 一本刀の 土俵入り
沖縄育ち田端義夫田端義夫高月ことば上原賢六伊藤雪彦三重城(みぐすく)の 丘にのぼって あの人を待つ 夜はたのし 誰が唄う 谷茶前(たにちゃめ)ぶしか 南風(はえかぜ)に 南風に のってきこゆる  あの人に 着せたいばかり 織る機の音 月に冴える いつの間にか 沖は黎んで 浜千鳥 浜千鳥 窓に来て啼く  水鏡 そっとのぞいて 黒髪を梳く 朝の渚 またの逢う日 指でかぞえて ときめかす ときめかす おとめごころを
思い出なんて消えっちゃえ松山恵子松山恵子高月ことば袴田宗孝こんな苦しい 切ない恋を 誰が 誰が 誰が教えた わたしにさせた みんな悲しい 昨日のことさ 思い出なんて 消えっちゃえ 思い出なんて 消えっちゃえ 街の夜風に 消えてゆけ 女泣かせの 冷たい夜霧 なんで なんで なんで今更 心にしみる 夢を見ていた わたしが馬鹿さ 思い出なんて 消えっちゃえ 思い出なんて 消えっちゃえ 街の夜風に 消えてゆけ  あの日 歩いた すゞかけ並木 ひとり ひとり ひとり辿れば あふれる涙 呼んでみたって 帰らぬ人さ 思い出なんて 消えっちゃえ 思い出なんて 消えっちゃえ 街の夜風に 消えてゆけ
瞼の母五木ひろし五木ひろし高月ことば村沢良介軒下三寸 借りうけまして 申しあげます おっ母さん たった一言 忠太郎と 呼んでくだせぇ 呼んでくだせぇ たのみやす  「おかみさん、いま何とか言いなすったね 親子の名のりがしたかったら 堅気の姿で尋ねて来いと言いなすったが 笑わせちゃいけねぇぜ 親にはぐれた小雀が ぐれたを叱るは 無理な話しよ 愚痴じゃねぇ 未練じゃねぇ おかみさん 俺の言うことを よく聞きなせぇ 尋ね 尋ねた母親に 倅と呼んで もらえぬような こんなやくざに 誰がしたんでぇ」  世間の噂が 気になるならば こんなやくざを なぜ生んだ つれのうござんす おっ母さん 月も雲間で 月も雲間で もらい泣き  「何を言ってやんでぇ 何が今更 忠太郎だ 何が倅でぇ 俺にゃおっ母は、いねぇんでぇ おっ母さんは、俺の心の底に居るんだ 上と下との瞼を合わせりゃ 逢わねぇ昔のやさしい おっ母の面影が浮かんでくらぁ 逢いたくなったら 逢いたくなったら俺ァ 瞼をつむるんだ」  逢わなきゃよかった 泣かずにすんだ これが浮世というものか 水熊横丁は 遠灯り 縞の合羽に 縞の合羽に 雪が散る  おっ母さん…
はたちの詩集白根一男白根一男高月ことば上条たけし花の命の 短さを 初めて知った 哀しさに 青いインクも 滲(にじ)んでる めくれば はらはら 涙こぼれる はたちの詩集  初恋!! なんてさびしい言葉なんだろう。 あの娘はとうとう俺から離れて遠い、遠い所へ行ってしまった。 このままもう逢えないようなそんな気がしてならないんだ。 長いまつ毛、可愛い唇(くちびる)……思い出すのはよそう、 初恋なんて、どうせ、どうせこんなものなんだよ。  白い野菊の 押し花も 昔の歌を 誘うだけ 若いこころに 抱いていた あの夢この夢 消えてはかない はたちの詩集  たった一つのあの娘の形見だけれど、 いっそひと思いに焼いてしまおう、こんな詩集。 許しておくれ。持ってるととても辛いんだ。  忘りょとすれば なおさらに 切なく浮ぶ 面影よ 青い表紙も 色褪(いろあ)せて 想い出ばかりが 沁みて哀しい はたちの詩集
夜霧のドライブイン鶴岡雅義と東京ロマンチカ鶴岡雅義と東京ロマンチカ高月ことば鶴岡雅義静かな夜が 二人をつつむ 霧の国道 ドライブインさ 白い夜霧に 濡れて咲く サルビアの花 ああ 赤い花  やさしく抱けば おくれ毛ゆれる だれが弾くのか レキントギター 好きさ ほんとに 好きなのさ しびれる歌も ああ 恋の夜  二人のために 乾杯しよう 白い夜霧の ドライブインさ 遠くきこえる クラクション 夜更けのやみに ああ 消えてゆく
アリューシャン小唄久美悦子久美悦子高月ことば不詳逢わぬ先からお別れが 待っていました 北の町 ゆかなきァならないアリューシャン ゆかせたくない人なのに  いつのころから 鰊場に 咲いたわたしは 夜の花 銀の鱗で 化粧して 海の男に お酌する  かわい貴男の ヒゲ面を 今度見るのはいつのこと 門出に涙は 不吉だと 知っていながら泣けるのよ  女乗せない 船だけど いちどゆきたやアリューシャン 死んだオヤジの 好きな花雪のお墓に 供えたい
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. 366日
  4. Masterplan
  5. さよーならまたいつか!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. ディスコ・クレオパトラ feat. 稲葉貴子・小湊美和・信田美帆 a.k.a. CISCO3
  4. Click
  5. I wonder

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×